古城の風景

戦国期の東日本の山城紹介

全体表示

[ リスト ]

諸戸城

  諸戸城は、富岡市妙義町諸戸字坊山にある比高60m程の山城です。冬場に信州に行く際に関越道から上信越道経由で行きます。行くついでに冨岡や下仁田のお城めぐりをしています。今回も、諸戸城や行沢城などを訪城してきました。                                     訪城日:2019.3.15  晴れ
イメージ 1 城址へは、上信越道松井田妙義ICを降り、県道51号を下仁田方面に5kmほど進み、北山信号を過ぎた先で斜め右側に入り、妙義小を目指します。妙義小の北側の道を学校から約300m進むと右手に吾妻神社があります。ここが登城口になり、車は道路脇に停めました。
神社じゃ背後の斜面を直登しましたが、どうも若宮八幡宮上に林道が通っているようで、こちらから行くとすんなり行けるようです。


イメージ 2当城についての史料は、ほとんど伝わっていないため、城の創築年代、存続年代、築城者及び在城者、また廃城の経緯など、確かなことはわかりません。ただ、戦国期妙義一帯を領した高田氏の中心部に位置することから高田氏のかかわる城砦と考えられます。







イメージ 3道路からの吾妻神社で、中央に社が見えます。その左手の丘陵が城址です。

イメージ 4







神社背後の斜面です。ここに取り付き直登しました。比高で40m程ですが、かなりきつかったです。イメージ 5

登り切って着いた東尾根です。宮坂本では、なん条かの堀切があったようですが、林道造成でなくなっているようで、窪んだのがかろうじて堀切跡のようで、堀切アと思われます。
当城は、主郭のみの単郭で主郭から派生する4本の尾根を堀切を持って遮断しています。イメージ 6




堀切の中でも最大の堀切エで、上巾12m程です。イメージ 7






主郭で、45×15m程の広さです。比較的削平されていいます。イメージ 8



主郭虎口は、堀切エの上側西南端にり、枡形になっています。写真が撮りにくく、わかりにくいですが。イメージ 9






南尾根で、先端は物見台と思われます。少しは比高が低くなるかと思い、こちらから神社に下りましたが、結構な斜面でした。どうも、神社背後の斜面は、どこからもきついです。東側の林道からが登城路としてはいいようです。

参考文献

『信濃をめぐる境目の山城と館 上野編』 宮坂武男著


閉じる コメント(3)

馬念さん、こんにちは。

諸戸城は、行沢城の詰めの城と言う可能性はないんでしょうか?

馬念さんの地図を見ると、位置的に近そうですし、行沢城は、単格式に感じられます。敵の攻撃にはもろそうな感じですね。(^ー^)

2019/4/10(水) 午後 0:52 [ tak***** ] 返信する

すみません、単郭式でした。(*_*)

2019/4/10(水) 午後 0:54 [ tak***** ] 返信する

顔アイコン

> tak*****さん
諸戸城や行沢城には、根小屋(居館)がありますから、行沢城の詰めの城とは考えられません。
松井田から下仁田方面に向かい、さらに佐久へつなぐ街道を維持・監視するために設けられたものと思います。
城の役目として、地域の交通路の保全も重要な役割だったと思います。

2019/4/10(水) 午後 1:18 [ 馬念 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事