ここから本文です
星屑シネマ
星の数ほどある、映画や本の話など。

書庫全体表示

野獣死すべし(1980)

イメージ 1


大藪春彦氏の原作をほとんど無視した内容だそうで
角川の本を売るための映画製作という企業戦略に反したこの完成品を見て
プロデューサーの角川春樹が大激怒したそうです(笑)

ハードボイルドも解釈を一歩間違うと、サイコになってしまうのか
ニーチェを読み過ぎた優作さんの大暴走


このゾンビ男を演じるために優作さんは8キロの減量をし
奥歯を4本抜いて撮影に臨んだそうです
優作さんはデ・ニーロのファンだったそうで
ここでも「タクシー・ドライバー」を意識したように思えます
ロシアン・ルーレットは「ディア・ハンター」
全体の雰囲気は、「地獄の黙示録」の失敗作とでもいいましょうか


イメージ 2


でも前半の銀行強盗のあたりまではよかったです
「銀座ジュエルの永友さん」のアイディアには唸りますし
クールな優作さんと、激情型の鹿賀丈史さんの対比もいい

鹿賀さんといえば「料理の鉄人」のイメージしかないんですけど(笑)
レストランでのウェイターのキレっぷりはなかなかのもの
優作さんを喰ってしまうんじゃないかと思うほど好演でした


ヒロインはアンニュイが代名詞の小林麻美さん
彼女の演技を見れるのは希少なのだそうです(ただし大根)
銀行で好きな男に非情に殺されてしまうのはよろしい


イメージ 3



そして後半は、狂気に満ちた精神世界を描いた
暗黒サスペンスになっていきます
一番印象に残るのはやはり「リップバンウィンクル」の話
全く意味のない話を、完全にイカれきって話す優作さん
それがすごい迫力を生んでいます

「ラム、クアントロ、それにレモンジュースを少々、シェイクする」
「XYZ」
「そう、これで終わり、って酒だ」
室田日出男さんが「XYZ」というカクテルの名前を知っていて
このヒントだけで、すぐに答えられたのは驚きでしたけど(笑)


(軍隊経験がないのに)軍服を着て洞窟のひとり芝居は
ないほうが良かったですね
その間ひたすら腰を動かしていなければならない
鹿賀さんが不憫でたまりませんでした(笑)

時折見せる左手を上げるポーズは
釈迦誕生をもじった野獣生誕のポーズなのだそうです


イメージ 4


ラストの日比谷公会堂でのシーンは(私は死んだと思っていた)
室田日出男さんに復讐されたという解釈で正しいのでしょうか

それとも室田日出男さんは亡霊で
銃に撃たれたように見えたのも
フラッシュバックで倒れただけなのでしょうか


ハードボイルドというよりは、優作さんのサイコ映画
もし生きていたら、デビット・フィンチャー監督作品に
出演して欲しいと願うような怪演でございました


  
【解説】allcinemaより
ハードボイルド作家大藪春彦の同名小説を1959年の仲代達矢主演作につづき再映画化。遊戯シリーズのコンビ、村川透監督、松田優作主演。伊達邦彦は、通信社のカメラマンとして世界各国の戦場を渡り歩き、帰国して退社した今、翻訳の仕事をしている。普段は落ち着いた優雅な日々を送っているが、戦場で目覚めた野獣の血が潜在しており、また、巧みな射撃術、冷徹無比な頭脳の持ち主であった。ある日、大学の同窓会に出席した伊達は、その会場でウェイターをしていた真田に同じ野獣の血を感じ、仲間に入れ、銀行襲撃を企む。

  • 顔アイコン

    これも殆ど松田優作が演出してます。なのに全て監督の責任とされて監督のみ角川映画出禁になってしまいました。リアルタイムでは面白く観た口ですが(小林麻美が射殺されるトコとか)、改めて観るとやりたい放題ぶりが凄いですね(ちなみに1959年に製作されたオリジナル版の『野獣死すべし』は傑作だと思います)。
    昔デ・ニーロ主演の『キング・オブ・コメディ』を観終わって、館内が明るくなり後ろを見るとサングラスをかけた大男が立っていて、松田優作でした。

    [ 原達也 ]

    2017/9/30(土) 午後 4:02

    返信する
  • 顔アイコン

    おっさん世代は大藪春彦の原作から入ってますからねぇ〜、、無論この映画化された際も見てはいるのですが、、ナンか途中から恥ずかしくなって来た記憶が、。やっぱり松田優作は”ブラックレイン”がダントツです。リドリー監督にあれだけ素晴らしい演技を褒められたのが何となく悔しい、日本人監督だったらね、。

    guch63

    2017/9/30(土) 午後 5:29

    返信する
  • 顔アイコン

    原達也さん、優作さんと同じ劇場でデ・ニーロ映画を見たなんてすごい偶然ですね

    あらら、村川透監督は角川映画出禁になったのですか
    原作と全く違う内容となれば角川の怒りを買ってもしょうがないですよね
    さすがにドル箱スターの優作さんは手放せなかったのでしょう

    仲代達也さん版もぜひ見てみたいです

    ベベ

    2017/10/1(日) 午後 2:18

    返信する
  • 顔アイコン

    guchさん、優作さんはあまり前面に出るより、わき役のほうが私もいいと思いましたね(笑)

    guchさんは大藪春彦世代ですか
    私は平井和正や西村寿行はいくらか読んだのですけれど、日本のハードボイルド小説はほとんど知りません

    ベベ

    2017/10/1(日) 午後 2:22

    返信する
  • 顔アイコン

    あ、こちらもご覧になったのですね。
    夜行列車のなかでの優作の目がすごかった。完全に別の世界の行ってしまっている目でした。
    TBさせてください。

    [ あきりん ]

    2017/10/1(日) 午後 10:27

    返信する
  • 顔アイコン

    あきりんさん、「リップバンウィンクル」を話す優作さんはどこかにイッていましたね(笑)
    スゴイ演技なのですけれど、終盤はもう何をしたいのかわけがわからなくなっていました(笑)
    トラバありがとうございます♪

    ベベ

    2017/10/2(月) 午前 10:53

    返信する
  • 顔アイコン

    室田との列車内でのやりとり、リップバンウィンクルのくだり、昔々高校時代に夢中になりましたよ、この作品があるから優作はすごい、、、松田優作の中で一番好きかも、、、

    [ たっふぃー ]

    2017/10/2(月) 午後 0:38

    返信する
  • アバター

    これ、封切り直後に映画館で観ました
    同時上映:中村雅俊&勝野洋の刑事(デカ)珍道中だったので
    松田優作と中村雅俊を1本の入場料で観られる一石二鳥でしたわ

    映画の出来ともかく、銀幕で観ると
    銀行で小林麻美撃つ場面とか、芸術的ですよ

    おかげで、小説の伊達邦彦シリーズは全部、松田優作のイメージに

    mathichen

    2017/10/2(月) 午後 4:29

    返信する
  • 顔アイコン

    たっふぃーさん、「リップバンウィンクル」のくだりの優作さんは何かに憑りつかれたかのように本当に不気味でしたね
    男性(特に若い時)なら優作さんのこのカリスマに夢中になるのは当然だと思います

    大藪春彦さんの原作はタイトルも非常に良くて惹かれます

    ベベ

    2017/10/2(月) 午後 7:38

    返信する
  • 顔アイコン

    mathichenちゃん、お!封切りで劇場で見ましたか
    「刑事珍道中」(これも見ていません)と同時上映とはすっごくお得な気がします!
    今では2本立ては早稲田松竹くらいしかありませんっ!!

    多くの優作ファンがやはり小林麻美さんを撃つシーンは芸術的だとレビューしていました

    いつか原作も読んでみたいなあ

    ベベ

    2017/10/2(月) 午後 7:43

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事