古城の風景

戦国期の東日本の山城紹介

全体表示

[ リスト ]

的場城ーその弐ー

 的場城の続きです。概念図を載せておきます。
イメージ 1
4郭の南面から2郭の西側イメージ 2直下まで横堀が巡らされています。






イメージ 3










イメージ 4

4郭北側の3郭で、長さ30m幅6〜7m程の通路状の郭です。両側の5mほど下に横堀(西側)と腰郭(東側)があります。イメージ 5






3郭北端の右手を進むと、坂虎口の2郭東虎口(虎口4)です。イメージ 6


2郭は、37×10m程の長方形状の郭で、土塁が全周しています。虎口は二か所で西側の虎口は枡形状、東側は平虎口です。西虎口は、西側の横堀外縁の狭い土塁上を通路として主郭や4郭に繋がるメインのルートに繋がっています。東虎口は、4郭から3郭に繋がる城内路のものだったのでしょう。イメージ 7



郭内からの東虎口(虎口4)で、土塁の様子が見とれるかと思います。イメージ 8






西虎口(虎口3)で、よく撮れていないのが残念です。イメージ 9




西虎口を横堀に出たところです。4郭から横堀の土塁上
が通路となっているようですが、このルートに侵入した敵は、100mを越える距離を2・3・4郭からの横矢にさらされます。イメージ 11



横堀沿いに竪堀が何本かあり、その中の一つです。主郭・2郭の周辺には竪堀が集中していて、間隔は空いていますが、畝状竪堀群といってもいいようです。
イメージ 10




横堀沿いに進み、主郭北西下の三日月堀の手前です。イメージ 12




東側の三日月堀あたりから撮ったもので、腰郭の間に三日月堀があり、そこから竪堀が下っています。主郭へは、主郭の西側から南側に回り込んでいます。イメージ 13



主郭南の虎口で、あまりはっきりしません。虎口の左右に低い土塁が設けられています。イメージ 14
三日月堀から主郭虎口へ道


イメージ 15



主郭で、長辺約26m短辺約20mの三角形をしていて、土塁は虎口付近のみです。主郭ですが、櫓台的な役割の郭ではないかと。イメージ 16

東西の三日月堀の間にある腰郭から北の5郭へ行けます。往時のルートは定かではありませんで、主郭の背後を守る5郭とは遮断していたのではないかと思われます。イメージ 17








5郭を□方向から撮ったものです。右手は比較的高めの土塁で防御されていますが、削平は甘く、自然地形を残しています。



 的場城は、横堀を巡らし、そこから放射状に竪堀が設けられ、山梨の白山城や白馬の三日市場城などと類似することから、武田氏の関与がみられるというのが一般的に言われています。しかし、白山城は、武田氏の関与か疑われていることや、諏訪原城も巨大馬出が徳川によるものといったことが言われ、静岡の丸子城もどうも徳川の関与も言われるようです。横堀+竪堀のパターンが、武田氏のみのものかどうか、見直さないといけなくなってきているのかもです。
 それにしても、実に素晴らしい遺構が、ほぼ完存の形で残さていますので、高遠城にお寄りの際はぜひこちらの山城にも登城していただければと、思います。近くに、藤沢城・山田城・守屋山城など見ごたえのある山城もあります。

参考文献
『信濃の山城と館 5 上伊那編』 宮坂武男著 戎光祥出版
『長野の山城ベスト50を歩く』 河西克造・三島正之・中井均編 サンライズ出版
『東国の中世城郭』 中世城郭研究会

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事