古城の風景

戦国期の東日本の山城紹介

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全137ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

陣林館

 陣林館は、丸森町大内字横手にある比高30m程の平山城です。天正9〜12年の相馬・伊達両氏の抗争時に、伊達方の冥護山館に対抗して相馬方が築いた陣城といわれています。北側約4kmにある相馬方の拠点である金山城の後詰として機能させたと思われます。西側の道路は、ホンの少しで相馬氏の本拠・宇多郡になり、この地点の確保は、伊具郡の金山・丸森両城への支援とともに領域確保の相馬の必死さが読み取れるようです。                                                                                                 訪城日:2018.10.18  晴れ
イメージ 1  城址へは、丸森市街より約7〜8km東進し、大内まちづくりセンターを目指します。案内標識を左折すると、すぐ右手が大内まちづくりセンターです。車は、大内まちづくりセンターの広い駐車場を使わせていただきました。登城口は、センターからまっすぐ東に進むと民家の横あたりから山に入る道があります。イメージ 2イメージ 3





                       
              登 城 口   
 伊達氏天文の乱(1542-48)の最中に、伊達氏の混乱に乗じて相馬氏が、宇多郡を領有し、さらに永禄期になると、伊具郡南部にも侵攻し主要城郭の小斎城・金山城・丸森城を奪い取り、伊具郡南部を領有する事態なっていました。イメージ 4
 そのため伊達輝宗(伊達氏16代政宗の父)は、失地回復のため天正4年(1576)頃から巻き返しに出ます。結果は、はかばかしくはなかったようで、領域の境目は変わってはいません。天正9年(1581)小方斎城主佐藤宮内が、相馬を離反して伊達に転じたことから伊達輝宗・政宗(初陣となる)が後詰し、相馬方も冥護山の陣を構え(西山館か?)ます。
 翌年、伊達方が冥護山に陣城(冥護山館)を築き金山城と宇多郡との通路の遮断を測ったため、相馬が大内村に陣城を築いたとされています。その陣城が陣林館と思われます。天正12年に周辺大名によるあっせんにより講和が成立し、相馬氏は、伊具郡南部を伊達氏に引き渡しました。そのため、陣林館も伊達氏の支配下に置かれたと思われます。その後の経過については不明です。ただ、天正17年に宇多郡北部の新地蓑首城・駒ヶ嶺城を急襲して落としていますので、その頃までは、境目の砦として使われたのではないかと思われます。
イメージ 5登城口から谷戸状の道を進むイメージ 6と虎口Aのところに出ます。ただ、この道が後世の作業道ならば虎口ではないのかも?これを右手に曲がり、さらに曲がりくねる道が続きます。

イメージ 7


谷戸状の道を抜けると城址南側に細長く続く腰郭状の平場に出ます。すぐ左手にイメージ 8一段高くなっていて上の郭(主郭南西端)に登れるようになっています。虎口Bです。


イメージ 9

主郭・2郭の切岸がかなりの高さで、ちっと登りづらいので、2郭東端の堀切1まで行きました。堀切1は、上巾14〜15mほどあるかなり大規模なものです。右手の3郭に登ってみました。
イメージ 10





3郭西端に3郭とは土塁で繋がる平場があります。松岡氏は、ここを堡塁(馬出)としています。2郭へは木橋を架けていたのでしょうか?イメージ 11


3郭で、削平はいまいちといった感じで、北東部に幅広の土塁痕が認めらられます。

イメージ 12





3郭北東下の堀切2です。この先にも段郭があるようですが、確認していません。イメージ 13



2郭で、75×25m程の広さです。西端に虎口Cがあります。松岡氏は、この虎口を「イメージ 14土塁と空堀を別々に食違いにしたユニークなもの」で、「私はこれと似たものを、ほかのどこでもまた記憶がない。」と。
確かに、食い違い虎口の中に空堀を設けてているのは見たことはないですね。非常珍しいですが、写真ではその姿を明確にお見せできないのが残念です。イメージ 15
イメージ 16










イメージ 17主郭で、かなり広いです。虎口は3箇所あり、土塁の痕跡は見当たりませんでした。木々が繁茂して郭内部の様子がいまいちわかりませんでした。
イメージ 18







主郭北側の枡形虎口Dです。ここも藪っていて写真でははっきりしませんが、かなり明瞭にイメージ 19形がわかりました。

外側からの虎口Dです。

イメージ 20







主郭北西の虎口Eですが、いまいちの写真です。



 伊達政宗が、天正17年に相馬氏の蓑首城と駒ヶ嶺城を攻め落とした際に、「両地近年相ヨリ被入念候哉、普請結構ニ候事、絶言句候」と相馬氏の普請の様を称賛しています。まさに、この城の虎口の巧みさは、宇多郡の駒ヶ嶺城にも匹敵するほどの技巧的なものです。写真が明確に撮れないのが残念ですが、是非行かれて観ていただきたいと思います。

参考文献
『中世城郭の縄張と空間』 松岡進著 吉川弘文館

『伊達政宗と戦国時代』 垣内和孝著 吉川弘文館


この記事に

開く コメント(0)

 戦国期の争乱の多くは、「国郡境目相論」と呼ばれる領土紛争と言われています。先月の中旬に訪れた伊具郡南部(丸森町)・宇陀郡北部も、戦国大名の相馬・伊達両氏が対峙する境目に当たり、支配地域が目まぐるしく変わった、「国郡境目相論」を象徴する地域といえます。そのため、この地域には、両軍が死力を尽くして構築した城館があまた存在しますので、以前から注目していた地域の一つで、金山城や駒ヶ嶺城などには以前訪城していましたが、改めてこの地域の主要城館を訪れ伊達・相馬の抗争を考えてみたいと思った次第です。
 中世では、領国間の境界線を明確に示す線引きはなかったようで、境目の城館の存在にもって領域を示していたと考えられます。そのため、境目の城館の争奪により支配地域の変遷が把握できるということです。
 伊具郡南部(丸森町)・宇陀郡北部の城館理解のため、支配地域の変遷を簡単に整理していきたいと思いまとめてみました。
 この地域での両軍の抗争は、大きく四つの時期に分けられるようです。
①前段階として、天正期の本格抗争以前の時期。
②天正4〜5年の抗争
③天正9〜12年の抗争
④天正17年の抗争

①前段階として、天正期の本格抗争以前の時期。(伊達ー稙宗・晴宗  相馬ー顕胤・盛胤)
 宇多郡は、「伊達氏段銭帳」では天文11年(1542)の伊達氏天文の乱以前までほぼ全域が伊達領と認められていましたが、天文の乱中に宇多郡が相馬氏の支配に入った。
 天文の乱は、天文17年に稙宗の隠居と晴宗家督相続で終息します。稙宗は、永禄8年に亡くなるまで伊具郡丸森の丸山城を隠居所としています。
 稙宗が存命中は、両氏の間は小康状態だったようで、永禄2年(1559)には稙宗の末娘を相馬義胤に嫁しています。
(稙宗の長女は、義胤の祖父相馬顕胤に嫁して義胤の父盛胤の母ですから、義胤の祖母に当たります。義胤は、祖母と姉妹の方と結婚したことなります。)イメージ 1
 稙宗の死去を契機として相馬と伊達の関係が悪化していったようです。永禄9年(1569)に小斎城(柴小屋城)が相馬方に落ち、元亀元年(1570)に金山城、丸山城が相馬方となる。さらに、伊達郡にも侵攻するようになっていった。
                                                           
②天正4〜5年の抗争
  (伊達ー輝宗  相馬ー盛胤)
 天正4年(1576)5月に相馬盛胤が「伊達・信夫表」に侵攻し、それに対して伊達輝宗が17番の本格的陣容で「伊達東根」に出馬した。10月に相馬が伊達領川俣を攻め、伊達は小斎城を攻めています。この年、相馬領黒木城主黒木宗元(天文21年に晴宗に滅ぼされた懸田俊宗の次男藤田晴親の子)が相馬氏に叛き伊達氏に帰参する。天正5年伊達が伊具・宇多で苅田等の軍事行動をかけています。12月に田村清 顕の仲介で両氏の間で講和が成立します。
 この期の抗争を垣内和孝氏は「地域の拠点となるような城館を長期間にわたって攻囲した様子は見受けられず、短期的な攻城や麦作の刈り取りなどといった作戦が主なようであり。全体的に小競り合いといった印象の戦闘の連続であり、領国境が変動することはなかった。」としています。

③天正9〜12年の抗争(伊達ー輝宗・政宗  相馬ー義胤)
 相馬方の小斎城主佐藤宮内が、天正9年(1581)4月に伊達方に転じたことを受け、伊達輝宗・政宗父子が後詰として「伊具表」に出馬し、「小斎城辺ノ山ヲ御陣城」とします。一方、相馬方は、イメージ 2小斎と金山の間の冥護山に陣を置いたようです。この戦いは、双方が陣城を築いて対抗したことで戦線が膠着したようで、境目が小斎と金山の間に線引きされたといえます。この際に、伊達が設けた「小斎城辺ノ山ヲ御陣城」が柴小屋城で、相馬方の冥護山の陣城が西山館と考えられるようです。なお、この戦いが政宗の初陣となります。
 翌10年、伊達方が宇多と金山の通路に「地利」を構え、相馬方の金山城・丸森城の孤立化を図った。相馬方は、金山城南の大内村に陣城を築いて対抗します。この際の伊達の「地利」が冥護山館で、相馬の大内村陣城が陣林館と考えられるようです。この戦線での境目が、冥護山と大内村の間になり、相馬にとってはかなりの後退で、伊達には前進となります。天正12年5月に佐竹・岩城・田村氏の斡旋による講和が成立し、金山、丸森の両城が伊達への帰属が決まり、伊具郡が伊達領に帰した。

④天正17年の抗争(伊達―政宗  相馬ー義胤)
 イメージ 3天正14年10月に伊達・相馬両氏を媒介する田村清顕が亡くなり、佐竹氏の南奥侵攻や田村氏の跡目にかかわるな内紛などで、両家の関係が悪化します。天正16、17年頃は、伊達と佐竹・蘆名・岩城・相馬連合とが、田村領をめぐり争いを行っています。天正17年5月、義胤が田村領戦線にかかわるスキを狙い、宇多郡北部の新地蓑首城と駒ヶ嶺城を攻陥します。なお、政宗は、この戦いの五日後に麿上が原に蘆名義広の郡を破り、6月11日に会津黒川城に入城しています。まさに、政宗の電光石火の早業といえます。これには、義胤もなすすべもなかったのでしょう。境目は、駒ヶ嶺を奪われたことに拠り、宇多郡北部は伊達領となり、江戸期を通じても変わることはなかったです。
 
参考文献
『戦国大名領国の権力構造』 則武雄一著
『戦国大名伊達氏の研究』 小林清治著
『伊達政宗と南奥の戦国時代』 垣内和孝著
『伊達氏と戦国争乱』 遠藤ゆり子編

この記事に

開く コメント(0)

春日山城

 春日山城は、長野市七二会御射山にある山城です。城址内まで車で行けます。戸屋城の説明板では、鎌倉期に地頭として入った春日氏が最初に居城としたのがこの春日山城であると。しかし、城というより屋敷地といった感じです。                                           訪城日:2018.9.28 晴れ
イメージ 1城址へは、長野市街より国19ごうを西進し、明治橋を過ぎた先の瀬脇信号を右折して道なりに市場集落を目指します。そこから西に向かう:県道401号に入り、約3.5km先で右手上の道を進むと神社に着きます。
イメージ 2






                               春日山神社の鳥居 この手前に 駐車できます。  

イメージ 3
春日山城は、御射山の頂上にあり、鳥屋からは南西800m程です。展望はよく、春日氏が治めた春日郷21ヶ村を一望でき、鎌倉期の在地豪族が居館を設けるとすると良い立地だと思えます。戸屋城の説明板では、室町時代初期の延徳元年(1489)に要害の地である戸谷城に移ったとあります。

イメージ 4






駐車地点から南西方向の景色です。左下が笹平城の辺りで、雲に隠れていますが遠くに北アルプスが望めます。

イメージ 5イメージ 6
神社手前は広い平場です。城址柱や「宝徳元年領主春日氏寄進夜燈」があります。


イメージ 7
イメージ 8イメージ 9







  宝徳元年領主春日氏寄進夜燈                    城址標柱             木花咲耶比売命の碑

イメージ 10春日山神社の社殿。春日山神社は、春日三郷21ヶ村の総鎮守です。由来は分りませんが、春日氏が戸屋城に移った後創建されたのでしょうか。

イメージ 11







社殿のある辺りは、少し低くなっていて、西側が一段高い所(土塁?)があり、木花咲耶比売命の碑(蚕神)が祀られています。イメージ 12

南東の広場として使われているところです。かなりり広い空間です。


イメージ 13






夜燈のある東側に展望台があり、そこからの景色です。吉窪城や川中島方面が一望できます。



参考文献

『信濃の山城と館 2 更埴・長野編』 宮坂武男著

この記事に

開く コメント(0)

戸屋城

 戸屋城は、長野市七二会地蔵堂にある比高15m(駐車地点より)の山城です。萩野城のあるやぐら峰から南に下る丘陵の末端部にあり、かって春日氏が治めた七二会が一望される地にあります。鎌倉期より戦国末までの長い時期にわたり当地を治めた春日氏の本城です。                  訪城日:2018.9.28 晴れ
イメージ 1城址へは、長野市街より国19ごうを西進し、明治橋を過ぎた先の瀬脇信号を右折して道なりに市場集落を目指します。そこから西に向かう:県道401号に入り、約1.5km先で右折して500mほどで登城口につきます。車は、その近くに路駐しました。

イメージ 2






               登城口


イメージ 3春日氏は、伴野庄春日郷(北佐久郡望月町春日)の地頭であった。この七二会の地に移り住んだのは鎌倉時代のことである。初めは岩草村の春日山城を居城としたが、室町時代初期の延徳元年(1489)に、橋詰村の険阻なこの場所に戸屋城を築き居城とした。その所領は、ひがしは
七二会の
論地から西は梅木、念仏寺、長井など中条村の一部までにおよび、その一帯を春日郷と総称した。有名な川中島の戦いの折には、武田信玄が小川の大日方氏に宛てて春日氏を味方に味方に誘ってほしいていう文書を送っており、武田方として奮戦した。武田氏滅亡後、上杉景勝に属し慶長3年(1598)には上杉景勝とともに会津、米沢と移っていった。その地でも代官として重く登用された有徳な武城であった。
弘化4年(1847)の善光寺大地震により上下橋詰村の人口787人家160軒のうち、潰れ家60軒焼家1軒半潰れ6軒40人死失(むしくら日記)イメージ 4とあり、未曾有の被害を被った。そのとき平地であった本丸跡は、現在のようにゆがんだ地となり、前のところは崩れ落ちたと伝えられている。築城当時はもっと広い場所であった。    
                                                      現地説明板より


イメージ 5



登城口のすぐ先から主郭北側に続く段郭があります。5段ほどで、途中に民家(3郭)があります。


イメージ 6主郭南端から撮ったもので、東屋のある所は土塁の残りのようです。地震でこの西側が下がったといわれるようですがよくわかりませんでした。イメージ 7



主郭南西下の腰郭。


イメージ 8







北側の2郭(畑)と3郭(民家)



川中島方面が膠着状態にある中で、鬼無里・戸隠から信越国境の柏原を繋ぐ脇往還が甲越両軍の攻防が行われています。そのような攻防戦の中で、戸屋城は、柏鉢城と共に武田勢の重要拠点として機能したと思われます。

参考文献

『信濃の山城と館 2 更埴・長野編』 宮坂武男著


この記事に

開く コメント(0)

笹平城

 笹平城は、長野市七二会(なにあい)笹平にある比高15mの丘城です。当城は、戦国期に七二会から旧中条村にかけて21カ村三千貫を領した春日氏の戦国末期の本城といわれます。今回は、この春日氏の諸城めぐりとして七二会地区を訪れました。                                      訪城日:2018.9.28 晴れ
イメージ 1 城址へは、長野市街より国19号を西進し、犀川にかかる明治橋を渡り、笹平トンネル手前を左折して笹平集落内の正源寺を目指します。城址は正源寺背後の段丘上にあります。
 車は、お寺の駐車場に停めさせていただきました。









イメージ 2犀川左岸の七二会・旧中条村を領した春日氏が、戦国末武田氏滅亡後に上杉氏に就いた頃に長らく本拠にした戸屋城から当城に移ったとされているようです。ただ、築城は、近くの春日丘神社が天文22年(1553)に創建されていることからその頃なのではないかと宮坂氏は推察しています。慶長3年の上杉氏の会津移封により春日氏も会津に移ったため廃城となります。


イメージ 3






お寺の駐車場よりの城址遠景です。イメージ 5



御屋敷に登る小道の途中から正源寺を撮ったものです。正源寺は、春日氏の菩提寺です。
イメージ 4





御屋敷の南側の小道の先の虎口。イメージ 6





御屋敷を西側から撮ったものです。畑地として利用されていたようで、それらしき遺構は、見当たりません。イメージ 7





御屋敷のほぼ中央の木の下にある春日氏の墓碑。正源寺を中興開基した春日右衛門満喜とその夫人のもののようです。

イメージ 8







ない遺構の中で、かろうじて残された遺構が北斜面にある竪堀かと思いましたが、よくわかりませんでしたね。
イメージ 9

西側にそびえる城山です。ですが、城郭的なものは無いようです。

春日氏が戸屋城から笹平城に移ってこの地に築城したのは、戦の世が収まりつつある中で、険阻な山奥の本拠地では、地域支配が貫徹されにくいことがあってのものと思われます。



参考文献
『信濃の山城と館 2 更埴・長野編』 宮坂武男著 

この記事に

開く コメント(0)

全137ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事