ここから本文です
星屑シネマ
星の数ほどある、映画や本の話など。

書庫洋画・ドラマ

記事検索
検索

全24ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

下記のallcinemaさんの解説には批判が殺到したようです(笑)

確かに100%女性目線で、女の愚痴のオンパレードなので

男性が見たらキツいものがあるのかも知れませんが(笑)

なかなかの佳作ですし、アメリカでヒットしたのも理解できます


タイトルは”JOY”と”LUCK”を願う中国系アメリカ移民である

四人の女性の麻雀グループのこと


イメージ 2

ジョイ・ラック・クラブのひとり、ジューンの母親が亡くなり

残った三人の”おばさん”は、ジューンには中国に双子の姉がいて

その双子が見つかったと告白します

驚きながらも、素直に姉の存在を喜ぶジューン


しかしそのことは、母親たちが故郷を捨てる決断を迫られた

過酷な半生を振り返ることになります


イメージ 3

徹底した男尊女卑の不幸な結婚

日中戦争の混乱を生き延びてアメリカに渡り

安定した生活ができるようになるまでは

相当な苦労をしたでしょう


イメージ 4

母親たちは娘には自分のような辛い思いをさせたくない

もっと幸せに”になって欲しいと願ったに違いありません

しかしアメリカ育ちの娘にはそのことが負担です


いくら母親に気に入ってもらうように頑張っても

褒めてくれるどころか、けなされてばかり

やがて、ただ自慢できる娘にしたいだけ

コントロールされているだけと感じ、反撥するようになる


イメージ 5

娘が意地になれば、母親はもっと意地になる

思い通りにならない娘を完全無視するという徹底ぶり

全くもって毒母なわけですが(笑)


娘が母親から呪いをかけられるという

女にしか分からない母娘関係が

実に見事に描かれているのです


イメージ 6

だけど娘に強く当たるのは、娘への深い愛情があるからこそ

カニ料理を囲んだパーティーで、ジューンの仕種を見た母親は言います


「あなたは形の崩れた小さなカニを選んだ

 みんなは最高のものを選ぶ

 でもあんたは違う、あんたは心が最高だから」


イメージ 7

大人になった今は、母親の気持ちがわかる

苦難や差別に負けない女性の威厳を知る


姉たちに母親のことすべて伝えなければならない

ジェーンは中国に行く決意をします


イメージ 8

実際女が集まれば、気付かぬうちに子どもの自慢と

旦那や姑の悪口ばかり(笑)


それでもこの映画の、見終えたあとに爽やかなものが残るのは

(白鳥の羽に託された)母親の思いに娘が気づいてあげれたことでしょう

そしてやさしく迎え入れてくれた姉たち


イメージ 9

自分の母親が鬱陶しいとか、嫌いだと感じたときに見てほしい

ただヒロインの演技が下手なのは、覚悟してください(笑)




【解説】allcinemaより

全米でも予想外のヒットを記録した、エイミ・タンのベストセラー小説の映画化。脚本は彼女と「レインマン」のロナルド・バスが共作。監督にカルト的快作「スラムダンス」のウェイン・ワン。題名のジョイラック倶楽部とは、語り手ジェーンの母が、仲のよい三人の女友達と、それぞれの喜びも幸運も分かち合おうと始めた麻雀会のこと。アメリカに移住して30年。それぞれに筆舌に尽くしがたい苦労はあるが、映画は上品なソープ・オペラといった体で、それらの挿話をまとめている。そして、故国に残してきた双子の姉の存在が、母の死に際し語られる。居ても立っても居られぬジェーンは、まだ見ぬ姉たちを訪ねる。これを小説で読むのは、どんなうまく書けててもお断りだな。映画だから見ちゃうし泣けもするのだが、思い起こすと、その感動はあまりに底が浅い。映画が映画に自家中毒を起こしているのだ。

イメージ 1


原題は「BEACHES」(ビーチ 海岸)


女同士の親友もの

喧嘩して、別れて、またくっついて

どちらかが難病になって死ぬ、あるある


イメージ 2

しかし私の見解では、これでもかというくらい仲の良い

女性同士の親友ほど、いったんこじれたらもとに戻らない

それどころか、かなり険悪なムードになり

相手の悪口を言いふらすことになるのです


いくら慣れ親しんだ親友でも、一定の距離や気配りが必要だし

友人の好きな異性を、自分も好きになるなんてもってのほか

それができないなら、その人は本当の友達ではありません


イメージ 3

性格も環境も違うふたりの少女が浜辺で出会い

ペンフレンドとして友情を育んでいきます


大人になり歌手を目指すCC(ベット・ミドラー)と

大学に進学し、弁護士になったヒラリー(バーバラ・ハーシー)


イメージ 4

ある日突然、自由を求めて家出してきたというヒラリー

CCのアパートでふたりで暮らすようになります


少女時代のふたりを演じた子役が、すごく似ていて全く違和感がない(笑)

しかし無邪気さはやがて消え、ふたりの関係は揺れ動いていきます


イメージ 5

CCお気に入りの演出家ジョン(ジョン・ハード)と寝てしまうヒラリー

しかし父親の病気で実家に戻り

そこで裕福な弁護士の男性と結婚し娘を儲け

CCはジョンと結婚し歌手としても成功

ブロードウエイで主役も務めます

イメージ 10

ベット・ミドラーが好きな人にとっては

ベットの歌がたくさん聞けるので嬉しいと思います


しかも「育ちの悪さ」を演じるのがとてもうまい

この役を演じれるのは彼女しかいない


イメージ 6

そして何年かぶりに、感動の再会をしたはずなのに

思いやりを忘れ、妬みや僻みで喧嘩別れしてしまうふたり

ヒラリーと絶交してしまうが、ほかの何を失うよりつらいと悟ったCC

ヒラリーに手紙を送り続けますが、ヒラリーはそれを無視します


これはヒラリーのほうが悪いな(笑)


イメージ 7

ここからはお決まりのパターンで

夫の浮気が原因でシングルマザーとなり

しかもウィルス性の心筋症という難病にかかってしまう


助けてくれるのはCCしかいない

ヒラリーを見送る日まで共に過ごそうと誓うCC


イメージ 8

逝く友に感謝の気持ちを込めた、テーマ曲の

WindBeneath My Wings」(邦題”愛は翼にのって”)が

すごくいい曲


私の葬式でも流してもらうように頼もう(終活には早いけど)


イメージ 9

ゲイリー・マーシャルはラスト作りが本当にうまいと思う

どの作品も最後は気持ちよく見終われる


でも本当は大切な人とは最初から喧嘩しないのがいちばん

貴重な出会いは、人生の中でそう多くはないのです




【解説とあらすじ】KINENOTEより

57年のアトランティック・シティの海岸で出会った11歳の2人の少女の、その後30年に及ぶ愛と友情、そして別れを描く。エグゼクティヴ・プロデューサーはテリー・シュワルツ、製作はボニー・ブルックハイマー・マーテル、主演のベット・ミドラーとマーガレット・ジェニングス・サウス、監督は「潮風のいたずら(1988)」のゲイリー・マーシャル。アイリス・レイナー・ダートの原作を基に、脚本はメアリー・アグネス・ドナヒュー、撮影はダンテ・スピノッティ、音楽は「サマーストーリー」のジョルジュ・ドルリューが担当。出演はほかに、「最後の誘惑」のバーバラ・ハーシーなど。オリジナル・タイトルは“Beaches”

57年、夏のアトランティック・シティ。父親としつけの厳しい叔母に連れられ、サンフランシスコからやって来たヒラリー・ホイットニー(マーシー・リーズ)は、海岸で迷子になってしまったところを、マネージャー兼母親のレオナ(レイニー・カザン)とともにニューヨークからやってきた歌手志望のCC・ブルーム(メイム・ビアリク)に助けられ、同じ11歳ということもありすっかり仲良しになる。CCのオーディションについていったヒラリーは、そこで彼女の歌に大感激し、離れ離れになっても必ず手紙を書く一番の友だちになることを誓いあう。それから10年、CC(べット・ミドラー)は売れないクラブ歌手、一方のヒラリー(バーバラ・ハーシー)は大学を卒業し弁護士になっていた。箱人り娘で何不自由なく育ったヒラリーは、ある日ついに自分の意志で行動できない不満を爆発させ、ニューヨークのCCのアパートに家出同然で転がり込み、2人の共同生活は始まった。CCは舞台演出家のジョン(ジョン・ハード)と出会ったことで、やがて端役を経て彼の劇団で主役を演じ、脚光を浴びることになる。ところが彼女が好意を抱いていたジョンとヒラリーが一夜を共にしたことから2人の仲は気まずくなり、ヒラリーの父が病気になったこともあり、彼女は実家に戻ってしまう。それでも2人の文通は続いた。父の死後、ヒラリーは弁護士のマイケル(ジェームズ・リード)と結婚し、CCもジョンと結ばれた。夫の強い要望で専業主婦として家庭に入ったヒラリーには、ブロードウェイ進出までに成功したCCが妬ましく、ついに2人は喧嘩別れし、文通もとだえた。友情の崩懐はCCの精神の均衡を失ってゆき、次第に落ち目になり、ジョンとも離婚する。一方のヒラリーも、マイケルの浮気の現場を目撃し、離婚を決意した時、彼女は妊娠していた。ある日実家近くのクラブにCCが来ることを知ったヒラリーは、早速そのクラブに足を運んだ。最初はわだかまる2人だったが、お互いの心情をぶちまけた後は、昔と変わらぬ友情を取り戻していた。CCとともにおなかの赤ちゃんを育んでゆくヒラリー。やがてCCとヒラリーの担当医ミルスタイン医師(スポルディング・グレイ)のロマンスが生まれたある日、CCは舞台復帰のチャンスをジョンから与えられ、見事にカムバックに成功する。一方のヒラリーも無事に女児を出産した。しかしその頃から、ヒラリーの体調は異常をきたし、CCのハリウッド・ボウルでのコンサートのある日、ヒラリーが倒れたという知らせが届く。やがて時を経ずして、ヒラリーはCCに看取られ息をひきとった。彼女にヴィクトリア(グレイス・ジョンストン)という一人娘を託して…。

イメージ 1


「おとぎ話のような人生こそ、おとぎ話だわグレース・ケリー



グレース妃の自伝的作品という触れ込みですが、実はほぼフィクション

グレース・ケリーを聖人化しようとした演出なのでしょうが


モナコの王室は不快感を示し、現大公であるアルベール2世は

父である)レーニエ公が現実より無能に描かれ過ぎていると

苦情を申し立てたそうです


イメージ 2

物語はモナコにいるグレース公妃のもとに、ヒッチコックが

新作「マーニー」に主演しないかと依頼にくるところから始まります


ハリウッドから嫁いで6年、ふたりの子宝に恵まれるものの

王室の疎外感に悩み国事優先の夫との不和も深刻

唯一の相談相手はアメリカ人の神父だけ


まだ女優に対する未練残っていたグレース公妃は

秘かに女優復帰を目指します


イメージ 3

その時、モナコはフランスとの関係が政治的危機にあ

レーニエ公はアルジェリア戦争の戦費調達のため

フランスからの課税に抵抗することに苦しんでいました


しかも王室の中にフランスのスパイがいる可能性があり

グレース公妃の女優復活のスクープがリークされ

更なるピンチに追い込まれます


イメージ 4

グレース公妃はヒッチコックの映画を諦め

いちからモナコの上流社会マナーを学び

モナコのシンボルとして”公妃”という”役”を演じ切る決意します


これはもう、ニコール・キッドマンのファッションショー(笑)


イメージ 5

でも「マーニー」1964)には主演しなくて正解だったと思います

ヒッチさんのなかでも、結末が弱いし、評判もよくないし()

しかもヒロインには盗み癖があり、相手役はイギリスの諜報部員

ぜったいモナコ国民が許しません


こんな脚本をグレース公妃に持っていくなんて(ばかだ)

ヒッチさんは離婚させてでも

グレース・ケリーに戻ってきてほしかったのかな

イメージ 6

強硬な姿勢を崩さないドゴール大統領を

グレース公妃は赤十字の晩餐会に招待します

そして公妃のモナコの危機を救うための、大芝居のスピーチ行われます


クライマックスのスピーチで感動させるシークエンスあるある(笑)


しかし、あたかもの公妃のスピーチだけが

モナコを救ったように描かれているうえ

「愛」という言葉に過剰に頼りすぎているのには白けてしまう


イメージ 7

それでもフランスでも人気のあったグレース・ケリーの存在が

国境閉鎖の危機を救った理由のひとつには間違いないと思います

たとえドゴール大統領でも世論を気にしないはずはない


そんなスーパーヒロインものにはせずに

王室に嫁いだ元女優が、女優という特技をいかして

慈善活動に身を捧げ、自分の居場所を見つけて、国民の信頼を得ていく


イメージ 8

そんな本来のグレース公妃の姿をドラマチック化したほうが

よかったと思います

モナコという美しいロケーションもあるのですから




【解説】allcinemaより

 ニコール・キッドマンがハリウッド・スターからモナコ公妃となった伝説の美女グレース・ケリーを演じる伝記ドラマ。モナコ公妃としての生活に馴染めず苦悩を深めるグレース・ケリーの心の葛藤と、夫レーニエ公とフランス大統領シャルル・ド・ゴールとの政治的対立をめぐる国家の危機に際し、彼女がいかなる選択をしたか、その知られざる秘話を描く。共演はティム・ロス、パス・ベガ、フランク・ランジェラ。監督は「エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜」のオリヴィエ・ダアン。
 1956年、人気絶頂の中、26歳という若さで突然ハリウッドから引退し、モナコ大公レーニエ3世の妻、モナコ公妃となる道を選んだグレース・ケリー。その“世紀の結婚”から6年、彼女はいまだに宮中のしきたりに馴染めず、孤立感を募らせる息苦しい毎日を送っていた。そんな時、ヒッチコック監督から次回作「マーニー」のヒロイン役を直々にオファーされ、心ゆれるグレース。ところが折しも、モナコが国家存亡の危機に直面してしまう。フランスのド・ゴール大統領がモナコに過酷な課税を強要し、一触即発の緊張状態に陥ってしまったのだ。大国フランスを相手にやがて万策尽きるレーニエ。そんな夫を支え、愛する家族と国家を守るため、グレースはある覚悟を胸に行動を開始する。

ある少年の告白(2018)

イメージ 1

「母の言うことはいつだって正しい」


原題は「Boyerased」(引き裂かれた少年

またLGBTモノかよ?と思いましたが()

実際にある、同性愛者矯正施設での出来事


これが昔の話ならともかく、今でも行われているなんて

アメリカの差別意識をなくすることは

想像する以上に難しいのでしょう

イメージ 2

アメリカの田舎町の牧師で実業家の父(ラッセル・クロウ)と

敬虔なキリスト教信者の母(ニコール・キッドマン)をもつ

高校生のジャレッド(ルーカス・ヘッジズ)は、学業優秀でスポーツマン

チアリーダーの彼女もいて、恵まれた生活を送っていました


そして大学に進学、ヘンリーという学生と意気投合しますが

ある夜、親友だと思っていた彼に襲われてしまいます


イメージ 3

ショックを受けたジャレッドはヘンリーを避けるようになり

実家に帰るわけですが、そこにヘンリーと思われる男性から電話がきて

母親はジャレッドが同性愛者であることを告げられるのです


父親は教会の長老や、同じ境遇だった経験者の助言を借り

(でも女医さんの小さなアドバイスがいちばん心に響く)

ジャレッドを矯正施設(月謝3000ドル=33万円強)に入居させます


イメージ 4

これがどう見ても、オウム真理教のような新興宗教的な場所で

そこの施設長であるサイクス(ジョエル・エドガートン)が

また見るからに胡散臭い(笑)


ジャレッドはそこでほかの同性愛者の若者たちと

同性愛矯正プログラム」を受けるのです


イメージ 5

でもどう見ても矯正というよりは”洗脳”

言葉巧みに弱みに付け込み、言うとおりにしなければ

恐怖と暴力で脅し操るのです


LGBTの中にも、さらにLGBTQというものがあって

Qとはquestioning(尋問)の頭文字で

LGBTQとは「性自認や性的指向を定めない人」


なので自分がどのような性的指向なのかをきちんと気づかせ

なぜそうなったかの原因を知れば

同性愛は矯正できるというのです


イメージ 6

サイクスに従ったほうがいいというジョンに

「自分の罪」をでっちあげることで

治ったフリをするんだとアドバイスするゲイリー(トロイ・シヴァン)


そんななか大柄だけど気の弱いキャメロンだけは

どうしてもサイクスの要望に応えられなかったせいで

「悪魔を追い払う儀式」をされてしまいます


イメージ 7

ジャレッドもサイクスに嘘がつけませんでした

サイクスに「あなたに怒ってる」と怒りを露わにし

施設から逃げ出そうとします

その時助けてくれたのは、キャメロンでした


そしてニコール姐さんのかっこいいこと!

息子を救うのに、神も悪魔も関係ねえ!!


イメージ 8

ジャレッドは両親のために同性愛を捨てようとしたんだろうな

だけれど結局自分が変われないと知り

ありのままの姿で生きることを決めた


父親が息子がゲイであることを認めることができないのも

よく理解ができます

でも家族を失ってしまうことのほうがもっと辛いということを

関係がこじれてしまう前に気づけたのは良かった


イメージ 10

神の御心とは何だろう

少なくとも、聖書の文言を原理主義的に

縛り付けることではないと思います

LGBTを敵視し、傷付け、基本的な人権までも剥奪していい

そんなふうに解釈していいはずがない


アメリカがトランプ政権のうちは

この先何本のLGBTや黒人差別映画が作られるのでしょう

これも暗にトランプを批判している作品ですが

宗教とLGBTの結びつきについては興味深く見ることができました


イメージ 9

自らもゲイであることを公言している
トロイ・シヴァン(王子様みたい!)は

周りからのゲイに対する環境が不安なら、自身の身を守って欲しいと伝え


必ず自分と共通の人がいるのだから、心を強く持って広い世界を見てほしい

この作品が少しでもLGBTQの力になれればと述べたそうです




【あらすじ】ウィキペディアより
監督はジョエル・エドガートン。出演はルーカス・ヘッジズ、ニコール・キッドマン、ラッセル・クロウら。小さな町でバプティストとして育った19歳のジャレッド・エモンズはゲイであることを両親と衝突し、家から出されてしまう。そこで、教会が支持する同性愛者の転換プログラムに参加することを余儀なくされる。ジャレッドはプログラムのセラピストと再び衝突してしまう

開くトラックバック(1)

グリーンブック(2018)

イメージ 1


黒人でもなく 白人でもない 俺はいったい何者なのだ


GreenBook」とは、ヴィクター・H・グリーン(黒人作家で出版業者)
により1936年から1966年まで毎年改訂され発行された
黒人が利用可能な施設を記した旅行ガイドブック”のこと

この作品が批判される理由は、なんとなく理解できます
マイノリティ問題に敏感だったり、マイノリティでなくても
「いじめ」にあった経験のある人が見たなら
「白人(差別・いじめている側)が上から目線で仲良くなって満足してる」
という気持ちになっても不思議はないでしょう

またシャーリーの遺族は映画のことを事実と違う
「観客に誤解を与えるような解釈」と抗議したそうです

イメージ 2

でも、監督は不謹慎で、エッチで、失礼な行為で
お笑いをとるアホ映画で有名なファレリー兄弟の
兄ピーター・ファレリーなんですね(笑)
自ら「笑いをとらないように我慢した」と語っているそうですが
(わかる、わかる)

それでも要所要所ファレリー節が
痛感できるシーンがあるのは楽しい

イメージ 3

トニーは、頭が悪くて考えるより先に手が出る暴れん坊
めちゃくちゃ食べ方が汚いのも印象的
チキンで汚れた手でハンドルを握り
(ケンタッキーのKFC1号店でおおはしゃぎのシーンは楽しい)
コストコクラスの大きさのピザもホールでまるごと平らげます

対するドン・チャーリーは
「星の王子ニューヨークへ行く」(1988)か?(笑)
というくらいの超セレブ

2歳からピアノを弾き始めて、3歳でコンサート
9歳でレニングラードの音楽学院に入学後、ヨーロッパで英才教育
18歳でロンドンポップスオーケストラをバックにデビュー

イメージ 4

幼い頃から、からも、黒人社会からも、完全に引き離されて生活
ロシア語、フランス語、イタリア語に堪能で、博士号まで持っている
大統領とも親交があり、大金持ち

だけど黒人としての文化も何も知らない
ドンはそんな自分にコンプレックスを持っていました
そんなドンの運転手を頼まれたトニー

イメージ 5

このトニー・“リップ(スラングで「口先だけ」)”・バレロンガという男
ゴッドファーザー」(1972)レイジング・ブル」(1980)とか
映画にも多々出演しているそうで(ただしセリフのない役)
本物のヤクザで見た目もヤクザなのでオファーが殺到したそうです

その彼がお前は強いし問題解決能力が高いから
ドンの南部ツアー運転手兼用心棒をやってくれないか」
(マフィアの大物に)頼まれます
トニーは黒人差別主義者なので、そんな仕事はしたくないけれど
金もないし、親分の命令に逆らえないのが正直なところ

イメージ 6

可愛い奥さんと子どもと離れ
スカしたインテリ黒人と渋々南部に向かうわけです

トニーが奥さんに手紙を書くシーンは
シラノ・ド・ベルジュラック」みたいですけど(笑)
こんなロマンチックな言葉、アホ男が書くわけないとわかっていいても
喜ぶアラフォー奥さんが素敵

しかし南部では差別主義者のトニーが思っていた以上の
黒人に対するさらなる差別が待ち受けていました

イメージ 7

この時代は「ジム・クロウ法」という
人種隔離(黒人は白人と同じ店で食事できない等)が法律で認められており
コンサートに招かれていながら
ドンはホテルのトイレやレストランを使用させてもらえないのです
黒人が良い服を着ているだけでリンチにあい
夜外出すれば逮捕される

そんなことがあるたびに
トニーは相手をボッコボコ
だけどドンは暴力は”負け”だと言います
それなら今度はトニーお得意の”デタラメ”で賄賂作戦(笑)

イメージ 8

ドンのコンサートツアーを成功させる
トニーは自分の仕事に目覚めていきます
そしてドンもなんとかクリスマスの夜には
トニーを家族のもとに帰してあげようとするのです
心のこもったラブレターを届けてくれたドンに感謝する奥さん

作中ではトニーがツアーに同行したのは8週間となっていますが
実際には1年半ドライバー兼ボディガードとして雇われたそうで
ドンがトニーを信頼していたのは事実なのでしょう

イメージ 9

ドン・シャーリーは日本では馴染みがありませんし
もしアカデミー賞を受賞しなければ
日本ならミニシアターで終わってしまいそうな映画で
万人が好みかどうかわかりませんが()

ドンを演じたマハーシャラ・アリは
今後いろいろな役でブレイクしそうな予感

ヴィゴさまの食いっぷりも見事でした(そこ?)
最後に、質屋の夫婦の図々しさに憧れます(笑)



【解説】allcinemaより

 1960年代を舞台に、差別が残る南部での演奏ツアーに向かった天才黒人ジャズピアニストと、彼に運転手兼用心棒として雇われたガサツなイタリア系アメリカ人の凸凹コンビが、旅を通して深い友情で結ばれていく感動の実話を映画化。主演は「イースタン・プロミス」のヴィゴ・モーテンセンと「ムーンライト」のマハーシャラ・アリ。監督は本作が単独監督デビューとなる「メリーに首ったけ」「愛しのローズマリー」のピーター・ファレリー。
 1962年、アメリカ。ニューヨークの一流ナイトクラブで用心棒を務めるトニー・リップは、ガサツで無教養だが家族思いのイタリア系男。店の改修で仕事がなくなり、バイトを探していた彼のもとに運転手の仕事が舞い込む。雇い主はカーネギーホールに住む天才黒人ピアニスト、ドクター・シャーリー。黒人差別が色濃く残る南部での演奏ツアーを計画していて、腕っぷしの強い運転手兼ボディガードを求めていた。こうして2人は、黒人が利用できる施設を記した旅行ガイドブック“グリーンブック”を手に、どんな厄介事が待ち受けているか分からない南部へ向けて旅立つのだったが…。

開くトラックバック(4)

全24ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事