古城の風景

戦国期の東日本の山城紹介

全体表示

[ リスト ]

 金沢城石垣めぐりの続きです。
⑧二の丸北面石垣
寛永8年(1631)頃に造られ、寛文8年(1668)に改修されています。
イメージ 1イメージ 2「粗加工石積み」の中で、最も完成されたものといわれているようです。このことからすると、野面→切込みハギ→切込みハギの進化だけではないその城独自の美学があったと。イメージ 3
二の丸裏門があった場所で、この左手に二の丸北面石垣が続きます。イメージ 4









形や大きさをそろえた粗加工石で積まれ姿は、なんと表現したらよいものなのか…。

⑨菱櫓・五十間長屋・橋爪門続櫓石垣
イメージ 7菱櫓から五十間長屋の石垣で、粗加工石積みです。平成10−12年に菱櫓等の復元に伴い、積み直しが行われています。
イメージ 5
手前が3層3階の菱櫓と奥に見えるのが2層2階の橋爪門続櫓で、その間をつなぐのが五十間長屋です。
イメージ 6







菱櫓から二の丸北面石垣です。案内イメージ 8板では、「ゆるやかに弧を描く算木積みの稜線」をお勧めとしています。たしかに見事な算木積みです。


イメージ 9



約5000個の石が使われているようで、モザイクアートのような色違いが、また素晴らしいです。一度バラバラにして同じところに積みなおしているわけですが、現代の石積み職人さんの技もすごいものですな〜。イメージ 10






橋爪門は、寛永8年(1631)の大火後に整備された二の丸の正門で、高麗門の「一の門」です。イメージ 11



枡形内に入ると、右手に櫓門形式の「二の門」がある。ここの石垣は、切石積みです。橋爪門の枡形は、城内最大の規模で、石川門、河北門とともに「三御門」と呼ばれているようです。
イメージ 12




枡形の南西背後の鶴の丸から撮ったもので、城内側からの枡形の構造がわかります。






⑩戌亥櫓・本丸石垣
戌亥櫓は、本丸の北西隅(戌亥の方角)に位置していた櫓です。
イメージ 13イメージ 14
粗加工石積みですが、石の隙間に平らな石をはめ込み、切石積みにように見せる技法が用いられていたようです。ただ、隙間の石が抜け落ちてしまっています。







イメージ 15イメージ 16途中に見えた、極楽橋と空堀です。二ノ丸から本丸付段に架かる橋で、かっての金沢御堂の唯一の遺構ともいわれます。
イメージ 17

本丸付段西端の石垣ですが、奥に本丸石垣の戌亥櫓下の石垣が見えます。ちょうど石垣の崩壊を防ぐ草取りが行われていました。これだけの広い金沢城の整備には膨大な費用がかかるると思います。なのに、無料なのです。金沢市に感謝です。イメージ 18






本丸北面石垣で、粗加工石積みです。石垣の中にレンガ造りのトンネルがみられます。
イメージ 19



旧陸軍が、弾薬庫への通路として明治から大正期に造ったもののようです。





⑪三十間長屋
イメージ 20イメージ 21本丸付段にある三十間長屋は、2層2階の多聞櫓で、軍備蔵として安政5年(1858)に造られました。








イメージ 22







説明板に、「切石積みの技法ですが、表面の縁取りだけをきれいにそろえ、内側をあらいままにしておく「金場取り残し積み」という技法が用いられている。」とあります。


⑫鉄門石垣から本丸

イメージ 23イメージ 24本丸付段から本丸丸に入る本丸大手門の鉄門です。切石積みで、渡り櫓が載った重厚な門だったようです。寛永の大火後、二の丸からの入る正門になったようで、それ以前は東の丸方面が本丸大手だったのかな。


イメージ 25明和3年(1766)改修時の姿で、きれいに成形された石が整然と積まれ、本丸大手の威厳も感じます。



イメージ 26






本丸内は、うっそうとした木々が茂り、植物園といった感じです。金沢御堂があった場所と伝わり、利家が入城したのもここだったのでしょう。寛永の大火(1631)まで本丸御殿があり、それ以後は二ノ丸に御殿が建てられたようです。
イメージ 27本丸から東の丸に入り、鶴の丸に出るところの石垣です。寛永の大火までの大手がこちらなのでしょうか。緩やかな弧を描く算木積みの稜線は、何とも言えないものがあります。イメージ 28







東の丸へ入る付段門があった場所だと思います。奥の高い石垣の上が本丸で、上からの横矢がかかるようで、鉄門方面と比べると、防御力はこちらの方が強固のようです。

結構ここまで歩いてきましたので、鶴の丸休憩館で一休みしました。

まだ、続きます。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事