古城の風景

戦国期の東日本の山城紹介

上総国

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

 先週の土曜日に山武市大網白里町小西にある小西城の現地説明会が開かれまして、参加してきました。大駐車場を借りたり、そこから城址近くまでの送迎をしてくれたり(大網駅からの送迎も)で、とても配慮の行きとどいた説明会で、そのためか参加者も多く午後1時開始には150人を超えるほどの方々が集まっていました。
 イメージ 1下の縄張図は、「小西城跡現地説明会資料」から借用させていただきました。昨年に引き続きの現説ですが、これは圏央道建設のための緊急発掘調査でして、この後さらに古い時代の発掘調査をした後(城の遺構は掘り取られるということです)道路建設が始まるようです。残る遺構は、本城東のほんの一部のようです。
 この城は、享禄年間(1528-31)に原胤定が築城したとされています。この原氏は、馬加系千葉氏の家宰である小弓原氏の庶流で、享徳の乱初期に小西郷に入った原肥前守胤継を祖とする小西原氏です。この地域を領する両酒井氏(土気酒井氏・東金酒井氏)に対して千葉氏・小弓原氏が築いた前線基地の役割を担った城と考えられます。その時期の遺構の一部が縄張図の「古城」と思われます。
 その後、永正14年(1517)
に小弓原氏の本拠小弓城が真里谷武田氏に攻略されたため、小西原氏は、当地から撤退した模様です。翌年足利義明が小弓公方として小弓城に入ります。小弓公方家の成立後も東金酒井氏は小弓原氏の配下となっていますから、この地での勢力拡大を図るということで、古城の地を取立てて新たに築城したものが当城址なのではないかと考えられます。
まず、外城の虎口です。
イメージ 2イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
縄張図の①です。虎口の両脇は少し高めの土塁で掘立柱の四脚門(写真左の柱)が建っていたようです。虎口の先は堀切でその先の土塁に向けて木橋をかけて渡ったようです。この堀切辺りに城ができる前からの道があったようです。
次は、外城と中城を区切る堀です。
イメージ 10縄張図の②です。箱薬研堀で、堀底に障子があります。上巾4m、深さ3mほどで、さほどの規模ではないですね。
イメージ 11
      縄張図の③の中城南東堀です。これも箱薬研堀です。
 
 
次のは、中城の堀底の虎口です。
イメージ 12イメージ 13
縄張図の⑨です。堀は、箱堀で、ここに掘立柱の二脚門があったようです。堀底を歩かして中城に上げたのでしようね。堀巾が狭く、深さもさほどではないですね。攻め手としては嫌な道になるでしょうが、どれほどの効果があるか?ですかね。
当城の目玉になります、本城です。
イメージ 14イメージ 15
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
本城北堀です。縄張図では④になります。説明によると3回造成しているようです。写真左側の堀底にある二条の堀で、右側が箱堀で古い段階のもので、それが埋まったので掘り直した後、埋めて左側の薬研堀をほったようです。見た目ではかなりの規模のようですが、当時の様子では、これほどの上幅はなかったようです。(この姿が、3回のものをいっぺんに見せているので)それにしても千葉のお城としては規模が大きいといえるようですね。
イメージ 4イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
本城内部で、西側の土塁で縄張図では⑤です。高2mほどです。 本城の削平面で掘立柱の建物があったようです。奥の竹藪も本城の続きですがこちらは、道路建設に引っかからない(ということは遺構が残る所です)ので調査をしていないとのことでした。
イメージ 6  縄張図の⑫の本城虎口へ至る土塁上の通路です。土塁上通路の両側は堀になっていて通路を狭めています。本城からの横矢が十分にかかり技巧的な虎口構造です。このような虎口は珍しく、はじめて見ました。
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7イメージ 8
本城虎口で、縄張図では⑥です。3個の礎石が残っていて四脚門と思われます。平虎口ですが、横矢のかかる土塁上の通路を通って、西堀を木橋で渡って入る凝った作りです。
イメージ 9
 
本城(左手)の右手にある古城です。空堀をめぐらしてありませんで、古い時期のものと考えられています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
小西城は、規模的にはさほどのものではありませんが、本城周辺の堀や虎口構造は技巧的な構造です。上記に載せてきた箇所は、小西城の主要遺構ですが、これらはすべて道路建設で消滅する所です。実に残念です。
なお、圏央道の予定コースを示しているHPです。
「危うし!小西城」  http://www.aruke.net/map/map_konishijo01.html                                           
参考文献
「戦国の房総と北条氏」  「山武の城」  「房総の城郭」
                                

この記事に

開く コメント(16)

開く トラックバック(1)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事