ここから本文です
星屑シネマ
星の数ほどある、映画や本の話など。

書庫全体表示

五人の軍隊(1969)

イメージ 1

これは見やすい、わかりやすい、面白い西部劇

イタリア映画なので「マカロニウエスタン」ですが

マカロニのような泥臭さがなく、むしろ洗練された印象


イメージ 5

ひとりづつ仲間を集めていく序盤は「七人の侍」(1954

騎兵隊を装い鉄道事強奪を図る展開は「ワイルドバンチ1969

そこにTVドラマ「スパイ大作戦」のテイストが加わります


脚本はなんと!ホラー映画の神様

”鮮血の魔術師”ダリオ·アルジェント


イメージ 6

サーカス団出身の指名手配犯でメキシコ人ルイス

(にんにくのアイディアには唸った)

ダッチマンの指示で1000ドル稼げる仕事があると


怪力のメシート

ダイナマイトの天才、オーガスタス

ナイフ投げと剣の達人の日本人、サムライを集め

ダッチマンが待つへ向かいます


イメージ 7

そこで政府軍50万ドルの砂金を積んだ列車を襲い

盗んだ砂金を革命軍に渡すという計画を知らされ3


しかし列車には大勢の兵士機関銃、大砲まで装備する走る要塞でした


イメージ 8

5人のアウトローでプロフェッショナルな男たちは

どう考えても不可能な砂金強奪作戦に挑むことになります


007は二度死ぬ」1967)でタイガー田中”

海外での評判がよかったそうで

丹波哲郎さんが主役ばりに出演しています

イメージ 4

ブルース・リー並みにかっこいいし

村一番の美女(1966年のミス・イタリア)に惚れられるという

なんとも儲け役(ただしセリフはなし 笑)


全力疾走で列車を追うシーンも大迫力


イメージ 2

ほかのメンバーも個性豊かで、好ましい

終盤にダッチマンの裏切りというドンデン返しが起こりますが


イメージ 9

二転三転し、最後はなんだか祝祭的で微笑んでしまう

こういう終わりかたは気分がいいですね


イメージ 3

これも
隠れた名作に間違いありません



【解説とあらすじ】KINENOTEより

メキシコ革命にまきこまれた五人の男の活躍を描いたアクション映画。監督は「ダイヤモンド・ジャック」のドン・テーラー、脚本は「野獣暁に死す」のダリオ・アルジェントとマーク・リチャーズの協力書下し。撮影は「ガンクレイジー」のエンツォ・バルボーニ、音楽はエンニオ・モリコーネが担当。製作は「無敵の斗士」のイタロ・ジンガレリ。出演は「第7の暁」の丹波哲郎、「テキサス」のピーター・グレイヴス、「悪女のたわむれ」のジェームズ・ダリー、「野獣暁に死す」のバッド・スペンサー、「恋人たちの世界」のニーノ・カステルヌオーボ、ミス・イタリアのダニエラ・ジョルダーノなど。メトロカラー、メトロスコープ。

メキシコ人ルイス(N・カステルヌオーボ)は、メシト(B・スペンサー)、オーガスタス(J・ダリー)、サムライ(丹波哲郎)の三人をつれて彼等の雇い主ダッチマン(P・グレーブス)とある集落で落合った。そこで五人は、メキシコ軍に処刑されそうになっていた革命党員を助け、村人に歓迎された。その中でもマリア(D・ジョルダーノ)は特にサムライに心を奪われた。金目当の彼等はさっそく大仕事にとりかかった。その仕事とは軍隊の護送する莫大な砂金を奪取することであった。五人のプロフェッショナルたちは、それぞれの特技−−ダッチマンの頭脳、ルイスのアクロバット、メシトの列車運転の能力、オーガスタスのダイナマイト、サムライの剣−−をもってまんまと獲物を手中にした。だがここで配分に関して争いが起りかけた。その時、メキシコ兵が砂金を取り返しに来た。五人は再び力を合せて、これを全滅させたが、仲間どうしの争いはもはや避けられないものとなっていた。だが、彼等の醜い争いを知らない村人の歓迎と歓声につつまれて、彼等はすべての報酬をあきらめるのだった。人は自分達の救いの神である五人の英雄を肩にかつぎあげ、いつまでも、喜びつづけていた。


  • 顔アイコン

    ピーター・グレイブス(TV「スパイ大作戦」)が余りにも背が高いので、丹波が小さく見えます(笑)。丹波は、撮影の頃、モテモテだったようです。

    GHQで英語の通訳をやっていたと言うふれこみですが、実際はほとんど話せなかったとか。それにしてもセリフはほとんど無しで、よく走りました。

    TBさせてください。

    fpd

    2019/6/16(日) 午後 6:47

    返信する
  • 顔アイコン

    おおお〜、、こんな映画をご覧になっているとはBBちゃんツワモノですよ、、((´∀`))それにしてもタイガー・タナカ、、列車を追って良く走ったでしょ??アレはオスカーもんじゃないですか?キャプシーヌって共演してたでしょ??

    guch63

    2019/6/16(日) 午後 8:24

    返信する
  • 顔アイコン

    え〜丹波哲郎!!!本当にすごい俳優だったんですね〜自分世代だと大霊界の印象しかなかったので(^^;)

    [ ナッパ ]

    2019/6/16(日) 午後 8:45

    返信する
  • 顔アイコン

    fpdさん、ですね(笑)丹波哲郎さんはいかにも小柄ですし、セリフも全くありませんが
    それに負けない、イタリア女子もイチコロになるカリスマ性が感じられました
    トラバありがとうございます♪

    ベベ

    2019/6/16(日) 午後 9:10

    返信する
  • 顔アイコン

    guchさん、ミフネも仲代達也もマカロニに出張していますが、この作品の丹波哲郎がいちばんイイ(笑)
    キャプシーヌは「レッドサン」こっちはダニエラ・ジョルダーノだよ( *´艸`)

    ベベ

    2019/6/16(日) 午後 9:15

    返信する
  • 顔アイコン

    ナッパちゃん、丹波哲郎といったら大霊界ですよね(笑)60年代には国際的俳優として活躍していたのは驚き
    かのブルース・リーももしかしたら丹波哲郎の影響を受けていたのではないかと思ってさえしまいます

    ベベ

    2019/6/16(日) 午後 9:19

    返信する
  • アバター

    丹波哲郎は007の前に、太陽にかける橋、第七の暁と、A級作品に出演し
    つまり、地味なりに海外実績持っていて
    単なる「海外映画に出ました」とは別格ですよ

    もしもサイレント期、言語に縛られない白黒映画の俳優であれば
    東洋人以外の役で活躍出来たかも
    (これは、白黒時代だけどの森雅之にも感じる)

    mathichen

    2019/6/16(日) 午後 9:44

    返信する
  • 顔アイコン

    こんにちは。
    これはたしかに隠れた名作ですね。
    ダリオ・アルジェントはホラー映画としても「動」のイメージが強いのでこのような傑作を作れるんですね。
    しかし、丹波さん若いですね。
    じつは丹波さんの大ファンの一人です。

    [ toru106 ]

    2019/6/17(月) 午前 7:50

    返信する
  • 顔アイコン

    mathichenちゃん、丹波ちゃんの”007”前知ってるって〜
    マテ姐さん何世代よ!←明らかにナチとユダヤ人迫害の生き証人30〜40年代だな(*´▽`*)

    森雅之さんの優柔不断な役柄には、私的にはイラっとくるかな(笑)

    ベベ

    2019/6/17(月) 午後 10:08

    返信する
  • 顔アイコン

    toruさん、ホラーやゾンビ映画にもコメディ的要素が感じてしまう私なので(*´▽`*)
    ダリオ・アルジェントの西部劇もあるある♡
    マカロニ&ホラーの超マニア向け傑作に間違いないと思います

    ベベ

    2019/6/17(月) 午後 10:13

    返信する
  • 顔アイコン

    ダリオアルジェントは<ウエスタン>でレオーネとベルトルッチと共同で脚本書きましたからね、、、監督するまで長らく脚本やって、いざ監督となってホラーですから面白いですね、、、

    [ たっふぃー ]

    2019/6/21(金) 午前 9:16

    返信する
  • 顔アイコン

    たっふぃーさん、アルジェントもジョージ・A・ロメロも、ホラーの巨匠は「見せる」魅力があります

    西部劇も戦争映画もホラーも、相手が人間か死霊かという違いだけだし( ´艸`)

    ベベ

    2019/6/21(金) 午後 9:03

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事