古城の風景

戦国期の東日本の山城紹介

全体表示

[ リスト ]

佐生城

 佐生城は、別名佐野山城、佐生日吉城とも呼ばれ、東近江市佐生町・五箇荘日吉町にある比高65mの山城です。                                                                                             訪城日:2018.5.27  晴れ
イメージ 1
 城址へは、東海道本線能登川駅近くから県道52号を東に約1.3kmwで右折し、すぐ先の橋(新浄土橋か?)を無目指します。橋の西詰に「佐宗日吉城」の案内標識があり、そこが登城口です。
 車は、登城口近くの広い歩道に駐車できます。

イメージ 2







イメージ 3佐生城の築城時期は定かではありませんが、主郭に「後藤但馬守城跡」と記された碑があり、観音寺城主六角氏の重臣の後藤氏が城主であったようです。碑にある後藤但馬守は、後藤但馬守賢豊(かたとよ)と思われ、永禄6年(1563)六角義治に観音寺城内において子の壱岐守共に謀殺されています。佐々木六角氏の家中内紛の観音寺騒動の発端となったものです。
 後藤氏の居館が当城から南方約12kmも離れていることからすると、居館の詰城とは言えず、当城が観音寺城のある繖山(きぬがさやま)から派生する尾根先にあることから、観音寺城の北方を守護する出城として築かれたものと考えられるため、城主というより城将的ものだったのではないかと思われます。
※縄張り図は、『図説 近畿中世城郭事典』にある中井均氏の図を借用しています。
イメージ 4道路から少し入るとね墓地があり、その横から登城路になります。

イメージ 5







道は、多少坂のあるなだらかな山道で、15分ほどてⅡ郭に着きます。イメージ 6

Ⅱ郭の虎口と思われます。Ⅱ郭内部は削平が甘く、なんとなく通り過ぎてしまい、改めて縄張り図を見てⅡ郭だと知りました。したがって、この虎口も、虎口っぽいとは思いましたが、何気なく通り過ぎてしまいましたね。イメージ 7






虎口からのⅡ郭です。途中の山道の感じですよね。Ⅰ郭の虎口について、Ⅱ郭というのがわかった次第です。()
イメージ 8
Ⅰ郭東虎口で、食違い虎口のようです。形状が定かではないのですが、食違い虎口のようです。

イメージ 9






東虎口からのⅠ郭です。Ⅱ郭が郭かどうかちっと疑問ですが、基本的には単郭構造の城といえます。手前が少し低く碑のあるあたりが少し高くなっています。

イメージ 10

周囲に低い幅広の土塁がまわっています。イメージ 11
「後藤但馬守城跡」の碑






イメージ 12


西虎口を西尾根から撮った所です。平虎口のようです。

イメージ 13







西虎口から観音寺城に至る西尾根で、堀切状の遺構があるとのことでしたが、見つかりませんでした。イメージ 14

奥までは行っていませんが、なだらかな山道のようで、こちらを警戒している感じはないです。イメージ 15









北尾根で、自然地形のままの感じでした。


さて、当城最大の遺構の石垣です。まずは、南面の石垣。イメージ 18
イメージ 16
Ⅰ郭南面の石垣です。高さは最大で4mほどあり、長さ45mです。西側は張り出しがあり横矢がかかるようになっています。結構な高石垣ですが、隅部は稜線のすっきりしない算木積みです。かなり古い段階の石垣です。この造りは、観音寺城の石垣に類似するイメージ 17ようで、中井氏は、観音寺城の石垣を手掛けた技術者集団が関与したものと推察しています。








西面の石垣 西側の二か所 10m程の石垣です。
イメージ 19












当城は、基本的には単郭の規模の小さい城ですが、石垣が見事に残り、しかも訪れやすいのがいいですね。お勧めの城址です。

参考文献
『図説 近畿中世城郭事典』 城郭談話会 2004
『近江の山城ベスト50を歩く』 中井 均編 サンライズ出版

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事