ここから本文です
大阪の美味しいお店(o^^o)白熊の食日記
ご訪問ありがとうございます(*^^*)

書庫全体表示

こんにちは三連休にはキッチンを片付けて、食日記や家計簿をつけて、・・などと思っていたのに、なにもせぬまま、又夫とさしつさされつの晩ご飯になだれ込みそうです(^^;)(嬉しいけど

先日夫の仕事先の方とご一緒に、4人で京松蘭 南森町(大阪市北区天神橋3丁目2-2 06-6353-7666)さんへ行きました。
ご挨拶してすぐにビールで乾杯
三種類のキムチとモヤシナムルが運ばれてきました。ここの従業員さんはいつもテキパキと気持ちが良いですいつも通りクイーンコースでスタート
イメージ 1
自ら美味しいものが大好きな福本オーナーですから、牛すじ煮込みも実に良い味付けがされています
イメージ 2
のっけからご馳走の、和牛ローストビーフです
赤身の持つ甘みと柔らかさがキュッと詰まったヘレと、肉らしい濃厚な旨味に溢れているイチボ(牛のおしり)です食べ方も二種類
イメージ 3
塩焼き一番手は、鹿児島県産の和牛雌牛のロースです。このサシったら柔らかい肉の中から脂が溶け出して旨味甘みが口の中に広がります
イメージ 4
新鮮なお野菜もお店からのサービスです。
今回は姫路蓮根・パプリカ・ブラウンマッシュルーム・上州葱・安納芋・青森県産のニンニク・荏胡麻の葉。
他所みたいに申し訳程度という量でありません。サービス精神そのもの
イメージ 5
上タンはシコシコと厚みがあり、噛み締めれば気分は野獣(^u^)
シャトーブリアンって人生の中で何回味わえるんだろう(^^;)この4切れをホテルの鉄板焼きで出されたら、おそらく京松蘭のクイーンコース一人前分は軽く超えてしまう金額になることでしょう。
牛のヒレ肉の中心部に位置する部位で、繊細な赤身は牛肉界の女王陛下うっとりする旨味に脱帽です
イメージ 6
静岡県産の山葵と北海道のホースラディッシュなどが出されるので、最後まで全く飽きません。辛味大根は常連さんだけのサービスですこれに山口の甘めのお醤油をたらしたのを添えながら食べるお肉がまた素晴らしいのです
イメージ 7
赤ワインはいつもジラードを頼みます。お値段、ここでは信じられないことに本体にたった数百円しか足してないんです
それなのにワインを注文した方には、オランダの12か月熟成のチーズ、パラードまでサービスしてくれるのですから申し訳ないくらいです
イメージ 8
この日のビックリメニューは特上ハラミのユッケ
上物なので相当な脂がのっていますが、意外なくらいに綺麗に口の中で熔けて行きますΣ(´∀`;)
ユッケはもう何年振りかでいただきましたが、この食べ方、やっぱり直球ドストライクハラミのユッケなんてここならではでしょう。ありがたやありがたや
イメージ 9
タレの三種盛りです。サガリはハラミより取れる量が少ない希少部位
お肉の王女様的、それはぽってりと柔らかなヘレ
旨味しっかりのロース芯の上品なタレがいやがおうにもご飯を欲する味なのです
イメージ 10
〜と思えば、頼まずともご飯が出てきました。お店と常連の阿吽の呼吸というものです玉子の黄身にロース芯を付けて、ご飯と一緒にわんぐり)^o^(幸せいっぱいになれます
イメージ 11
ツラミのお造りまできました! 牛の頬肉やこめかみの、よく動かす部位。
脂には独特の甘みとコクがあり、食べているとこちらの舌まで蕩けそう
イメージ 12
なますとオクラの醤油漬けもサービスです。
こうしてさっぱりとした合いの手を用意して下さるところは、串カツや天麩羅のお店でも見習っていただけたらと思います。
イメージ 13
塩ハラミは酢橘でさっぱりと
この辺りになると夫よりもずっと年下の方でも「量が多いですね」とたじたじとなられました(^^;)
でもハラミも肉質が柔らかいから、ちゃんと全部食べられるのです
イメージ 14
このスープがまた値打です他所でこんな美味しい和製スープにお目にかかったことはありません(*^-^*)小さなお子さんにも是非飲ませてあげたいです
イメージ 15
アブシンは辛子醤油ですすめられます。
歯切れ良いキュッとした噛み心地が癖になりそうなあっさりとした部位です
イメージ 16
最後は上ミノです。引き締まったお肉にそれは細やかな包丁が入れてあります。お客さん思いの具現化
ここの美味しいタレをいっぱい含んでいます。白熊親子の京松蘭ホルモンナンバーワンです(∩´∀`)∩
イメージ 17
美味しいものを食べる時ほど幸せな時間がありましょうか
約必須なお店なのでとれないことも多々ありますが、白熊一家が「お肉ならここ!」と決めているお店です

サークルで関連記事を探してみよう!

この記事に

  • 白熊さん、こんにちは (^▽^)/

    焼肉の「京松蘭 南森町」さんも間違いないお店ですねー!
    ヘレとイチボにはニンニクのスライスと葱が乗せられていますが、黒っぽいのは塩昆布ですか?
    鹿児島県産の和牛は芸術品の様なサシが入っていて素晴らしい肉ですねー^^
    この後は特上ユッケとタレの三種盛り、ツラミのお造り・塩ハラミにアブシン(?)・・・初めて聞きました
    肉・肉・肉のオンパレードでしたね!
    焼肉の香ばしい香りがここまで漂ってきそうです(笑)

    ナイス〜☆

    ヤマちゃん

    2019/2/12(火) 午前 5:10

    返信する
  • 何時もながら素晴らしいお肉ですね。野菜も分厚くカットされていて美味しそう。お肉の合間にチーズやナムルが出てきたりして口の中がリセットされてまた美味しく食べれますね。スープもほっこりするお味ですよね。

    おいしん坊

    2019/2/12(火) 午前 9:13

    返信する
  • アバター

    ここはやっぱり変わらず安定の
    ステキなお肉を楽しませてくれはりますね♪
    ユッケ好きとしてはこのハラミユッケは、
    無条件にヨダレもんです〜(≧∇≦)
    美味しいお肉で風邪も寄せ付けないパワー注入♪

    もとこ

    2019/2/12(火) 午前 11:18

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事