古城の風景

戦国期の東日本の山城紹介

全体表示

[ リスト ]

行沢(なめさわ)城

 行川城は、富岡市妙義町行沢字上村にある比高25mの丘城です。    訪城日:2019.3.15  晴れ
イメージ 1
城址へは、上信越道松井田妙義ICを降り、県道51号を下仁田方面に5kmほど進み、北山信号を過ぎた先で斜め右側に入ります。500mほど先の右手の丘が、城址です。登城口の先の路肩に空きスペースがあり、車を駐車できます。イメージ 2







イメージ 3 
 当城についての史料は、ほとんど伝わっていないため、城の創築年代、存続年代、築城者及び在城者、また廃城の経緯など、確かなことはわかりません。ただ、高田氏家来の田村山城守が城主であったと伝えられているようです。
 県道51号線沿いに諸戸城、高田氏館、菅原城などがあり、松井田方面から杉ノ木峠を越えて下仁田に出て、佐久へ向かう街道沿いにあることから、他の城と連携して街道監視に当たっていたものと思われます。

 


イメージ 4
登城口です。左手が、屋敷前の地名ですので、一段高い5郭が居館跡にあるのでしょう。

イメージ 5







東側からの5郭。イメージ 6



道が見当たりませんでしたので、5郭から斜面をよじ登り、東に進むと堀切イでした。上巾14m程です。イメージ 7







2郭です。
イメージ 8



主郭虎口から見た、上巾12mの堀切アです。5郭からこの堀切を通って主郭に入ったのではないかと思います。イメージ 9




主郭で、南を除いて低い土塁がまわっています。イメージ 10






3郭です。イメージ 11





県道から見た4郭です。ここに配水所があり、そこに行ける道があるようです。


行沢城は、尾根先に4つの郭を並べた連郭式の砦ですが、主な郭が主郭まみという小規模なものです。街道監視としては、この程度のもので十分だったのでしょう。

参考文献

『信濃をめぐる境目の山城と館 上野編』 宮坂武男著


閉じる コメント(2)

こんばんは。
単郭式では無かったんですね。
すみませんでした。

2019/4/10(水) 午後 6:21 [ tak***** ] 返信する

顔アイコン

> tak*****さん
基本的には、主郭のみの単郭のお城といえますよ。

2019/4/10(水) 午後 7:59 [ 馬念 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事