ここから本文です
星屑シネマ
星の数ほどある、映画や本の話など。

書庫全体表示

海月姫(2014)


イメージ 1


「洋服とメイクで女の子は、変身できる」




東村アキコさんや、さくらももこさんの漫画って
ギャグなのですが、女性が見て
「あるある」ネタがとても多く、笑えて共感します



映画はそんな東村アキコワールドに
かなり忠実だとは思いましたが
実写にすると、やはりわざとらしい()
TVドラマの監督のせいか、演出も少々クドい



「この世界の片隅に」もでしたが
能年玲奈ちゃんの声はここでも聞き取りにくいです
早口になると、何を喋っているのかわからないレベル
今後は映画でしか活躍の場がないのであれば
ボイストレーニングをしたほうがいいでしょう
いつまでも若く、可愛いわけではないのです



でもつまらないことはなかったですよ
菅田将暉クンの女装は見てすぐ
男だってわかりますけれど(喉仏
華奢で脚も綺麗ですし、チャーミング
後半では男装のほうに違和感を覚えたくらいです()




イメージ 2



クラゲヲタクでイラストレーターを目指す倉下月海(能年玲奈)
鉄道オタクのばんば(池脇千鶴)
三国志オタクのまやや(太田莉菜)
枯れたおじさまに心酔する、枯れ専ジジ(篠原ともえ)
和物を好む千絵子(馬場園梓)
そんな5人あわせて”尼〜ず”



ある日月海はペットショップで、お気に入りのクラゲを
女装趣味の蔵之介(菅田将暉)に救ってもらい
いつの間にか蔵之介も”尼〜ず”の仲間になっていました



そして彼女らの根城である天水館が
再開発で取り壊しになるのを阻止するため
クラゲをモチーフにしたドレスで
ファッションショーを開こうとします


そして、東村アキコさんの漫画には必ず性悪女が出てくるのですが
その徹底したいやがらせぶりも、ここまでやると逆に清々しい



イメージ 3


デベロッパーの担当者である稲荷(片瀬那奈)も
美人ですが、仕事と恋のためならなんでもやります
そして何があっても打ちのめされない逞しさ(笑)


ついに天水館の取り壊しが決まってしまいます
失意に打ちのめされる”尼〜ず”
だけど蔵之介だけはひとりでも諦めませんでした


イメージ 4


ファッションショーの成功も、ブランドの立ち上げも
すべてが蔵之介のおかげ
これはまさしく菅田将暉クンのための映画でしょう


でもラストはやっぱり、クラゲのドレスを着て
綺麗にメイクした月海に
華々しくランウェイを歩いてほしかった


ちなみに私が笑えたのは、イ様でした(笑)
「あるある」(笑)



【解説】allcinemaより
TVアニメ版も好評を博した東村アキコの同名人気少女コミックスをTV「あまちゃん」の能年玲奈主演で実写映画化した痛快シンデレラ・ストーリー。オタク女子の巣窟と化した男子禁制の古いアパートに暮らす女子力ゼロのヒロインが、突如現われた女装美男子と童貞エリートの兄弟との出会いをきっかけに、初めての恋や地上げ騒動といった試練に立ち向かい、悪戦苦闘しながら成長していく姿をコミカルに綴る。監督は「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」「映画 ひみつのアッコちゃん」の川村泰祐。

 イラストレーターを目指して鹿児島から上京したクラゲ命の女子、倉下月海。彼女の住む男子禁制のアパート“天水館”には、他にも鉄道オタクや三国志オタクといった個性あふれるオタク女子が集っていた。彼女たちは自ら“尼〜ず”を名乗り、“男を必要としない人生”をモットーに、己のオタク道を極めることにエネルギーの全てを注ぐ生活を送っていた。極度に人見知りの月海も、そんな男っ気ゼロの住人に囲まれ、恋やオシャレと無縁のお気楽で居心地いい毎日を過ごしていた。そんなある日、ひょんな出会いから、まるで美女にしか見えない女装男子・鯉淵蔵之介と知り合いに。蔵之介は月海の女子力を磨くことに楽しさを覚え、すっかり天水館に入り浸るようになる。そんな中、尼〜ずの聖地にして最後の砦=天水館が地上げによる取り壊しの危機に直面してしまう。


  • こんばんは(^-^)/

    原作マンガは、好きで読んでいました。

    [ ara***** ]

    2018/1/19(金) 午後 7:30

  • 顔アイコン

    人物達は アニメっぽいんですが
    実写なのね

    [ フミ(オッサン) ]

    2018/1/19(金) 午後 7:59

  • この作品、池脇千鶴と太田莉菜の変貌ぶりがすごいですね。

    [ ぐ〜 ]

    2018/1/19(金) 午後 8:09

  • 顔アイコン

    ドラマになりましたね。
    今そっちを見ていますが、映画はドラマ版が終わったらと思っています。

    atts1964

    2018/1/19(金) 午後 9:07

  • 顔アイコン

    内容よりも、最後まで池脇千鶴や篠原ともえが出演している事が全然分からなかった事にショックを受けました。結局おいしい所は菅田クンに食われてしまって、その意味も含め能年さんとしては余り思い出したくない作品かも…。

    [ 原達也 ]

    2018/1/20(土) 午前 4:38

  • 顔アイコン

    arashiさん、東村アキコさんの漫画は高い支持を誇っていますね
    自分の価値を持っているヲタクって私は結構好きですよ(笑)
    こういうアパートがあったら住んでみたいと思います

    ベベ

    2018/1/20(土) 午前 11:05

  • 顔アイコン

    フミさん、人気漫画がアニメになって、実写版映画になって、今は月9でドラマが放映されているようです

    人物はかなり原作を再現していると思いますよ

    ベベ

    2018/1/20(土) 午前 11:07

  • 顔アイコン

    ぐ〜さん、太田莉菜ちゃんはモデルになったとき太田莉菜ちゃんに帰ってきましたが
    池脇千鶴ちゃんは最後まで誰だかわかりませんでしたね(笑)
    おしゃれ番長の篠原ともえちゃんにももっと活躍の場がほしかったところです

    ベベ

    2018/1/20(土) 午前 11:10

  • 顔アイコン

    attsさん、ドラマも見ているんですか?
    映画とブログのほかにテレビも見るなんて、時間のつくり方がうまいです( ´艸`)
    菅田将暉クンに比べると、ドラマのほうは少し評価が下がっているようですね

    ベベ

    2018/1/20(土) 午前 11:12

  • 顔アイコン

    原達也さん、池脇千鶴ちゃんと篠原ともえちゃんは最後まで素顔を見せませんでしたね
    そうなんですよ、すべて菅田クンがもっていってしまって、やはり最後はヒロインにランウェイを歩かせるべきだと思いました

    でもこの作品の、特にシュウシュウとデートした時の、能年玲奈ちゃんはとっても可愛かったです♡

    ベベ

    2018/1/20(土) 午前 11:16

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事