ここから本文です
星屑シネマ
星の数ほどある、映画や本の話など。

書庫全体表示

陽はまた昇る(2002)

イメージ 1


「何事も、人、ですなぁ」


2000年に放送されたNHK「プロジェクトX〜挑戦者たち」で
「窓際族が世界規格を作った〜VHS・執念の逆転劇〜」と
紹介されたエピソードの映画化ということ

VHS・ベータ戦争をもとにした実話+フィクション
西田敏行演じる加賀谷静男は「VHSの父」と称される
高野鎮雄(192392)がモデルだそうです


若い頃はずいぶんレンタルビデオ屋さんに通いました
店内で映画やミュージックビデオのジャケットを見て回るだけで
時間があっという間に過ぎてしまいました()

だけど、ビクターがVHSの生みの親だということは
この作品を見て初めて知りました

イメージ 2

高卒で開発一筋、しかも定年も間近の男が
ビクタービデオ事業部部長就任の辞令を受けます
しかし社内ではビデオ事業部の部長就任は
クビ同然と囁かれていました

そして、リストラが経営であるかのように語られた時代
社員をだれひとりリストラしないという信念の元
敢えて開発に打って出るのです

技術者が自ら営業にいく(商品知識があるため)という手法を立て
困難を知恵と努力で乗り切る
その姿勢はやがて社員たちにも伝わっていきます

徹夜で泊まり込みの作業、サービス残業でしょう
夢と情熱を最後までもち、ついにVHSの開発をやり遂げるのです
しかし販売までにはさらなる困難がありました
加賀谷松下幸之助に直訴に行くことにします

やはり松下幸之助さんの発言力は、当時の家電業界では
相当なものだったのではないでしょうか
松下さんが「いい物」と言ったら、それは「いい物」なのです


しかしSONYにも同じくベータ開発までには
凄まじい努力があったはずなのです
SONYとの確執や、SONY側から見た展開や
開発に当たるメンバーにもスポットライトを当てたなら
もっと共感できた気がします


イメージ 3


それでも「人と人との繋がり」が
「成功に繋がる」という結果はやはり感動しました
人間にはハートがあって、ハートで人を動かすことができるのです


この作品を見ている途中、息子が
「おかあさん、ビクターって何?」と質問してきたのです
今の子はビクターを知らないことに驚きました
ステレオやコンポも知らないのです

調べたところ、価格低下、ノンブランドの台頭、商品サイクルの短命化
DVDレコーダーの欠陥による損失、ブランドイメージの悪化によって
2004年には赤字転落
2005年度には306億円の当期純損失

2007年、ケンウッドとビクターでJ&Kテクノロジーズ株式会社を新設
2008年、JVC・ケンウッド・ホールディングス株式会社を設立
2011年、株式会社JVCケンウッドに吸収合併され
日本ビクターは84年の歴史に幕を下ろしたということです

この成功の後の凋落ぶりも、また物語だと感じました

80年代〜90年代に現役でサラリーマン生活をしていた男性が
この映画を見たら、もしかしたら
泣いてしまう方もいるのではないでしょうか



【解説】allcinemaより

 リストラを迫られながら一人の馘切りもすることなく、家庭用VTRの分野で当時技術的にも優位に立っていたソニーのベータマックスを打ち負かし、ついには世界標準にまで上り詰めた日本ビクタービデオ事業部の伝説の美談を映画化。この有名なベータとVHSによるVTR戦争は人気番組「プロジェクトX」でも取り上げられ、VHS側からの一方的な描写にごく一部のベータ・ファンからは疑問を呈する向きもあったものの、その単純明快な一発逆転の成功譚に多くのサラリーマンが涙した。
 家電AVメーカー・日本ビクター本社開発部門に勤める開発技師、加賀谷静男。あと数年で定年を迎える彼に、横浜工場ビデオ事業部への異動命令が下りる。そこは赤字続きの非採算部門。加賀谷に課せられた指令は大規模なリストラだった。しかし、加賀谷は従業員たちに向かって夢だった家庭用VTR開発の決意を打ち明ける。しかも一人の馘も行わないというのである。それを聞いた次長の大久保は止めに入った。それもそのはず、本社がリストラ対象の赤字部門にそんな計画を認めるはずもない。ましてや、この時、家電メーカーの雄・ソニーが商品化にあと一歩の所まで漕ぎ着けていたのであった……。



  • 顔アイコン

    実話を基にした+αのフィクション映画はちゃんとまとまってると良いですよねヽ(^o^)丿
    それとビクターが今ない事を知って少しショックでした(^_^;)

    [ ナッパ ]

    2017/12/16(土) 午後 3:36

  • 顔アイコン

    これ、当時見て感動しましたよ
    邦画はあまり見ないのですが、今でも記憶に残っています
    日本人なら見てもらいたい映画ですね〜

    こうのすけ

    2017/12/16(土) 午後 3:37

  • 顔アイコン

    泣きましたよ泣きましたよ、、もう画面が見えないくらいに、、、(;_;)。しかしこれって最近の池井戸ドラマに通じている気がするんですよ、、要するに古くは”ベンケーシー”とか”ドクターキルデイア”今は”ドクターX”のおねいさん、、早い話、ちっとも変わってないんです、歴史は繰り返す、に尽きるような、。

    guch63

    2017/12/16(土) 午後 7:27

  • 顔アイコン

    ソニーの大賀さんや、松下(パナソニック)の幸之助さんのそっくりさんも出ていましたね。

    VHS対ソニーの方式戦争に勝ったVHSの成功物語でした。ソニーの大賀社長(当時)は、ベータ方式劣勢の中、1980年代の半ばにスペインのベータ工場の視察に訪れた時に、我々特派員記者に対して「みなさん、ベータをいつ辞めるんですかとは聞かないでくださいね」とベータ方式のカムコーダーを使って逆に記者連中を撮影するなどのポーズを見せていました(笑)。

    VHSは松下がグループ作りに成功して、勝利しましたね。技術的にはベータが上という評価が多かったですが、販売の松下に負けたということでしょうね。

    TBさせてください。

    fpd

    2017/12/16(土) 午後 9:45

  • こんにちわぁ♡
    実話の方は、観ましたー♡
    映画も良いですねぇ♡

    わか

    2017/12/17(日) 午前 11:34

  • 顔アイコン

    ナッパさん、そうなんです、ビクターはなくなっていたのです
    だから今の若い子はビクターを、あのスピーカーに耳を傾けるワンちゃんを、知らないのですよ〜ショック!

    ベベ

    2017/12/17(日) 午後 4:20

  • 顔アイコン

    こうのすけさん、感動しましたよね(笑)
    会社の新人研修でこの映画を見せるといいと思いました
    こういうサラリーマンたちの頑張りが、今の豊かな生活を作ったのだと知って欲しいものです

    ベベ

    2017/12/17(日) 午後 4:22

  • 顔アイコン

    guchさん、やっぱり号泣しちゃいましたか( *´艸`)
    もう当時の管理職や技術者は開発のためには会社に寝泊まりして、会社と結婚するようなものですね(笑)
    だから出来上がった商品には子どものような愛情が湧くのでしょうね
    本当の息子のほうは反抗期でしかけど(笑)

    ベベ

    2017/12/17(日) 午後 4:26

  • 顔アイコン

    fpdさん、結果VHSのほうが成功しましたけど、ベータのファンというのも多くいたようです
    なるほど、「販売の松下」なのですね

    作品のほうではソニーの大賀さんやパナソニックの経営陣はちょっと悪役に描かれていましたね
    私的には製品の開発においての技術的な面ももっと描いて欲しかったです(見てもわかんないんだけどねw)

    トラバありがとうございます♪

    ベベ

    2017/12/17(日) 午後 4:32

  • 顔アイコン

    わかちゃん、「プロジェクトX」版はかなり評判がいいみたいですね
    私も図書館で見つけたら見てみたいと思いました♪

    それにしてもビクターがなくなっていたとは、思いもしませんでしたよお〜

    ベベ

    2017/12/17(日) 午後 4:35

  • 顔アイコン

    今となってはVHSはその存在すら(ほぼ)ありませんが、一方、敗者と呼ばれたベーターは進歩を続けながら映像業界で長らく現在に至るまで独占的に生き続けています、、、本当の勝者は、むしろソニーだったのです、、、しかし、映画はその時代を映つします、ドラマは語り継がれますね、、、

    [ たっふぃー ]

    2017/12/17(日) 午後 6:06

  • 顔アイコン

    たっふぃーさん、ベータって今でも製造していて、映像業界では使われているのですか
    そういえばアメリカで制作されるソニー系の映画はずいぶん多くなったような気がします、ソニーは映像部門に力を入れているのかも知れませんね
    映画のほうもソニー側からの視点があればもっと面白くなったと思いました

    ベベ

    2017/12/19(火) 午前 11:26

  • 顔アイコン

    テレビ局などの放送機器、プロ用機器はほとんどがソニー製ですね。パナソニックもソニーを「モルモット」として、それを追いかけてばかりで、”まねした電器”と揶揄されていましたね。

    fpd

    2017/12/19(火) 午前 11:44

  • 顔アイコン

    > ベベさん

    放送の現場や様々な映像の現場ではソニーは生き続けています、プロの世界では独占状態で、VHSが入り込む余地は当初からありませんでした、クオリティとコンパクト性でVHSは劣っていたのです、、、そういう側面を描いたら又違った見方になったでしょうね、、、

    VAIOが撤退とか、ケイタイがダメとか、リストラとか、ソニーの負の部分は語られますが、ストリンガーって社長に荒らされた結果で、今は落ち着き順調にソニーらしく生きていますね、とくにセンサー技術は世界ナンバー1で、これからの世界は医療、工業、日常生活にもセンサーなしでは成り立ちませんから、家電やオーディオ機器から脱却に成功したのですね、、、そして映像の世界でも映画用のキャメラはソニーが幅を利かせています、これもいち早くフィルムからデジタルに投資した結果の表れです、、、

    [ たっふぃー ]

    2017/12/19(火) 午前 11:47

  • 顔アイコン

    fpdさん、プロ用の機器はほとんどがソニーなのですか
    家庭ではパナソニックや日立といったメーカの家電のほうが馴染みがありますが
    プロの人間が遣う機材は違いますものね(趣味でプロ用を使う人もたまにはいますけど

    ベベ

    2017/12/19(火) 午後 1:17

  • 顔アイコン

    たっふぃーさん、この作品ではソニーは「悪役」のように描かれていましたが(笑)
    やっぱりソニーは世界に先駆けたすごい技術をもった会社なのですね
    今後の活躍にも期待したいですね

    ストリンガー社長って知りませんでしたけれど、ウィキで読んだら本人も「ドジを踏んだ」と発言しているようです

    ベベ

    2017/12/19(火) 午後 1:24

  • 顔アイコン

    プロジェクトXはしっかり見ていました。これも感動の映画でしょうね。読んでいてみウルウルしてきます。できれば映画でも見てみたい。
    東芝は、ビクターの音楽部門切り離して、原発にのめり込み、文化の軽視が墓穴をほりましたね。

    mimi

    2017/12/22(金) 午後 0:36

  • 顔アイコン

    mimiちゃん、プロジェクトXは人気番組のようですね、見ていましたか♪
    ビクターがなくなっていたのには驚きましたが、東芝もまさかこんなことになるとは思ってもみませんでした

    経営者の考えひとつで会社の運命は良くも悪くも大きく変わるのは事実だと思います

    ベベ

    2017/12/22(金) 午後 1:04

  • アバター

    ヴィデオレンタルを見据えると
    「アダルトが観られるか、観られないか」
    これも、アダルトに積極的だったVHSの勝利要因でしょね
    技術的にはベータ有利でも、オトコどもの需要には勝てないわけで

    mathichen

    2017/12/26(火) 午後 4:52

  • 顔アイコン

    mathichenちゃん、今でこそネットで自由になんでも検索できて、相当なエッチも鑑賞できますが(*'▽')

    「アダルトが観られるか、観られないか」という、単純便利なことが売り上げを伸ばしたという、理由もナルホドです

    需要に勝つ!が、やはりマーケティングの秘訣ですね

    ベベ

    2017/12/26(火) 午後 9:21

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事