古城の風景

戦国期の東日本の山城紹介

全体表示

[ リスト ]

前田館

  前田館は、丸森町前田にある比高30m程の丘城です。今回の丸森への訪城は、伊達・相馬両陣営の境目の城館である陣林館・柴小屋館・冥護山館でした。前日に金山城の黒森山砦と三砦を訪れましたので、次の日にその周辺の城館で行きやすく、技巧的な虎口のある当館に訪城しました。  イメージ 1訪城日:2018.10.19  晴れ
城址へは、丸森市街の丸森橋から国349号を西に約6.5km進み、片倉トンネル先で右折して県道24号に入り、途中で県道105号になりますが、約2.5km先の大張郵便局を目指します。郵便局前を左折して最初の左に入る道を進むと城址標柱が立っています。車は、標柱前後に待避スペースがありますので、そこに停められます。イメージ 2






 当館についての史料は、ほとんど伝わっていないため、城の創築年代、存続年代、築城者及び在城者、また廃城の経緯など、確かなことはわかりません。登城口にある標柱の側面に、「馬上十一騎槍鉄砲百五十人組の陣地の跡ではと推定される。」とあります。どうもこれは、仙台藩の地誌『安政風土記御用書出』にある伝承をもとにしているようです。この伝承を含めて当館を分析した、松岡氏によると、「馬上十一騎」は「近世を通じて苗字帯刀を認められた農民を指し、しばしば「槍鉄砲百五十人」と連称され」「御名懸衆、すなわち伊達氏直属の徒士団の構成員」だったと。また、築城時期としては、苅田郡から丸森に入るルートを抑える位置にあることから天正年間の対相馬戦の時期と考えれ、「小規模で臨時性が強いが、水準の高い築城技術(横堀・堀切と連続虎口をかみ合わせて発展させた技巧的にプラン)を用いて築かれ」、築城主体として伊達氏の関与も認められる可能性があるのではないかとしています。
イメージ 3登城口で、道路沿いにあります。


イメージ 4







主郭に至る登城道ですが、すぐ左手に虎口が有りますので、後世のもののようです。

イメージ 6イメージ 5虎口ですが、よくわからない写真になっています。イメージ 7





美がし側の段郭ですが、ここもよくわかりませんです。



イメージ 8







主郭です。



藪に覆われていまして、遺構がよくつかめませんでした。もう少し、時期が違えば雑草も枯れて遺構がみられるのかもしれません。

参考文献

『戦国期城館群の景観』 松岡進著 校倉書房

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事