古城の風景

戦国期の東日本の山城紹介

購入書籍

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

購入図書 2018年

趣味の歴史にいくら散財しているかの覚書です! ★5ー最高ランク ★3ー普通
2018年

01.02 『織田信長の城』 加藤理文著 講談社現代新書 \907       ★★★☆
01.11 『北条早雲ー新しい時代の扉を押し開けた人』 池上裕子著 \864  ★★★★
02.19 『江戸城 天下普請の謎』 管野俊輔監修 別冊宝島 \1296  ★★★★
02.20 『北条氏政』 黒田基樹著 ミネルヴァ書房 \3780        ★★★★
03.05 『戦国期越中の攻防』 高岡 徹著 岩田書院 \8640           ★★★★
03.06 『中世 村の歴史物語』 蔵持重裕著 吉川弘文館 \2808
03.11 『陰謀の日本中世史』 呉座勇一著 角川新書 \950勝昭    ★★★★
04.05 『三好一族と阿波の城館』 石井伸夫・重見高博編 戎光祥出版 \2808 ★★★☆
04.15 『甲信越の名城を歩く 長野編』 中澤克昭・河西克造編 吉川弘文館 \2700 ★★★★
04.26 『戦国の北陸動乱と城郭』 佐伯哲也著 戎光祥出版 \2700   ★★★★
05.20 『今川氏滅亡』 大石泰史著 角川選書 \1944            ★★★★
05.31 『南北朝』
06.23 『初期室町幕府研究の最前線』 亀田敏一編 洋泉社歴史新書 \1058
06.30 『飛騨中世城郭図面集』 佐伯哲也著 柏書房 \5400
07.18 『松本市史第2巻歴史編Ⅰ』 松本市 \5000                ★★★★
08.05 『中世島津氏研究の最前線』 新名一仁編 洋泉社歴史新書 \1058
08.18 『秀吉の武威、信長の武威』 黒嶋敏著 平凡社 \1836                   ★★★★☆
08.20 『房総里見氏の城郭と合戦』 小高春雄著 戎光祥出版 \2808
08.23 『戦乱と民衆』 講談社現代新書 \842                                          ★★★☆
09.12 『謙信と信玄』 井ノ上鋭夫著 吉川弘文館 \2484            ★★★
09.20 『日本史の論点』 中公新書平成編集部編 中公新書 \950
09.21 『戦国の城の一生』 竹井英文著 吉川弘文館 \1836          ★★★★
09.25 『日本史の論点』 中公新書編集部編 中公新書 \950         ★★★☆
10.04 『戦国大名の土木事業』 鹿毛敏夫編 戎光祥出版 \4104
11.11 『城と城下 近江戦国誌』 小島道裕著 吉川弘文館 \2592
             『戦国の名城50』 中井均監修かみゆ歴史編集部編 \1080

この記事に

開く コメント(0)

購入図書 2017年

趣味の歴史にいくら散財しているかの覚書です! ★5ー最高ランク ★3ー普通
2017年

01.17 『佐竹一族の中世』 高橋 修編 高志書院  \3780                    ★★★☆
03.01 『武田氏滅亡』 平山 優著 角川選書  \3024
03.07 『南部信直』 森 嘉兵衛著 戎光祥出版  \2700           ★★★☆   
03.11 『日本の歴史9 南北朝の動乱』 佐藤進一著 中公文庫 \1337  ★★★★☆
03.31 『鳥取城跡とその周辺ー遺構でつなぐ歴史と未来』鳥取市歴史博物館 \700
04.10 『日本中世に何が起きたか』 網野善彦著 角川ソフィア文庫 \950
      『国衆の戦国史』 鈴木将典著 歴史新書\1026           ★★★★
04.28 『織豊系時城郭とは何か』 城郭談話会編 サンライズ出版 \5400  ★★★★
05.21 『朝倉氏と戦国村一乗谷』 松村信之著 吉川弘文館 \2376    ★★★☆ 
06.13 『家康研究の最前線』 平野明夫編 洋泉社新書 \1026    ★★★★
          『今川氏研究の最前線』 大石泰史編 洋泉社新書 \1058  ★★★★
      『江戸始図でわかった「江戸城」の真実』 千田嘉博・森岡知範著 宝島社新書 \799

06.15 『城館調査の手引き』 中井均著 山川出版社 \1944  ★★★★
06.27 『陸奥国の中世石川氏』 小豆畑毅著 岩田書院 \3456  ★★★☆
07.01 『守山城跡と郡山の城館』 郡山市教育委員会 \500
      『荒井猫田遺跡』 郡山市教育委員会 \500
      『板碑の世界』 郡山市教育委員会 \500
07.02 『会津葦名氏の時代』会津若松市史歴史編3中世-2 会津若松市 \1000
07.16 『今川氏年表』 大石泰史編 高志書院 \2160(\2700の所2割引き)
      『歴史評論』NO803(2017.3月号) \600
      『歴史評論』NO805(2017.5月号) \600
      『白山史学』第53号 東洋大学白山史学会 \1000
07.26 『戦国大名伊達氏の領国支配』 小林清治著作集Ⅰ 岩田書院 \9504
08.03 『徳川家康ー境界の領主から天下人へ―』 柴裕之著 平凡社 \1836 ★★★★
08.18 『東北の名城を歩く 南東北編』飯村均・室野秀文編 吉川弘文館 ※2700 ★★★★
08.28 『信長研究の最前線 ②』 渡邊大門編 洋泉社歴史新書y \1058   ★★★★
09.09 『続図説茨城の城郭』 茨城城郭研究会 国書刊行会 \3024
09.27 『兵農分離はあったのか』 平井上総著 平凡社 \1836   ★★★★☆
10.03 『伊達政宗と南奥の戦国時代』 垣内和孝著 吉川弘文館 \9720  ★★★★
10.10 『中世美濃遠山氏とその一族』 横山住雄著 岩田書院 \2160 ★★★
10.15 『北国街道と脇往還』 市立長浜歴史博物館 \1800
10.24 『井伊直政 家康筆頭家臣への軌跡』 野田浩子著 戎光祥出版 \2700 ★★★☆
      『享徳の乱 中世東国の「三十年戦争」』 峰岸純夫著 講談社選書メチェ \1674★★★☆
10.29 『仙台市史 近世Ⅰ』 仙台市史編纂委員会 \3087
      『特別展伊達政宗』 仙台市博物館 \2200
10.30 『東北の名城を歩く 北東北編』 飯村均・室野秀文編 吉川弘文館 \2700 ★★★★
      『杉山城の時代』 西股総生著 \1836  ★★★
11.18 『上杉謙信』 福原圭一・前嶋 敏編 高志書院 \5180(2割引き)
12.13 『四国の近世城郭』 四国地域史研究連絡協議会編 岩田書院 \1836





この記事に

開く コメント(0)

購入書籍2016

趣味の歴史にいくら散財しているかの覚書です! ★5ー最高ランク ★3ー普通
2016年
01,04  『上田城史料調査報告書』 上田市教育委員会  ¥1000    
01.17  『戦国大名の兵粮事情』 久保健一郎著  吉川弘文館 ¥1836  ★★★★
       『戦国時代戦争経済論』 久保健一郎著  校倉書房 ¥10800  ★★★☆ 
       『海と城の中世』 東北中世考古学会編 高志書院 ¥3024   ★★★
       『武田氏研究 第50号』  ¥864
       『武田氏研究 第51号』  ¥1080
       『戦国史研究 第70号』  ¥701
01.28  『戦国乱世から太平の世へ』 藤井讓治著 岩波新書 ¥886
       『村 百姓たちの近世』 水本邦彦著 岩波新書 ¥842
02.10  『グスクと按司』 来間泰男著 日本経済評論社 ¥3672     ★★★
02.29  『甲信越の名城を歩く 新潟編』福原圭一・水澤幸一編 吉川弘文館 ¥2700
       『戦国の城が いちばんよくわかる本』 西股総生著 KKベストセラーズ ¥1512  ☆
03.05  『琉球王国と戦国大名』 黒嶋 敏著 吉川弘文館 ¥1836     ★★★★
       『北海道戦国史と松前氏』 新藤 透著 洋泉社歴史新書 ¥1134  ★★★☆
03.21  『岩波講座日本歴史第20巻地域論』 岩波書店 ¥3456       ★★★★
03.29  『家康に天下を獲らせた男 最上義光』 松尾剛次 柏書房 ¥2376 ★★★
04.27  『三好長慶』 今谷明・天野忠幸監修 宮帯出版社 ¥3780
04.30  『戦国争乱と巨大津波ー北条早雲と明応津波―』 金子浩之著 雄山閣 ¥2376 ★★★
05.16  『東北近世の胎動』(東北の中世史5) 高橋充編 吉川弘文館 ¥2592
       『歴史家の城歩き』 中井均・齋藤慎一共著 高志書院  ※¥2500  ★★★★☆
06.08  『織田信長』 桐野作人著 新人物文庫 ¥1296
06.25  『豊臣水軍興亡史』 山内讓著 吉川弘文館 ¥2484          ★★★★
07.17  『奥羽仕置の構造―破城・刀狩・検地―』 小林清治著 吉川弘文館 ¥9720
07.29  『戦国大名武田氏の戦争と内政』 鈴木将典著 星海社新書 ¥929   ★★★★
09.08  『中世の系譜』 小野正敏・五味文彦・萩原三雄編 高志書院 ¥2700
10.05  『真田信繁の書状を読む』 丸島和洋著 星海社新書 ¥972
10.10  『地方史研究 382 第66巻4号』 地方史研究協議会 ¥1235
10.13  『戦国史の俗説を覆す』 渡邊大門編 柏書房 ※¥2160
10.16  『戦国合戦の舞台裏』 盛本昌広著 洋泉社歴史新書y ¥1026
       『南朝研究の最前線』 呉座勇一編 洋泉社歴史新書y ¥1080
       『武田氏研究』20号 武田氏研究会 ¥1296
       『戦国史研究』59号 戦国史研究会 ¥720
10.24  『応仁の乱』 呉座勇一著 中公新書 ¥972                ★★★★☆
11.20  『日本城郭史』 齋藤慎一・向井一雄著 吉川弘文館 ※¥4200    ★★★★☆
11.30  『信長の城下町』 仁木宏・松尾信裕編 高志書院 ¥3240
       『甲信越の名城を歩く 山梨編』 山下孝司・平山優編 ¥2700

この記事に

開く コメント(0)

購入図書 2015

趣味の歴史にいくら散財しているかの覚書です! ★5ー最高ランク ★3ー普通
2015年
01.02 『享徳の乱と太田道灌』 山田邦明著 吉川弘文館 ¥2808         ★★★★
01.05 『日本史の森をよく』 東京大学史料編纂所編 中公新書 ¥864 ★★★☆
01.16 『戦争と平和』 高橋典幸編 竹林舎  ¥15984
01.22 『倭城を歩く』  織豊期城郭研究会編 ¥2592
01.28 『イスラム戦争』 内藤正典著 集英社新書 ¥821                     ★★★★
02.01 『前田慶次と歩く戦国の旅』 洋泉社歴史新書y ¥1058      ★★★☆
02.07 『列島の歴史を語る』 網野善彦 藤沢・網野さんを囲む会編 ¥1080 ★★★★
02.20 『岩波講座日本歴史8巻中世3』 岩波書店 \3456          ★★★★        
02.21 『岩波講座日本歴史9巻中世4』 岩波書店 \3456           ★★★★☆
02.26 『北陸から見た日本史』読売新聞北陸支社編 洋泉社歴史新書y ¥1069  ★★★☆
02.27 『近畿の名城を歩く大阪・兵庫・和歌山編』 仁木宏・福島克彦編 吉川弘文館 ¥2592
03.02 『中世城郭の縄張と空間 土の城が語るもの』 松岡進著 吉川弘文館 ¥2376 ★★★★☆
03.05 『日本史を学ぶための古文書・古記録訓読法』 苅米一志著 吉川弘文館 ¥1836★★★★
03.09 『中世吉井の城館跡』 吉井町教育委員会編 ¥1000
03.15 『企画展道灌の時代戦国時代は関東から始まった』 埼玉県立嵐山史跡の博物館
       平成26年度シンポジウム戦国時代は関東から始まった資料集』埼玉県立嵐山史跡の博物館
05.16 『関ケ原合戦の深層』 谷口央編 高志書院 ¥2700
      「城郭史研究 34号」 ¥2916
05.21 『城から見た信長』 千田嘉博/著 下坂守/著 河内将芳/著 土平博/著 ナカニシヤ出版 ¥1080
06.21 『近畿の名城を歩く滋賀・京都・奈良編』 仁木宏・福島克彦編 吉川弘文館 ¥2592
07.07  『常陸平氏』 高橋修編  戎光祥出版 ¥7020
07.13 『境目の山城と館 上野偏』 宮坂武男著 戎光祥出版  ¥6912  ★★★★
07.14 『天正壬午の乱  増補改訂版』 平山優著 戎光祥出版  ¥2808  ★★★★
07.19 『上杉謙信』  矢田俊文著  ミネルヴァ書房 ¥2376         ★★★
08.01 『中世城郭研究』28号 中世城郭研究 ¥2800
      『中世城郭研究』29号 中世城郭研究 ¥2800
      『中世北奥羽の安藤氏系城館跡』 小山彦逸著 ¥2000
      『君津の城』 小高春雄著 ¥1500
      『安房の城』 小高春雄著 ¥1000
08.12 『真実の戦国時代』 渡邊大門編 柏書房 ¥2160       ★★★★☆ 
08.29 『アジアのなかの戦国大名』 鹿毛敏夫著 吉川弘文館 ¥1836
09.01 『全国国衆ガイド』 大石泰史編 星海社新書  ¥1458
09.07 『東西/南北考-いくつもの日本へ-』 赤坂憲雄著 岩波新書 ¥778 ★★★★
      『城館と中世史料』 齋藤慎一編 高志書院   ¥6830(定価¥8100) ★★★★☆
09.08 『戦国史研究』第69号  戦国史研究会  ¥701
      『日本歴史』2015年9月号(808号) 吉川弘文館 ¥800
09.12 『戦国大名論 暴力と法と権力』 村井良介著 講談社選書メチエ ¥1890  ★★★★☆
      『能登中世城郭図面集』 佐伯哲也著 桂書房 ¥4320
09.29 『大いなる謎真田一族』 平山優著 PHP文庫 ¥810          ★★★★
10.05 『東北学/もうひとつの東北』 赤坂憲雄著 講談社術文庫 ¥1039
10.08 『天下統一と朝鮮侵略(日本の時代史13)』 池 亨編 吉川弘文館 ¥3456
11.01 『真田信繁 幸村と呼ばれた男の真実』 平山 優著 角川選書 ¥1944
11.16 『真田丸の謎 戦国時代を「城」で読み解く』 千田嘉博著 NHK酒出版新書 ¥842
      『歴史評論』2015年11月号 校倉書房 ¥885
11.24 『境目の山城と館 美濃・飛騨・三河・遠江偏』 宮坂武男著 戎光祥出版 ¥8640 ★★★★
11.29 『天下統一 秀吉から家康へ』 黒嶋敏著 講談社現代新書 ¥864
      『真田昌幸』 黒田基樹著 小学館 ¥1728
12.21 『戦国時代の天皇と公家衆たち』 神田裕理編 洋泉社歴史新書y ¥1069 
12.25 『真田三代 名城と合戦のひみつ』 二宮博志著 宝島社 ¥1080 
12.26 『伊達氏と戦国争乱』(東北の中世史4)遠藤ゆり子編 吉川弘文館 ¥2569(ポ1500で1069)
12.28 『真田四代と信繁』 丸島和洋著 平凡社新書 ¥864

この記事に

開く コメント(0)

購入図書2014

趣味の歴史にいくら散財しているかの覚書です! ★5ー最高ランク ★3ー普通
2014年
1.05  『上杉氏分限帳』 高志書院  ¥12600                                 ★★★★
1.16  『歴史をつかむ技法』 山本博文著 新潮新書 ¥798           ★★★★
1.18  『戦国大名 政策・統治・官僚』 黒田基樹著 平凡社新書 ¥819     ★★★★☆     
1.21  『越中中世城郭図面集Ⅲ』 佐伯哲也著 桂書房 \5250         ★★★★
1.24  『岩波講座日本歴史10巻近世1』 岩波書店 \3360           ★★★★
      『長篠合戦と武田勝頼』 平山優著 吉川弘文館 \2730         ★★★★☆ 
2.13  『戦争の日本中世史』 呉座勇一著 新潮選書  \1575         ★★★★☆
2.14  『城を攻める 城を守る』 伊東潤著 講談社現代新書 ※((945)    ★★★☆
3.03  『北条氏滅亡と秀吉の策謀』 森田善明著 洋泉社歴史新書y \945  ★
3.07  『日向国山東河南の攻防』 新名一仁著 鉱脈社みやざき文庫 \1680 ★★★
3.08  『境界争いと戦国諜報戦』 盛本昌広著 洋泉社歴史新書y \987    ★★★★☆
      『黒田官兵衛-「天下を狙った軍師」の実像』 諏訪勝則著 中公新書 \819
3.24  『甲斐の山城と館 上』 宮坂武男著 戎光祥出版 ¥7500         ★★★★☆ 
3.31  『実録 戦国北条記』 伊東潤著 H&I ※(1680)
                     2014年4月1日より消費税8%
5.03  『天下統一 信長と秀吉が成し遂げた「革命』 藤田逹生著 中公新書\939 ★★★
5.29  『真田氏一門と家臣』 丸島和洋著 岩田書院 \5184
6.01  『中世城館の考古学』 萩原三雄・中井均編 高志書院 \10000       ★★★★
6.21  『土の城指南 歩いてわかる「戦国の城」』 西股総生著 Gakken \1620  ★★★
6.22  『福岡県の中近世城館跡Ⅰー筑前地域編1』 福岡県教育委員会 \1400+360+540
6.24  『戦国大名武田氏と地域社会』小笠原春香・小川雄・小佐野浅子・長谷川幸一著 岩田書院 \1620
6.26  『足軽の誕生 室町時代の光と影』 朝日選書894 \1404         ★★★☆
      『『甲斐の山城と館 下』 宮坂武男著 戎光祥出版 ¥7800        ★★★★☆ 
6.29  『向羽黒山城跡ガイドブック』 佐藤金一郎著 歴春ブックレット \530   ★★★☆
7.10  『戦国期の城と地域ー甲斐武田氏領国に見る城館ー」 山下孝司著 岩田書院 \9612 ★★★☆
7.28  『検証長篠合戦』 平山優著 吉川弘文館  \1944              ★★★★☆
8.02  『飛騨中世史の研究』 岡村守彦  戎光祥出版 ¥5400           ★★★☆
8.03  『織田権力の領域支配』 戦国史研究会編 岩田書院 ¥9072
      『信濃須田一族』 志村平治著 歴研  ¥2160 
9.01  『織田信長 その虚像と実像』 松下浩著 サンライズ出版  ¥1296  ★★★☆
9.02  『近畿の城郭』 城郭談話会編 戎光祥出版 ¥6264            ★★★★
9.04  『織田信長〈天下人〉の実像』 金子拓著 講談社現代新書 \950       ★★★★☆
9.09  『兵と農の分離』 吉田ゆり子著 山川出版社(日本史リブレット84)  \864 ★★★★
9.17  『信長の政略-信長は中世をどこまで破壊したか-』谷口克広著 Gakken \1620 ★★★☆
10.08 『織田信長』 神田千里著  ちくま新書  \864               ★★★★
      『信長研究の最前線』 日本史史料研究会編 \1026            ★★★★
12.10 『戦国・織豊期大名徳川氏の領国支配』柴裕之著 岩田書院 ¥10152

この記事に

開く コメント(8)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事