ここから本文です
星屑シネマ
星の数ほどある、映画や本の話など。

書庫全体表示

イメージ 1


極妻シリーズの1作目。
ラストだけは記憶に残っていたのですが
あとのストリーはほとんど忘れていました。

岩下志麻姐さん、綺麗ですね。
本当の美人って時代が変わっても、いつ見ても
美人なんですね。

ほかの女優さんは、今見たらはっきり言ってもう古臭い。
志麻姐さんだけはやはり別格なのでしょう。
全く色褪せておりません。

着物姿にピアスとネックレス
長く持つ煙草
まっすぐに見つめる眼差しも
本物は見たことないけれど
ヤクザの幹部の奥さんっぽい。

極道の妻って大変そうの一言です。
厳しい上下関係、仕事以外でのお付き合い
子分の面倒を見る・・
国家公務員の官舎で暮らすよりも気を使うでしょう。

だから志麻姐さんは妹のかたせ梨乃には苦労して欲しくない。
サラリーマンと、生活に困らないエリートと
結婚して欲しいとそう願ったのでしょう。
だけれど妹もまた、極道の男に惚れてしまいます。
そしてヤクザ同士の抗争に巻き込まれてしまいます。

志麻姐さんのカッコよさをただただ拝む作品。
やっぱりストリーはそのうち忘れてしまいそうな予感。笑



【作品情報】MovieWalkerより
暴力抗争下で、様々な境遇を生きる極道の妻たちの姿を描く。『週刊文春』に連載された家田荘子原作の同名ルポタージュの映画化で、脚本は「春の鐘」の高田宏治、監督は「十手舞」の五社英雄、撮影は同作の森田富士郎がそれぞれ担当。

  • このシリーズいつか一気見したいですね(^_^)綺麗なご婦人のタンカを切るところが爽快ですよね。

    atts1964

    2015/5/20(水) 午後 6:08

    返信する
  • このシリーズもセコビデオ&録画ビデオで全部ありますです(笑)健さんのシリーズや文太兄貴のシリーズとは、また一味違いますやっぱり姉御の存在感大ですね大好きなシリーズなんですが、後半はちょっとてな感じですかね?寅さんや釣りバカシリーズに似てるかな!?(笑)(´∇`)

    [ なにわの野良犬 ]

    2015/5/20(水) 午後 7:46

    返信する
  • 若い頃、男友達と観ましたが、この役は志麻姐さんしかできない気がします

    運送業のバイトをやっていた頃、実際の極道の妻の荷物を納入したことがあり

    ますが、どしどしクレームをつけて、何度も同じ商品を入れ替えたことがあり、

    私は第三回目の納入時、任務に関わりました

    まぁ、こちらはGメンだから、相手から「おやっさん」と呼ばれてもよかった

    の ですが、誠心誠意の納入をして現場を後にしました

    やましんGメン

    2015/5/20(水) 午後 7:56

    返信する
  • 顔アイコン

    attsさん、原作はルポルタージュということでこの一作目がイチバン本物の極道の妻っぽいですね。
    これ以降はだんだんと派手な殺陣になっていくようです。
    イッキ見したいシリーズもの、何作もあって困る・・笑

    ベベ

    2015/5/22(金) 午後 0:51

    返信する
  • 顔アイコン

    なにわの野良犬さん、ドル箱映画はシリーズになり、そしてやがてマンネリ化・・・なっちゃいますよねえ。
    高島礼子姐さんも綺麗ですが、やっぱり志麻姐さんです!若い頃はキュートでめちゃ可愛かったのにこんな姉御になるとは・・

    ベベ

    2015/5/22(金) 午後 0:54

    返信する
  • 顔アイコン

    やましんGメンさん、運送業のお仕事とかしているとイロイロなお客様との出会いがあるでしょうね〜
    極道の生活もプチ垣間見てしまったんですね。笑
    ・・「おやっさん」今度呼んであげます。笑

    ベベ

    2015/5/22(金) 午後 0:56

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事