古城の風景

戦国期の東日本の山城紹介

陸奥国(福島県)

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]

会津黒川城

 会津黒川城といわれてもピンとくる方は、さほど多くはないと思いますが、現在の会津若松城の中世においての名称です。会津若松城については、多くの方のHPやブログなどで紹介され、戊辰戦争での白虎隊の悲劇などでも知られていて、訪れた方も多いと思います。
 わたしも大学が福島で、しかも連れ合いが会津若松市出身ということもあり、度々会津若松市を訪れお城にも幾たびか訪れていました。ただ、天守には、一度も登ったことがなく(笑)、今回内部を見てみようと思い訪れてみました。天守内部の展示物は、会津の歴史を知るにはとても有益なもので、葦名氏にかかわる刀剣や兜が展示され、それなりに楽しめるものでした。(訪城日:2018.5.13 晴れ)
 会津若松城については、数多くの方がかかれていますので、今更書くこともないかと思っていました。ですが、以前に向羽黒山城を訪れブログに載せた際に、その時期の葦名氏の本拠の黒川城や街道筋に関心がいき、あれこれ探りました。多少、自分なりの調べを載せたいと思い、この記事になりました。イメージ 1
若松城周辺の地図です。道路は、往時の街道に近似する経路です。
若松城→小山田城 約1.5km
若松城→向羽黒山城 約5km

江戸期の会津五街道は、甲賀町口を大手として、その先の大町札ノ辻を起点にしています。
白河街道(滝沢峠越え)
二本松街道
下野街道
米沢街道
越後街道






イメージ 2 明治時代初め頃の若松城です。戊辰戦争でかなりの損傷をうけていますが、天守もかろうじて残っていました。明治6年に建物は売りに出され撤去されました。現在は、三ノ丸跡に県立博物館や陸上競技場などがあり、本丸・二ノ丸・北出丸・西出丸などがみられます。
 現在みられる若松城は、天正18年(1590)に会津に入封した蒲生氏郷がこの地にあった葦名氏の黒川城を織豊系の特徴(石垣・天守・瓦など)を持つ城郭に大改修したことに始まります。
 黒川城からどのように若松城に変わっていったのかを見ていきたいと思います。

Ⅰ.葦名時代の黒川城
イメージ 3 左図は、江戸期に書かれたと思われる「葦名時代黒川城市図」です。会津若松市教委の近藤氏は、「城や城下の姿は蒲生時代の絵図とほぼ同様であることから、文献等を基に近世になってから描かれた可能性が考えられ、史料の信ぴょう性には疑問が残る。」としていますが、蘆名時代を知る唯一の史料として貴重なものといえるようです。
 葦名氏が当地に館を構えたのは、七代直盛が至徳元年(1384)で、鶴城と名付け、黒川城とも称した。
※当地が黒川と呼ばれる由来は、南東部の山々が天屋三峰と呼ばれ、修験の一大行場で、温泉の湧き出る東山の地は、古くから羽黒山信仰の拠点の一つでした。こような聖地から盆地に流れ込む川が黒川で、その流域も黒川と呼ばれるようになっと考えられています。
 「黒川城市図」がある程度葦名時代を現しているとしますと、屋敷名から天正初め(1573〜)の盛氏の頃ということが推察されるようです。黄〇の八角神社・興徳寺・諏方神社は、現在も同じ場所にあり、このことから城や城下が葦名時代を基本形して拡張整備されていったといえるようです。
 イメージ 4左図は、上図の城内を拡大したもののようで、「会津小山田城明細図」と呼ばれるものです。会津小山田城は、黒川城の別称です。方角を上の絵図と同じにしていますので、文字が逆さになっています。
 葦名氏時代の城下は、車川と押切川が外堀として機能させたようで、その囲まれたところに武家屋敷と町屋が混在としていたようです。
 伊達氏が黒川城に入ったのは、天正17年6月で、翌年8月には秀吉の奥州仕置で会津を没収されていますので、伊達氏としての大幅な改修はなかったようです。
 西側の大手門の南にある北出丸内に西御殿がありますが、政宗暗殺未遂事件(天正18年4月)の場となった所で、伊達氏が葦名氏時代の城をほぼそのままの形で使ったのではないかということが言えるようです。なお、虎口などでの石垣普請などは行ったようです。
「葦名時代黒川城市図」、「会津小山田城明細図」は、『会津若松市史 3』より借用しています。

2.蒲生氏時代 黒川城→若松城
イメージ 5 左図は、元和年間(1615-24)の若松城の古図を基にしています。元和の藩主は、蒲生忠郷で氏郷の孫になります。
 天正18年8月に蒲生氏郷が入封しますが、奥州仕置後に各地で一揆が起り、翌年9月の九戸一揆討伐まで黒川城などの改修には手が回らなかったと思われます。
 氏郷は、文禄元年(1592)に黒川を若松と改め、大規模な改修に着手します。縄張りの基本形は、ほぼ葦名氏時代とさほど変わりはなかったようですが、石垣を本丸の天守台、本丸を囲む多聞櫓台、本丸や北・西馬出の門台に築き、高石垣のうえに金箔瓦を葺いた七層の天守をそびえたたせたようです。なお、図の三ノ丸の石垣は、蒲生忠郷時期の部分的な改修によるもののようです。城下の町割は、車川を外堀に造り替えて総構とし、郭内と呼ばれる内側に上級家臣の屋敷・役所、郭外と呼ばれる外側に下級家臣の屋敷・町屋としています。
 蒲生氏郷が文禄4年(1595)に亡くなり、跡を継いだ秀行は大身家臣の統制が取れず、慶長3年(1598)に下野宇都宮に移封(92万石→18万石)され、代わって越後から上杉景勝(120万石)が入封します。
 上杉氏は、国替え当初から新たに城を築くこと考えであったようで、慶長5年2月に神指城の着工をしています。そのため、若松城の改修はしてないと思われます。
 関ヶ原合戦後、上杉景勝が米沢に移封し、宇都宮より蒲生秀行が復帰します。(60万石)蒲生氏は、3代忠郷が寛永4年(1627)に嫡子がないまま亡くなったため、弟忠知を後嗣として伊予松山(24万石)に移封され、加藤嘉明(40万石)が入封します。

3.加藤氏時代
イメージ 6
 左図は、「正保城絵図」にある若松城下と城です。寛永16年(1639)、嘉明の跡を継いだ明成が大改修を行いましたので、その大改修後の姿が描かれていると思います。
 城下の総構がわかると思います。







イメージ 7加藤氏の大改修は、
①慶長11年の地震で傾いた天守の修復
②北と西の出丸を拡張し、総石垣化
③芝土居を石垣に
④大手を東から北に
 これによって、今見られる城の姿になったようです。

 



イメージ 8


 加藤明成は、寛永20年(1643)に会津騒動で改易となり、山形から保科正之(23万石)で入封します。保科・松平氏は、加藤氏の城を引き継ぎ、大きな改修もなく戊辰戦争を迎えています。













参考文献
『東北の名城を歩く 南東北編』 飯村均・室野秀文編 吉川弘文館
『東北近世の胎動』 高橋充編 吉川弘文館
『会津若松市史 3』 会津若松市
『図説 正保城絵図』 千田嘉博編 新人物往来社


この記事に

開く コメント(0)

小倉城

 小倉城は、郡山市湖南町中野字諏訪前にある比高20mほどの丘城です。白河から白河街道を通って会津若松に向かう途中に鞍馬城に寄りましたが、その主城に当たる小倉城があるとのことで、すこし寄り道をして小倉城に向かいました。戦国中期頃に構築された鞍馬城に比べると、かなり古い時期の城という感じでした。
                                                 訪城日:2017.10.27 晴れ
イメージ 3 城址へは、東北自動車白河中央ICを降り、国294号を北上し、やくあやkm先の湖南町三代を目指します。国294号と県道6号の交わる交差点を右折して県道6号を2kmほど行くと左手に小高い丘が見えます。そこが城址のある小倉神社です。駐車場はありませんが、神社登り口あたりに路駐できます。

イメージ 1








イメージ 2 


 当城は、文暦2年(1235)東塚丹波守実恒によって築城されたといわれていますが、鎌倉期の前期に城郭を構えるというのはなかったようですから、この周辺に館を構えたということではないかと思われます。
 鎌倉期の後半頃から中地・福良を安積伊東氏の一族の中地氏が領したようです。その後、中地氏は、仙道に進出してきた会津黒川の葦名氏に勢力下入り、15世紀後半田村・二階堂氏などの仙道勢力に備えて長沼城主新国氏が城主として入城したようです。この15世紀後半という時期が、全国的にみて要害の恒常化がなされる画期の時期だったようで、当城も地域の緊張の中「要害」として取り立てられたのではないかと愚考します。
 永禄4年(1561)に再び伊東氏(中地氏)が城主となります。天正17年(1589)の摺上原合戦後に湖南地域の諸城は、伊達氏によって攻め落とされていますので、当城も落とされその後廃城となったのではないかと思われます。
イメージ 4登城口です。主郭部に小国神社が祀られていますので、神社の参道を登ります。


イメージ 5








中腹の平場で、腰郭と思われます。この先も西側に回り込んでいて、その奥から上の段の主郭部に登れます。イメージ 6


どうも、この階段が大手道なのではないか〜と思いました。登り切った神社のある主郭部の西側中央部に虎口らしきくぼみもあもみられますから。
イメージ 7












イメージ 8



主郭で、かなり広く、その中心に小倉神社が建てられています。周囲に土塁の痕跡と思われる高まりがみられます。イメージ 9






城址北側から見ています。駐車場は中野保育園で、ここらあたりに居館があったのかもしれません。




当城は、規模的にも構造としてもかなり古い時代のものと思われます。ただ、郡山に通じる三森峠、白河へ通じる勢至堂峠を押さえる場所として重要な地点だったことから交通の番所的役割を持って戦国期を通じて使われていたのではないかと思われます。

この記事に

開く コメント(0)

鞍馬館

 鞍馬館は、郡山氏湖南町赤津にある比高40m程の丘城です。赤津は、江戸期には会津若松と白河を繋ぐ白河街道の宿場町として栄えていたようです。天正18年(1590)に奥羽仕置に来た豊臣秀吉が白河街道を通り三代宿に一泊して若松入りしていますので、赤津宿を通ったのでしょう。会津若松に行く際には、いつも東北自動車道や白河から下郷町経由で会津西街道に入っていくのですが、この白河街道も気になっていましたので、今回は白河街道(国294号)を通って若松入りしました。                                                                                                                訪城日:2017.10.27 晴れ
 イメージ 1城址へは、東北自動車白河中央スマートICを降り、国294号を北上し、やく43km先の赤津を目指します。途中、長沼城や勢至堂峠・三代宿などありこちらを寄って行ってもいいですね。城址は、赤津の集落の北側の小高い丘です。近くに駐車場はありませんので国道沿いに路駐しました。




北上空からの遠景
 (郡山市遺跡ガイドブック「守山城跡   
 と郡山の城館」から借用。)イメージ 2
 当館は、元亀2年(1571)に小倉城主中地氏の一族赤津弾正時綱が築城したといわれています。中地氏は、中地・福良を領する安積伊東氏の一族ですが、15世紀前半頃には会津黒川の葦名氏の傘下となっていたようです。宝徳3年(1451)に黒川城下で合戦が起り、「てんきう」が「いか父子・いとう父子」を攻め、「いか」が「おたかきのたて」に逃げたとあります。この「いとう父子」を会津若松市史では、中地・福良を領した伊東氏と比定しています。赤津氏は、天正17年(1589)の摺上原の戦で葦名勢として参戦し、葦名氏の滅亡後は蒲生氏に仕えなイメージ 11かったようです。
 城址の前を通る国道294号は、会津と岩瀬・白河地方を結ぶ白河街道と呼ばれる道です。この白河街道は、江戸期に参勤交代時の道として、更に江戸廻米路として使われ幹線街道でしたが、天文14年(1545)に葦名盛氏によって勢至堂峠が開削されてから整備されたようです。それ以前においては、いくつかの道があったようで、その一つに安藤峠越えの羽鳥通りがありました。中世の白河街道については別のところで書きたいと思います。
※縄張り図は、郡山市遺跡ガイドブック「守山城跡と郡山の城館」から借用し、説明のため加筆しています。
イメージ 3



国道沿いにかなり大きめの出羽三山の神社の石塔があり、その奥が登城口になります。イメージ 4





登城口からじぐざくに登って行くとC地点が見えてきます。ここは、Ⅰ郭とⅡ郭間の堀切に桝形状の平場があり、城道を直角に曲げてⅡ郭へ向かいまますので、桝形虎口といえるようです。イメージ 5


Ⅱ郭の虎口からC地点を撮ったものです。Ⅰ郭とⅡ郭から横矢が効果的かかるようです。この登城路が大手道と思われます。イメージ 6






Ⅱ郭の虎口です。

イメージ 7


南側からのⅡ郭で、少しⅠ郭より低いです。南側に自然地形的なところも見え削平は少し甘いようです。イメージ 8






Ⅰ郭からの土橋とⅡ郭です。
イメージ 9



Ⅰ郭を北側から見ています。Ⅰ郭は、50×30mと意外に広く削平も丁寧にされている感じです。居住区として使われたりでしょうかね。
イメージ 13




Ⅰ郭北側の虎口で、右側に土塁と堀切があり、Ⅰ郭の北側の防御にしています。




イメージ 10
Ⅲ郭からⅠ郭方向を見ていますが、土塁下に堀切Bが縄張図からするとあるようですが、現状からすると見とれませんでした。





イメージ 12
Ⅲ郭としていますが、削平はされていませんで、郭としてはカウントしない方がいいのかもしれません。ただ、小屋掛けとしては使えるようです。

当館は小規模ですが、街道監視や関所的なものとしては十分に機能したものといえるようです。


参考文献
郡山市遺跡ガイドブック「守山城跡と郡山の城館」          
                   郡山市教育委員会郭Ⅱ郭 


この記事に

開く コメント(0)

向羽黒山城ーその参ー

 向羽黒山城の伝盛氏屋敷と北曲輪の紹介です。イメージ 2
 向羽黒山城は、東西1.4km、南北1.5kmという広大な城域です。現在、白鳳山公園として自動車道や遊歩道が整備され、駐車場も何か所かあり、公園整備での遺構破壊もあまりされていませんので、訪れるには良い環境です。                                      訪城日:2017.10.27  晴れ
十日町口大手からくるみ坂を登る大手道の最初の関門に当たるようです。十日町口大手は、北大手口とも呼ばれるようで、西曲輪に入る三日町口大手に対する名称として、用いられたと考えられるようです。垣内氏は、改修によって大手が三日町口から十日町口に変わったのではないかと推察しています。














イメージ 3会津本郷焼資料館の前から公園内部に入る道があり、伝盛氏屋敷・北曲輪へは最初の駐車場を左手下に入ります。
羽黒神社(未訪)は、築城する際に山頂にあった「羽黒権現」の祠を移した云われています。この葦名氏の行為を飯村均氏は「地域の信仰の対象であった聖地・聖山を、意図的に領域支配の拠点」とし、「民衆の進攻を集める「聖なる権威」をも思うままにする、戦国大名葦名氏の「俗なる権威」を誇示するものである。」と述べています。(『中世奥羽のムラとマチ』)










イメージ 1
駐車場から下りていくと、道が分かれます。左手に行くと、伝盛氏屋敷の北西の堀に沿ってくるみ坂に行くようです。右手の道に行きました。

イメージ 4






進むと、左手に伝盛氏屋敷を取り巻く堀が見えてきます。写真ではわかりにくいですが、かなりの規模の堀です。イメージ 5

右手の斜面を見ると、数段の段郭が見えます。屋敷地だったのでしようか。

イメージ 6






左手の堀が浅くなり土橋状で渡れましたが、ここに土橋とは考えにくいので、埋まってこのような形になったと思えます。イメージ 7


伝盛氏屋敷と北曲輪の間の堀です。ここのところに木橋が架かっていたようです。

イメージ 8





北東方向から伝盛氏屋敷です。東西27m、南北21m程の方形の平場です。削平はあまりよくないようで、未完成で放棄された可能性が高い。土塁は4mと高く、コーナーは、櫓台が設けられるほどの広さがあります。イメージ 9

伝盛氏屋敷の北西の張り出しで、枡形虎口(虎口1)といわれています。慶長6年に破却されたとされていますので、よくわかlませんでした。

イメージ 10






北側から、北曲輪の虎口2に向かいます。この切岸をよじ登りましたが、けっこな急斜面できつかったです。イメージ 11



北曲輪の虎口部は、枡形虎口で外側に方形の平場かあり馬出と云われてますが、かなり変形の馬出です。

図は、会津若松市史歴史編3(中世2)より借用しています。

イメージ 12








馬出の虎口から南方向の枡形虎口を見ています。イメージ 13


馬出です。右手中央に虎口があり、イメージ 14その左手の土塁に石塁(石積石垣)がみられました。







イメージ 15馬出から枡形虎口です。→
枡形虎口内から↓イメージ 16









残存が悪いようではっきりとした形が見とれませんでした。

イメージ 17

北曲輪を南から見た所です。三角形状で90×70m程のころ差があります。








 今回訪れた二曲輪ブロックと伝盛氏屋敷・北曲輪は、枡形虎口・馬出・竪堀等が重層的に設けられ、向羽黒山城の大手にふさわしい堅固な造りでした。まだ、訪れていない、三曲輪ブロック・西曲輪ブロックは、次回に訪れてみたいと思っています。

参考文献
『伊達政宗と南奥の戦国時代』 垣内和孝著
歴春ブックレット『向羽黒山城跡』 佐藤金一郎著
『東北の名城を歩く 南東北編』 飯村均・室野秀文編          

この記事に

開く コメント(0)

向羽黒山城ーその弐ー

 以前、向羽黒山城の本丸周辺の記事を書いた際に、それ以外の箇所はいずれ紹介すると書いていました。今
回、訪れる機会があり、二曲輪周辺や北・伝盛氏屋敷を訪れましたので、ご紹介したいと思います。
                                               訪問日:2017.10.27 晴れ                                                                                                       
イメージ 1向羽黒山城は、葦名氏16代盛氏(1521〜1580)が、隠居城として永禄4年(1561-嫡男盛興に家督を譲る)から永禄11年(1568)までの8年間をかけて新築したものといわれ、廃城になる慶長期までに、葦名氏、伊達氏、蒲生氏、上杉氏によって改修と拡張整備か行われたとされています。ただ、改修の主体・時期等については、諸説あり定かではないようです。
 2002年以降、発掘調査が継続的に行われており、垣内和孝氏がその成果を簡潔に書かれていますのでご紹介しておきます。
一曲輪
石列遺構と掘立柱建物が見つかり、建物の柱穴に重複が認められ、3〜4時期あると推定された。このため、比較的長期に使用されたと想定できる。
二曲輪群
礎石建物があり、それは二棟が重複していることから、少なくとも二時期が想定できる。
西曲輪
石積を持つ虎口と石積を持つ半地下土岐蔵が見つかった。
伝盛氏屋敷
建物などの遺構が確認できず、発掘担当者(梶原圭介氏)は葦名盛氏の屋敷跡とは言い難いとしています。
十日町地区
城下と想定されていたが遺構は確認されなかった。
以上の結果からの垣内氏の見解は、「曲輪Ⅰ・一曲輪ブロックは、3〜4時期の掘立柱建物の存在を示すように、相対的には長期の利用が想定できる事と、要害の立地、建物は掘立柱建物、丸馬出が主体、という特徴がある。曲輪Ⅱ・二曲輪ブロックは、相対的には短期の利用が想定でき、建物は礎石建物、角馬出を意識した虎口が主体、という特徴がある。建物の構造は一曲輪ブロックが二曲輪ブロックに劣る。両者を比較した場合、前者は古い様相をとどめているのに対し、後者は比較的新しい様相を示すように考えられる。となれば、古い段階は曲輪Ⅰ、新しい段階は曲輪Ⅱが主郭であり、主郭を前者から校舎に変更する構想のもとに、改修が行われた可能性が推測できる。」とし、大手についても盛氏段階は、下野街道のある西側(三日町口)が想定でき、それが改修によって十日町口に変更されたと推察しています。
 今回訪れたところは、垣内氏の推定する改修後の大手道の遺構となります。
まずは、曲輪Ⅱ・二曲輪ブロック
イメージ 19改修時期は定かではありませんが、改修後の主郭と思われる二曲輪とそこに至る城道をたどってみました。
一曲輪ブロックと二曲輪の間の鞍部に駐車場が現在設けられています。ここから、二曲輪の南虎口に行けます。






イメージ 2






二曲輪南虎口(虎口1)です。説明板によると、門と坂道部分には石積石垣があり、南側が堀切・土塁と囲まれていたとありましたが、それらしきものは見つかりませんでした。イメージ 3
坂虎口ですが、道を左右に折れ曲がらせ見通しを悪くしています。イメージ 4


二曲輪です。ここは、一曲輪の険峻さに比べ、曲輪取りも広く、水の手にも近いことからも居住性に富んだ曲輪で、発掘調査で礎石建物が出て、それは二棟が重複していることから、少なくとも二時期が想定できるようです。虎口は二か所あったと思われます。南虎口と北虎口です。北虎口の左手に「三日町口虎口」の立看板がある下る道は、往古のものではないのではと思います。イメージ 5




北虎口(虎口2)を二曲輪から出たところから見ています。かなり狭い道幅で、北側にある水場への道か、あるいは搦手口なのかもしれません。イメージ 6




虎口の平場ですが、それなりの空間があり、この続きの道は急斜面を下りています。桝形とは言えませんが、かなり堅固な造りです。イメージ 7




「三日町口虎口」のある所から虎口3に下りたところです。虎口3のすぐイメージ 9先から二曲輪に登るようになっていますが、城道としては、違和感があり破壊道と思われます。
下の虎口(虎口3か)を三日町口虎口とするのは、違うのではと思います。西曲輪群の入口が三日町口になると思うのですがね。

イメージ 8
ただ、この道からは、虎口3の枡形の形状がよく見れましたのは儲けものです。


巨石を積み上げた石塁で固めた枡形虎口イメージ 10



                                                



イメージ 11





イメージ 12





巨石などは崩落していますが、ところどころに残ろ巨石から大手を意識した見せる虎口の偉容がしのばれます。虎口の先は、両側を堀で狭めた土橋があり、虎口受けの平場があります。イメージ 13

土橋を東側から見たもので、城道は、右下の樋口4の平場に降りていきます。

イメージ 14






虎口4のある平場です。ここは、角馬出のようで、北西に虎口4があり、西側に行くと水手曲輪です。イメージ 15


水手曲輪へ向かいます。出てすぐイメージ 16に虎口4のある郭を取り巻く堀(横堀)で、この辺もかなり堅固な造りです。


イメージ 17


水の手は、径10mほどの楕円形の溜池です。今でも水が溜まっていました。

イメージ 18






水の手から下ります。なだらかな斜面で、ここにも下からの城道があったのかもしれませんが、よくわかりません。イメージ 20

虎口4からの道と、水の手からの道が合流する細長い郭です。ここを下ると食違状虎口が見られたようですが、虎口4に戻ってしまい、それを見過ごしました。イメージ 21







右手が水の手からの道に至る斜面で、虎口5iに向かいます。イメージ 22



長めのスロープが歪曲していて、見通しを悪くしているのですかね。イメージ 23






虎口5は、壁を削って所に設けられていて、進路を直角に進むようになっています。ただ、ここが虎口かどうかは定かではないのですがね?イメージ 24


虎口5を入ると、空堀状通路の先に虎口4が見えてきます。イメージ 25







虎口4を郭内からです。桝形おぼしき窪みが見られます。イメージ 26


二曲輪ブロック最後に見た以降で、東の水場だと思います。

以上が二曲輪ブロックです。伝盛氏屋敷・北曲輪は、−その参ーで続けたいと思います。

参考文献
『伊達政宗と南奥の戦国時代』 垣内和孝著
歴春ブックレット『向羽黒山城跡』 佐藤金一郎著

この記事に

開く コメント(0)

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事