ここから本文です
星屑シネマ
星の数ほどある、映画や本の話など。

書庫全体表示

海街diary(2015)


イメージ 1


映画賞を総なめにするほどの傑作だったか、といえば

それほどでもなかった気もしますが()


ゆったりしたテンポで、よくまとまっています

それに今が旬の女優演じる

キラキラした4姉妹が出てるだけで目の保養

これだけでも評価が高くなったのでしょう



ある夏の日、鎌倉に住む三姉妹のもとに
15年前、愛人と去った父の訃報が届きました
父の葬儀で、三姉妹は腹違いの妹すず(広瀬すず)と出会います
すずの母親はすでに亡くなっており
その後父が再婚した義母とはうまくいっていませんでした
長女の幸(綾瀬はるか)はすずに
「鎌倉で一緒に暮らさない?」と声をかけます


次女の佳乃(長澤まさみ)と三女の千佳(夏帆)も
そのことに賛成し
鎌倉の古い家で4人の共同生活がはじまります
イメージ 2
ごはんを食べる、お風呂に入る、障子張り、梅酒を漬ける

ぶつかりあい、笑い合う

女っ気キュンキュンムンムン、とにかく女子力が高い

容姿も性格も違っていて、まるで女子寮を覗いているよう


私は男の兄妹しかいないので、姉妹って羨ましいですね

本当によく喧嘩もするけれど、助け合い

大人になってからも実家に集まり、ずっと仲がいい


その分居心地が良すぎて、3姉妹以上だと

なかなか結婚しなかったり

嫁に行っても出戻ってしまうことも多いそうですが


イメージ 3

彼女たちも、嫁に行かない(笑)

長女の幸は勤め先の病院の医者と不倫関係

それも甲斐甲斐しく、まるで奥さんのようにご飯を作って

家事をしてあげている


冗談じゃないよ

なんで妻子ある男にメシ作んなきゃいけないの
私ならせめて、ちゃんとしたデートをしてもらう

高いビルにある夜景の綺麗なレストランとか

ディナーショーとかに連れて行けって言うわ

だから、誰も誘ってこないわ(笑)

イメージ 4

一方次女の佳乃は年下の恋人に金を貢いでいます

います、います、こういう女も

いくらまわりが「別れたほうがいい」っていってもダメ

「彼に頼られている」と、いい意味の解釈をしてしまうのです

相手がお金目当てで付き合っているとわかるまで相当時間がかかる

そして別れる度、仕事に生きる決意をするのです

そしてまた同じような男と付き合ってしまう

それでもこのふたりが
きっぱり相手の男と別れたのは清々しい

原作は吉田秋生さんというだけあって

女性の心理を描きかたや、共感させるのがやはりうまい


イメージ 5

三女の千佳はマイペースな癒し系

勤務先のスポーツ店の店長と交際していて


末っ子のすずは地元のサッカークラブに入籍

なかなかうまく、同じクラブの男子と仲良くなっていきます

自転車二人乗りで桜のトンネルを行くシーンは必見



そんな若い女性の「あるある」に、”病気”や“死”

葬式とか法事とかの経験が入り

姉妹はより本物の家族らしくなっていくのです

しかし4美女優+樹木希林+大竹しのぶに対して

男優陣はまったく魅力がありませんでした

スポーツ店の店長、池田貴史が唯一よかったくらいです()


イメージ 6

海の見える道や、坂道を歩く

海を眺めるシーンはよかったですね

私も函館の坂の上にある高校に通っていたので

思い出の風景を眺めているような懐かしさがあり

そこはちょっと感動しました


次の休日には、ちょっと鎌倉に行って散歩したくなる

そんな映画でした




【解説】allcinemaより

人気少女漫画家・吉田秋生の同名傑作コミックスを「歩いても 歩いても」「そして父になる」の是枝裕和監督が映画化。鎌倉の古い一軒家に暮らす3姉妹が、腹違いの妹を迎え入れ、それぞれに複雑な想いを抱えながらも日々の暮らしを通して家族としての絆を紡いでいく1年の物語を、鎌倉の四季折々の美しい風景とともに綴る。主役の四姉妹には綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず。共演に加瀬亮、鈴木亮平、樹木希林、リリー・フランキー、風吹ジュン、堤真一、大竹しのぶ。
 鎌倉の古い家に暮らす幸、佳乃、千佳の香田三姉妹。父は不倫の末に15年前に家を出て行き、その後、母も再婚してしまい、今この家に住むのは3人だけ。ある日、その父の訃報が3人のもとに届く。父の不倫相手も既に他界しており、今は3人目の結婚相手と山形で暮らしていた。葬儀に参加した三姉妹は、そこで腹違いの妹すずと出会う。父が亡くなった今、中学生のすずにとってこの山形で身寄りと呼べるのは血のつながりのない義母だけ。気丈に振る舞うすずだったが、肩身の狭い思いをしているのははた目にも明らか。すずの今後を心配した幸は、別れ際に“鎌倉で一緒に暮らさない?”と提案する。こうして鎌倉へとやって来たすずだったが、最初は自分の母が幸たちの父を奪ったことへの負い目を拭えずにいた。それでも、異母姉たちと毎日の食卓を囲み、日常を重ねていく中で、少しずつ凝り固まった心が解きほぐされていく。また、入部した地元のサッカーチームでも仲間に恵まれ、中学生らしい元気さも取り戻していくすずだったが…


  • 顔アイコン

    異母姉妹が仲良くなるのはいい話です。
    ただ、仲良くならなくてもご当人が幸せならそれでもいい。この監督は「誰も知らない」「歩いても歩いても」「そして父になる」など変わった親子関係をいろいろと見せてくれるので、割と好きです。
    TBさせてください。

    ギャラさん

    2018/5/18(金) 午後 4:19

    返信する
  • 顔アイコン

    大好きです!

    是枝の中でもかなり上位に好きです、、、傑作とか名作と今は言ってはいけませんね、、、20年後、その時の観客たちも何か感じるものがあった時「名作」と評価が下されるでしょうね、、、今はフェバリットな大切な作品くらいの位置付けで良いですね

    可愛いだけでなく、姉妹たちのキャラが立っていて、まさしく「daiary」日記のように彼女たちの日々が一貢づつ切り取られいるようです、、、そして邦画史上屈指の桜のシーン、、、そして海辺を歩く彼女たちのラストシーン、これは美しかった、、、TB Pls〜

    [ たっふぃー ]

    2018/5/18(金) 午後 4:51

    返信する
  • 顔アイコン

    個性の違う4姉妹、でもそれぞれに魅力的な女優さんが演じていたので華がありましたね〜。
    家族で色々あったのに、母の違う妹を受け入れようと考えたところから、ほのぼの感も…^ ^
    私は好きな映画でした。でも仰るように、男性陣は心に残るような人いませんでしたね。桜のトンネルを行くシーンは良かったですが…。

    mimi

    2018/5/18(金) 午後 5:23

    返信する
  • 顔アイコン

    豪華な女優陣の共演でした。ゆったり流れていくドラマで、大感動ではなかったですが良い感じが伝わってきました。
    TBお願い致します。

    atts1964

    2018/5/18(金) 午後 5:48

    返信する
  • 是枝監督の演出力がやっぱり光る映画かなと。
    まるでドキュメンタリーのような、雑談の演出なんかは、何度見ても心地が良いし、どう演出しているのか裏側すら気になります笑。
    そうそう、目の保養にも良いですね笑。是非ともこの家に招待されたいです笑。

    WANTED222

    2018/5/19(土) 午前 0:17

    返信する
  • 顔アイコン

    自省をこめての事ですが観る側がヘビィな物を求め過ぎなのかも…って気もしました。その意味で言えばこういう程好い緩さもある作品が日本映画にもっとあれば…とも思いますね。長女役で演技力も見せた綾瀬はるがですが、同時期に出演した映画では以前のままのボケキャラな演技でした。

    池田貴史は本職ミュージシャン(キーボード奏者)ですね。本職じゃない人が一番良かったというのはちょっとヤバい…。

    [ 原達也 ]

    2018/5/19(土) 午前 9:00

    返信する
  • 顔アイコン

    ADsoさん、4美女姉妹で華やかでしたよ〜特に広瀬すずが瑞々しくてよかったですが、大人の男性が好みというにはちょっとヤバいですね(笑)

    私の周りでも女ばかりの姉妹って仲が良くて羨ましいのですが、男運のない人がやはり多いです

    ベベ

    2018/5/19(土) 午後 6:04

    返信する
  • 顔アイコン

    fpdさん、だから誰も誘ってきません(笑)
    女性が尽くしたり、バリバリ仕事をすると、男性がダメになるんですよ(私の勝手な信念)

    旬の女優の共演で画面がキラキラしていましたね
    鎌倉の風景も素敵でした
    トラバありがとうございます♪

    ベベ

    2018/5/19(土) 午後 6:08

    返信する
  • 顔アイコン

    ナッパちゃん、本当に時が経つのは早いです!(>_<)
    こないだのことが3年とか5年前のことですもの(笑)
    広瀬すずちゃんも今では大人っぽくなってきましたね(*'▽')
    4姉妹見るだけで目の保養になりますよ〜

    ベベ

    2018/5/19(土) 午後 6:10

    返信する
  • 顔アイコン

    ギャラさん、この監督「昭和」っぽい家族というか家庭を描くのが上手ですね
    襖とか、押し入れとか、固くなって開けにくい窓とか(笑)
    だから見ていて懐かしい気持ちになりました

    トラバありがとうございます♪

    ベベ

    2018/5/19(土) 午後 6:13

    返信する
  • 顔アイコン

    たっふぃーさん、桜のシーンは奇跡ですね、偶然なのか、演技だったらすごい
    この作品がお気に入りの人はかなり多いですね
    導入部分から吉田秋生ワールドが見事に活かされていて唸りました
    実は内容は超ドロドロな話なのに(笑)それを爽やかに感じさせる手腕もすごい
    20年後にはどう評価されているでしょうね
    トラバありがとうございます♪

    ベベ

    2018/5/19(土) 午後 6:19

    返信する
  • 顔アイコン

    mimiちゃん、好きな映画なんですね、女性が見て「ある、ある」「いる、いる」ってすごく共感する部分が多いですよね( ´艸`)

    海の見える坂道桜のトンネル、鎌倉の四季の風景が素敵でした
    私も鎌倉に行って「ちくわカレー」(販売されているらしい)を食べようと思います(笑)

    ベベ

    2018/5/19(土) 午後 6:23

    返信する
  • 顔アイコン

    attsさん、ゆったりしているけれど、よくまとまっていましたね
    実は「男運」の悪い話なので、すごい感動というのはありませんが(笑)
    でもラストは爽やかな気分になれました

    トラバありがとうございます♪

    ベベ

    2018/5/19(土) 午後 6:26

    返信する
  • 顔アイコン

    WANTEDさん、4姉妹が戯れるシーンは、見ていて本当に心地いですね
    (オバチャン4人だったらどうなんだろう?笑)
    こういう家に男性が招待されたら、女子の団結力が強くて居場所がないですよ( ´艸`)
    外でデートしましょう(笑)

    ベベ

    2018/5/19(土) 午後 6:30

    返信する
  • 顔アイコン

    原達也さん、池田貴史さんはミュージシャンなんですか\(◎o◎)/!
    いい男ではないですけれど(失礼)素朴な自然体がこの作品にぴったりでした
    女子会の中に入っていけるタイプの男性です(笑)
    綾瀬はるかさんがしっかり姉さんで不倫とは、今までとはイメージの違うキャラでしたね
    そういう役を演じる年齢になったということなのでしょう

    ベベ

    2018/5/19(土) 午後 6:36

    返信する
  • 顔アイコン

    何年か前に観たのですが,是枝監督にしてはちょっとユルい感じのする映画でした。こういう映画も撮るんだな〜という印象が残っています。

    [ 飛行機雲 ]

    2018/5/21(月) 午前 10:20

    返信する
  • 顔アイコン

    おだやかな日常生活に見えながら、内実はそうでもない・・・、どこか居直ってしまった女性の強さのようなものも感じました。
    TBさせてください。

    [ あきりん ]

    2018/5/21(月) 午前 10:48

    返信する
  • 顔アイコン

    飛行機雲さん、監督はかなり原作を意識したのではないでしょうか
    私は男性なのによくここまで、女性の「ある、ある」女子会のノリを撮れたなと感心してしまいました

    ベベ

    2018/5/21(月) 午後 7:51

    返信する
  • 顔アイコン

    あきりんさん、鎌倉の四季が穏やかで日本人らしい懐かしさを感じる映像が多かったですね
    そうなんです、女系家族は女性が居心地が良すぎて居直る傾向があるんです( ´艸`)

    トラバありがとうございます

    ベベ

    2018/5/21(月) 午後 7:54

    返信する
  • 顔アイコン

    あきりんさんのところからきました。素直にいい映画でした。もっとドロドロでもよかったかと思ったりもするんですが、そこは是枝監督の個性なんでしょうね。「桜のトンネルを行くシーン」は印象に残っています、青春ですね。TBさせてくださいね。

    シーラカンス

    2018/5/22(火) 午後 10:16

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(6)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事