ここから本文です
星屑シネマ
星の数ほどある、映画や本の話など。

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

ビリギャル(2015)


イメージ 1


保護者目線で鑑賞()


「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて
 慶應大学に現役合格した話」

このタイトルだけで、見る前から内容がわかってしまいます(笑)
本の売れ行きは、ほぼタイトルで決まるのが事実とか


制服が可愛いというだけで進学した、私立のお嬢様中高一貫校
エスカレート式の学校にありがちな、入学したら勉強しない法則
ヒロインのさやか(有村架純)も
中学に入ったと同時におしゃれに目覚め
授業にこそ出ているものの、仲間と遊び呆ける日々
さらに父親との不和が原因でギャル化していきます

高校2年になり、煙草を所持していることが発覚
無期停学となってしまいます

そこで落ちこぼれを引き受ける塾に通うことになるのです


イメージ 2


この塾の塾長の坪田先生(伊藤淳史)が
とのかくその子の「やる気スイッチ」を見つけるのがうまい
その子を見て、褒めて、おだてて、褒めて、おだてて
育てるタイプ

さやかへの一言は「慶應なんか、いいんじゃない〜?」


ヒロインもまた素直です
その気になってしまい、みんなに慶應合格を公言
塾長に言われたまま勉強していきます



とはいえ中学入学と同時に全く勉強していないツケが回り
苦手な科目については小学校4年生からのドリル
友だちとカラオケに行くときも勉強道具一式をもっていく

しかし、やっても、やっても追いつかない


イメージ 3


そして高3、塾の「無制限コース」で勉強するようになります
塾に札束を収めるシーンがありますが
百数十万円の前払いということ

かなり裕福な家庭のようですが、娘が慶應に合格させるためなら
母親のああちゃん(吉田羊)も宅配会社で働き
妹も家事手伝いをするようになります


原作は未読ですが、これはギャルが
慶應に合格したというサクセスよりも
「家族の再生」が主だったテーマなのでしょう


イメージ 4


何といっても、さやかの父親(田中哲司)が
「巨人の星」の星一徹のような男なのです

自分の果たせなかった野球選手の夢を、長男に託し可愛がる
そしてスパルタ式に弟(大内田悠平)に野球の訓練をするのです
そのせいもあり、さやかは非行に走ってしまう


だけど、さやかが勉強に挫折したとき、弟も野球に挫折
弟は当てつけのように酒を飲み、不良と付き合いだしてしまいます

その姿を見て、諦めちゃいけない、ダメになってはいけない
お姉ちゃんとしても、弟を励ます気持ちがあったのでしょう
自分たちを追い込んだ、親父に対しての怒りもあったのでしょう

勉強する気持ちに、再びスイッチが入ります


イメージ 5


そんな姉弟を支える、母親がけなげですね
何があっても子どもを信じ、支える
さすがに学校に行って担任に、授業中寝かしてくれというのは
たいした度胸だなと思いましたが(笑)


さやかの努力に父親も徐々に改心していきます(笑)
最初は慶應を受験することさえ馬鹿にしていたものの
娘が慶應に合格するかもしれないという可能性が見えたら
態度がコロリ

現金なもので、どんな親でも我が子が優秀かも知れないと思えば
いい親になろうとするのです


イメージ 6


しかし受験当日、緊張のためか、寒さのためか
それとも合格缶コーヒーが悪かったのか
激しい下痢に見舞われ
さやかは得意の英語のテストを落としてしまいました

さやかが慶應の全ての学部に落ちたことを想定し
坪田先生は丁寧にメッセージを送ることにしす
だけれど、見事総合政策学部に合格したのです


やはり若者が懸命に努力する姿には感動を覚えます
若いエネルギーをどこにぶつけるか
その舵を握るのはやはり周りにいる大人なのかも知れません


ただしこの作品を見て、自分の子も坪田先生の塾に入れれば
頑張れば慶應に入れると錯覚するのはやめたほうがいいと思います

彼女は稀だからこそベストセラーになり、映画化されたのです

大学であれ、就職先であれ、スポーツ選手であれ
本人の希望を叶えるのが、いちばんの親の役目

学ぶことは、育てられているのは
もしかしたら、親にこそあるのかも知れません



【解説】allcinemaより

学習塾の塾長を務める坪田信貴の体験談を綴ったベストセラー『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』を、TV「あまちゃん」、「ストロボ・エッジ」の有村架純主演で映画化した青春ドラマ。共演は伊藤淳史、野村周平、吉田羊、田中哲司。監督は「いま、会いにゆきます」「涙そうそう」の土井裕泰。
 中高大一貫私立学校の高校2年生、工藤さやか。中学入学以来、ギャル仲間と遊びに耽り全く勉強をなかったので、ついに成績は学年ビリに。心配した母親が学習塾に通わせると、なんと彼女の学力は小4レベルと判明。彼女を受け持つことになった塾講師の坪田も困惑を隠せない。それでも第一志望をノリで慶應大学と宣言したさやかに対し、巧みな指導でやる気を引き出し、徐々に本気にさせていく。こうして絶対不可能と思われた慶應大学合格を目指し、二人三脚の受験勉強が始まるが…。

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事