ここから本文です
星屑シネマ
星の数ほどある、映画や本の話など。

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

陽はまた昇る(2002)

イメージ 1


「何事も、人、ですなぁ」


2000年に放送されたNHK「プロジェクトX〜挑戦者たち」で
「窓際族が世界規格を作った〜VHS・執念の逆転劇〜」と
紹介されたエピソードの映画化ということ

VHS・ベータ戦争をもとにした実話+フィクション
西田敏行演じる加賀谷静男は「VHSの父」と称される
高野鎮雄(192392)がモデルだそうです


若い頃はずいぶんレンタルビデオ屋さんに通いました
店内で映画やミュージックビデオのジャケットを見て回るだけで
時間があっという間に過ぎてしまいました()

だけど、ビクターがVHSの生みの親だということは
この作品を見て初めて知りました

イメージ 2

高卒で開発一筋、しかも定年も間近の男が
ビクタービデオ事業部部長就任の辞令を受けます
しかし社内ではビデオ事業部の部長就任は
クビ同然と囁かれていました

そして、リストラが経営であるかのように語られた時代
社員をだれひとりリストラしないという信念の元
敢えて開発に打って出るのです

技術者が自ら営業にいく(商品知識があるため)という手法を立て
困難を知恵と努力で乗り切る
その姿勢はやがて社員たちにも伝わっていきます

徹夜で泊まり込みの作業、サービス残業でしょう
夢と情熱を最後までもち、ついにVHSの開発をやり遂げるのです
しかし販売までにはさらなる困難がありました
加賀谷松下幸之助に直訴に行くことにします

やはり松下幸之助さんの発言力は、当時の家電業界では
相当なものだったのではないでしょうか
松下さんが「いい物」と言ったら、それは「いい物」なのです


しかしSONYにも同じくベータ開発までには
凄まじい努力があったはずなのです
SONYとの確執や、SONY側から見た展開や
開発に当たるメンバーにもスポットライトを当てたなら
もっと共感できた気がします


イメージ 3


それでも「人と人との繋がり」が
「成功に繋がる」という結果はやはり感動しました
人間にはハートがあって、ハートで人を動かすことができるのです


この作品を見ている途中、息子が
「おかあさん、ビクターって何?」と質問してきたのです
今の子はビクターを知らないことに驚きました
ステレオやコンポも知らないのです

調べたところ、価格低下、ノンブランドの台頭、商品サイクルの短命化
DVDレコーダーの欠陥による損失、ブランドイメージの悪化によって
2004年には赤字転落
2005年度には306億円の当期純損失

2007年、ケンウッドとビクターでJ&Kテクノロジーズ株式会社を新設
2008年、JVC・ケンウッド・ホールディングス株式会社を設立
2011年、株式会社JVCケンウッドに吸収合併され
日本ビクターは84年の歴史に幕を下ろしたということです

この成功の後の凋落ぶりも、また物語だと感じました

80年代〜90年代に現役でサラリーマン生活をしていた男性が
この映画を見たら、もしかしたら
泣いてしまう方もいるのではないでしょうか



【解説】allcinemaより

 リストラを迫られながら一人の馘切りもすることなく、家庭用VTRの分野で当時技術的にも優位に立っていたソニーのベータマックスを打ち負かし、ついには世界標準にまで上り詰めた日本ビクタービデオ事業部の伝説の美談を映画化。この有名なベータとVHSによるVTR戦争は人気番組「プロジェクトX」でも取り上げられ、VHS側からの一方的な描写にごく一部のベータ・ファンからは疑問を呈する向きもあったものの、その単純明快な一発逆転の成功譚に多くのサラリーマンが涙した。
 家電AVメーカー・日本ビクター本社開発部門に勤める開発技師、加賀谷静男。あと数年で定年を迎える彼に、横浜工場ビデオ事業部への異動命令が下りる。そこは赤字続きの非採算部門。加賀谷に課せられた指令は大規模なリストラだった。しかし、加賀谷は従業員たちに向かって夢だった家庭用VTR開発の決意を打ち明ける。しかも一人の馘も行わないというのである。それを聞いた次長の大久保は止めに入った。それもそのはず、本社がリストラ対象の赤字部門にそんな計画を認めるはずもない。ましてや、この時、家電メーカーの雄・ソニーが商品化にあと一歩の所まで漕ぎ着けていたのであった……。



開くトラックバック(1)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事