古城の風景

戦国期の東日本の山城紹介

全体表示

[ リスト ]

 金沢城石垣めぐりの最終編です。
イメージ 1鶴の丸から東の丸北面石垣を見て、石川門により、河北門をくぐって新丸に出て大手の尾坂門です。埋められた白鳥堀跡の遊歩道を通って利家像のあるスタート地点に戻ります。











⑬東の丸北面石垣
利家が最初に石垣改修を手掛けたのがこの箇所のようで、天正11年(1583)に入城して9年後の文禄元年(1592)のことです。城の改修が遅れたのは、その間に隣国の佐々成政との攻防や秀吉の全国制覇に駆り出され、九州出兵、小田原出兵などがあったためで、小田原北条氏滅亡で一段落したのがこの時期だったのでしょう。
イメージ 2イメージ 3











イメージ 4自然石や粗割りした石を緩い勾配で積み上げた「自然石積み」(野面積み)で、隅はまだ算木積になっていません。

イメージ 5







整然とした切込みハギよりは、野面積の石垣の方が好きですね。東の丸東面やここは、うっとりするほどのよいものでした。
イメージ 6
イメージ 7










石川門に向かう途中に展示されていた城内の井戸と場所図です。近世に使われていた城としては、多いのかどうかわかりませんが、本丸周辺が多く、寛永以後御殿が置かれた二の丸が意外に少ないです。これは、辰巳用水からの引水があるからなのかな。
👇辰巳用水

イメージ 8













⑭石川門石垣
イメージ 9イメージ 10石川門は、搦手口の門で、天明8年(1788)に再建され、枡形の石垣は、明和2年(1765)に改修されています。







イメージ 11イメージ 12左が高麗門の一の門で、右が櫓門の二の門です。





イメージ 13枡形内の石垣がちっと変わっていまして、左手が粗加工石積み。右手が、切石積みとなっいます。これは、火災で右側が被害を受け、明和2年に改修されたものと考えられているようです。左側の残った石垣をそのままにしたのは、どうも財政難だったためのようです。







※新丸
イメージ 14三之丸正門の河北門から尾坂門お手の尾坂門の間に新丸があります。二代藩主利長の時、慶長4年(1599)頃に、新たに拡張された郭のようです。
越後屋敷:
藩主の江戸出府時に重臣たちが政務を行う場
下台所
城内の作事を司る役所
下台所
登城した藩士たちの食事を用意する台所




イメージ 15


















⑮尾坂門石垣
イメージ 16イメージ 17尾坂門は、金沢城の大手口です。佐久間盛政の頃は、西丁口が大手だったようで、利家の入城後にこちらに変わったようです。






イメージ 18イメージ 19











イメージ 20創建は、新丸が作られた慶長期のようですが、現在みられるものは、寛文期(1661-73)の改修時の姿のようです。巨大な割石が「鏡石」として用いられています。







この後、白鳥堀を埋めてつくられた遊歩道を通り利家像まで行き、金沢城石垣めぐりを終わりにしました。今回金沢城を訪れたのは、石垣がメインでした。現存する石川門や復元された菱櫓・五十間長屋・橋爪門続櫓も見ごたえはありますが、改めて石垣をだけを見るだけでも十分に楽しめる城址でした。一番良かったのが、東の丸東面‣北面や本丸南面の野面積(金沢城では自然石積みと呼ぶ)の高石垣でした。

参考文献等
金沢城石垣めぐりパンフレット



この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事