古城の風景

戦国期の東日本の山城紹介

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

松江城ーその弐ー

松江城ーその壱ーの続きで、本丸周辺です。
イメージ 1
 三ノ門を入ると本丸南にある二之丸になります。二之丸は、二の丸御殿がありました。本丸には、御殿はなかったようで、築城当時から天守を中心とした詰の丸だったのではないかと考えられています。
イメージ 2
イメージ 3 二之丸御殿は、二段に分かれていたようで東側が一段低く、藩の政務や儀式をおこなった「御広間」や「下御台所」・「二之丸番所」などがあり、大手筋から見える位置に櫓(太鼓。中・南)や土塀を設けています。一段高い西側は、藩主が私的な接客や面会をおこなった「御書院」などかありました。(写真は土塀と太鼓櫓です)
イメージ 4
  右手の建物(お便所ですが)辺りに二之丸番所があったようで、奥に見える神社が一段と高くなっているのがわかると思いますが、二之丸西側です。
イメージ 5
  二ノ門跡で、右手上見えるのがに本丸一ノ門に連なる南多門櫓です。
 三ノ門からの一ノ門への城道は、3折れの複雑な動きを強要しますが、二ノ門・一ノ門とも方形の虎口空間を持ちませんで、枡形にはなっていません。元和期のような厳重な虎口構造と言えないもので、慶長期の特徴ともいえるようです。
イメージ 6イメージ 7
 
イメージ 8 本丸一ノ門前の空間です。二之丸より一段高い造りになっています。階段を上り左手に折れると一ノ門に至りますが、かなり広い空間を設けています。階段あたりに門が設けられれば典型的な枡形構造になるのですが、そうしなかったんですね。石垣は比較的大きめの石が随所に 見られ、かなり意識した造りのようです。
 一ノ門と南多門櫓の一部は、昭和35年(1960)に復元されたものです。
 
 
 
イメージ 9イメージ 10
 
 
イメージ 11 本丸は、築城時から御殿などは設けられていなかったようで、天守や6つの櫓(御武具・御祈祷・乾・鉄砲・坤・御弓)とそれをつなぐ太門(石垣上の多門長屋) がある詰の丸だったようです。
 天守は、望楼様式の4層5階、地下1階で入口防御に付櫓を設けている複合望楼型天守です。土台の石垣は牛蒡積みで、壁は下見板張といったぐわいでかなり武骨な姿ですが、実戦的な天守といえるようです。
 天守に行ってもあまり中に入りませんが、今回は行ってみました。そこで、少し珍しいものを
イメージ 13
イメージ 12
 ←
地下一階にある深さ24mある井戸。天守に井戸があるのもちっと珍し之かな〜
→ 
「箱便所」とあり、殿様用の雪隠とのことです。ここの中に狭間があるのがおかしいです。天守に雪隠があるのを見たのは備中松山城でも見た記憶がありますが、あまり見ないです。松江城狭間は、袋狭間と呼ばれているようです。
 
イメージ 14 本丸北西端にある搦手の北之門。門の右側にある石垣は乾櫓跡です。門を出ると水の手御門まで広めの帯曲輪があります。
イメージ 15
  水の手御門で、2折れの虎口ですが、枡形虎口にはなっていません。イメージ 17
水の手御門外の「キリキリ井戸」跡です。イメージ 16
 
  本丸東下帯曲輪の石垣で、野面積みの石垣がみられました。
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 18堀川めぐりの発着場で、大手前にあり乗ってきました。。堀川めぐりは、城を囲む堀川を45分ほど遊覧するもので、内堀・外堀からお城や城下を楽しむのどかなものでした。9時から15分間隔で出ています。大人1200円、小人600円。イメージ 19
 コースの中で、唯一天守がみられるところで左手が北総門橋です。 イメージ 20
  舟が二之丸下段東側を通った際にこのような刻印を多く見かけました。これは、堀尾家が築城時に、土木工事を円滑・組織的に行うために付けた記号と思われ、扇紋です。このほかに分銅紋・鱗紋・雁紋などがあります。 
 
 
 
参考文献
「松江城研究1」 松江市教育委員会
 
 
 
 
 
 

開く コメント(2)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事