古城の風景

戦国期の東日本の山城紹介

全体表示

[ リスト ]

小丸城

小丸城は、越前市五分市町にある平城です。珍しい屋根形態(本殿と拝殿が屋根が接続している)のある大瀧神社・岡太神社の里宮(越前市大滝町)を訪れました。その際に、ナビに小丸城跡の表示を見つけ、これは行かなければと思い、早速訪れたしだいです。                      訪城日:2018.5..28  晴れ
イメージ 11城址へは、北陸武生ICを降り、県道262号を約9km程東進すると、右手に小丸城跡の案内表示がありますので、そこを右折して案内表示に進むと着きます。城址碑の横に駐車スペースがあります。
イメージ 12







下図は、現状の姿を図にしたものと、現在みられる遺構や発掘調査から推察される概念図です。イメージ 13
イメージ 14












 福井県指定史跡 小丸城址
 天正3年(1575)織田信長軍が越前の一揆を平定した後、早速が築いた平城である。この城は味真野の扇状地末端に、野々宮廃寺跡に一部を取り込んでつくられたもので、本丸、二の丸、三の丸と隅櫓の遺構がよく残されている。本丸の規模は、東西45m、南北50m、高さは水面から7mあり、四方に10〜30m幅の堀が巡らされていた。
 なお、北西の乾櫓から出土した一揆成敗のありさまを刻んだ文字瓦は有名である。この瓦は、越前の里郷土資料館に展示してある。
越前市教育委員会 観光資源保護財団                           現地説明板より

補足  
イメージ 15一揆平定後に、信長より府中二郡(今立・南条)10万石を不破光治・前田利家・佐々成政の三名(府中三人衆)の相給知行として与えられた。不破は龍門寺城、前田は府中城を改修、佐々は新たに小丸城を築いた。不破と前田が日野川の左岸の府中をおさめたのに対して、佐々が味真野地区に小丸城を築城したのは、敦賀と一乗谷を結ぶ朝倉往還(左図参照)を押さえるためと思えます。

昭和7年に工場用地造成の際に西北隅乾櫓跡から、一向一揆への過酷な成敗を記した文字瓦が出土した。
「此書物後世ニ御らん志られ、御物かたり可有候、然者五月廿四日いきおこり其まゝ前田又左衛門尉殿いき千人はかりいけとりさせられ候也御せいはいはりつけかまニいられあふられ候哉如此候ふて書とゝめ候」 

成政が、天正7年(1579)に越中富山に移封された後、使われなく廃城になったようです。

イメージ 1
本丸への登城口です。この地点から、まっすぐに行きますと本丸西虎口(?)に。右手にを進むと南面の石垣を見ながら東虎口進みます。

イメージ 2







ちょっと見にくいですが、本丸南面の石垣です。緒豊系の本格的な石垣といわれ、南にあった野々宮廃寺の礎石や石組みを利用したといわれています。イメージ 3














イメージ 4イメージ 5







 




イメージ 6本丸東虎口です。入口に石門があり、穴倉形式の枡形虎口のような感じです。ただ、この石門は、昭和49年に本丸内に忠魂碑を建てる際に発掘されたものを積んだもののようで、往時の姿ではないようです。

右上は、東虎口内部です。石垣の石はね意外に大きく見ごたえがあります。

左は、本丸からの東虎口です。イメージ 7



本丸を西東端から撮っとものです。17×20m程の広さで、虎口の形態からすると、ここには天守に相当する建物が立っていたのかもしれません。イメージ 8




本丸東側の空堀ですが、往時は水堀だったと思われます。

イメージ 9








本丸北側の濠で、水か溜まっているのがわかります。イメージ 10


右手に本丸東の堀が見えます。本丸の東側は、二の丸といわれています。(本丸西側ー常安楽院のある方は、三の丸)
二の丸、三の丸を取り囲むように土東西約140m、南北約170mの土塁がまわり、その外側に最大幅20mの堀があったようです。
ただ、成政の在城金が4年余と、短かったため未完成だったとも言われているようです。


参考文献
『前田利家 北陸の覇者』 西ヶ谷恭弘・三木範治共著 JTB

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事