ここから本文です
大阪の美味しいお店(o^^o)白熊の食日記
御訪問ありがとうございます(*^-^*)

書庫全体表示

 こんにちは、今日の大阪は雨 自転車では買い物に行けそうにありません
今日は、先日中熊と行ったGrand champs (グランシャン 電話番号 06-6344-7111 大阪市北区堂島1丁目3−4 谷安ビル 3階 )さんでのランチのお話です。
 ランチは毎日ではなく水・金・土のみです12時からと13時からのスタートになっています。price→・grand(グラン)/¥2,900  ・champs(シャン)/¥4,500
 グランコースも良いと思うのですが、せっかくこのお店へ行くのなら断然シャンのコースをお勧めします。絶対後悔なさらないと思います(*´▽`*)
イメージ 13
 グランシャンさんはブロ友のゾンビランドさんに教えていただいたのですが、出来れば月に一度は通いたいと思うほどで、中熊もすっかりファンになっています。
 この子はそんなに飲めないのですが、白熊が最初から最後までシャンパン1本で通し、間でほんの少しずつ分けてあげることにしていますやはりフレンチにはワインかシュワシュワが合いますね
イメージ 1
  初めに手で摘まむものが出るので、初めての方もなんとなく肩の力が抜けるのではないでしょうか。
 今回は熱々の生地の中に、エスカルゴとトマトソースが包まれていました。組み合わせにちょっと驚いたのですが、上品なソースなのでエスカルゴにマッチしていました
イメージ 2
 目にも鮮やかな翠のスープには、唐墨が入っているのが大人なアクセント
イメージ 3
 アスパラとホタルイカの煮込み、土佐ジローの卵を添えて・・
 お野菜の味が濃い(*´ω`*) ホタルイカもふるふる!卵を割るとチーズと一緒に、新たに濃厚なソースになるのです。素敵だなあ
 前にミナミのビブグルマンのお店で、同じように卵が出たのですが冷たいお料理だったのと材料の組み合わせがなってなかったせいで、恐ろしく生臭いお料理を食べさせられたものですが、このお皿と比べると月とスッポンでした。
イメージ 4
 鴨のフォワグラのポワレ ハイビスカスのソース、苺
 ハイビスカスの香りがふわり(*´ω`*)華やか 
 熟した苺とフォワグラもとても良く合うのですねシャンパンとも好相性
イメージ 5
 淡路より 本日の鮮魚、インゲン豆の煮込み ア・ラ・バスケーズ
 中熊はコチだったと思うと言っていました。ちょっと記憶があやふやです
 白身がふっくらするように上手に火が入れてあって、お豆さんも滋味があって美味しいことヽ(^o^)丿ソースが軽やかに仕上げてあるのでお魚もお豆さんもとても引き立っていました
 お皿にかけてあるのはバスク地方の料理に欠かせない調味料、ピリッとしたエスペレット唐辛子です。
イメージ 6
イメージ 7
  お肉料理、ランチも選ばせてもらえます目の前で塊を見ると余計にテンションが上がります鴨と仔羊の両方頂きました
イメージ 8
 ご覧下さい、一幅の絵のように美しい一皿だと思いませんか
ヒュルゴー家の鴨は血の味が濃厚な気がします(*´ω`*) じっくりと味わいました。
イメージ 9
 仔羊の香りがたまらないナイフを入れると肉汁がじゅんわりとあふれます
 ソースの塩味が控えめで、いかに材料そのものを大事にしておられるかよく分かります
イメージ 10
 白熊にはフロマージュを進めて下さいました。どれも素敵なとろけ具合(*´ω`*)ランチでこれだけのことをして下さるのですから嬉しくなります!
イメージ 11
 人参のクレームブリュレ、モワールショコラ
 チーズを頂いた白熊にも、濃厚なチョコレートのデザートをサービスして下さいました
 幸せ・・・(#^^#)
イメージ 12
 マダムはまだお若くて、シェフと同じくほっそりとスマートとても可愛らしい方なのです
 白熊に「○○さまはいつもお洒落で、来られるたびにイメージが違います。見習いたいです」なんて言って下さるんです(*ノωノ)  お客さん思いなのがよく分かります。
 いつか聞きそびれてしまったのですが、しばらくしたらブルゴーニュへ行かれるみたいですいつも行ったら、お二人ともワインやチーズで鞄をパンパンに膨らませて帰るそうです
 帰られた頃に、是非また行きたいです。今度はどんなお料理が食べさせて頂けるかと思うとワクワクします(#^^#)

この記事に

  • 顔アイコン

    こんにちは〜

    私も美味しいお造りなんかを食べた時は無性に美味しい日本酒が飲みたくなります!
    やっぱりそのお料理に合ったお酒ってのがちゃんとあるんですよね〜^^

    仰る通りどのお料理も素材の良さを十分引き出して料理って感じ!
    そして盛り付けも芸術の域に達してますね〜^^

    石井パパ

    2015/4/20(月) 午後 1:35

    返信する
  • 白熊さん、こんにちは〜

    目にも鮮やかなスープから始まってどれも素敵なお皿ばかりですね。
    (*´▽`*)メインのお肉もどちらも美味しそう〜
    ランチにしてはしっかりした内容でワインも進みそうです♪

    chika

    2015/4/20(月) 午後 1:52

    返信する
  • アバター

    お店の方とのコミュニケーションも、
    またこのお店に行きたいって思わせる一つですよね♪
    だからこそ、飲食店は印象も味のひとつだと!!
    にしても、ワタシも泡でこのお料理たち頂きた〜いo(≧∇≦o)(o≧∇≦)o
    白いお皿の上はパレットですね♪
    旬のモノを素材を生かした調理方法で楽しませる!!
    お店なら当たり前、の様でいて、実は難しいんですよね♪

    もとこ

    2015/4/20(月) 午後 2:30

    返信する
  • こんにちはぁ〜(*^_^*)(*^▽^*)

    Launchでフレンチ
    しかも
    4,500のコースなんてRichでいいですね。

    カウンターでのお食事だったようですが、
    その辺はLaunchなのでカジュアルにと言う事なのでしょうね。

    息子さんと楽しい時間が過ごせましたね。

    フレンチにはワインかシャンパン
    私もそう思います。
    。o@(^-^)@o。ニコッ♪

    Launchだとどの辺りのワインかシャンパンがお薦めでしょうか。

    我が家は
    昨年の8月の
    ザ・プリンス パークタワー東京 33Fのブリーズ ヴェール以来、
    久しくフレンチは行ってません。

    この記事を読んで久々に行ってみたくなりました。≦(∩ェ∩)≧...ニャン

    最後に
    どの料理も美味しそうでナイス☆彡です。
    「Grand champsさん」は
    白熊さん一押しのお店なのでしょうね。

    ななみ

    2015/4/20(月) 午後 4:29

    返信する
  • 顔アイコン

    肉の塊、たまりませんね。

    ランチとは思えない内容。いつも全力投球のお店。

    やっぱり、行かねば!

    [ ゾンビランド ]

    2015/4/20(月) 午後 5:31

    返信する
  • こんばんはぁ〜
    豪華なフレンチ、まさにトレビアァ〜ンですねぇ。
    フォアグラのポアレに目が止まりましたねぇぇ〜

    [ 小美(チビ)ちゃん ]

    2015/4/20(月) 午後 5:50

    返信する
  • お昼にこれだけ手の込んだ料理を出してくださるなんて素晴らしい。目の前にお肉が出てくるとどっちも食べたくなりますよね。本当に芸術的な料理ですね。ポチ⭐︎

    おいしん坊

    2015/4/20(月) 午後 7:02

    返信する
  • アバター

    綺麗なお料理〜〜^^
    ハイビスカスのソース@@
    オシャレですね^^
    ホント、芸術的なお料理♪
    美味しいだけでなく見た目も綺麗だと
    女性は特に嬉しいですよね^^
    お家ご飯でも真似っこしたくなります^^
    お肉のボリュームすごい@@
    仔羊も美味しそう〜〜
    ポチ☆

    昨年も同じ頃に帰国したけれど、今年の方が寒かったです@@寒暖差激しいですね。

    ちょこたん☆

    2015/4/21(火) 午前 8:58

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事