ここから本文です
星屑シネマ
星の数ほどある、映画や本の話など。

書庫邦画・ドラマ

記事検索
検索

母べえ(2007)

イメージ 1

女性でこれくらいの年齢の子がいるということは
戦前という時代背景を考えると
私より年下なのではないかと思いますが・・・

いくら綺麗で品があってもやはり無理感はありましたね
サユリストの方が見たらまた違うのでしょうけれど(笑)

日中戦争中、反戦思想のため投獄されてしまった父べえ
母べえはふたりの娘を抱え臨時教師をしながら
そして父べえの教え子である山ちゃんの助けを借りながら
動乱の時代の中夫の帰りを待ち続けます

私は「正義」とか「真実」は本当に正しいことなのかと思うことがあります
自分が思う、間違っていることを許せないのはいいことなのでしょうか

誰だって戦争はしたくない、平和がいいと思っている
だけど家族を守るため、食べていくために
みんなが真実を心の中に留めて暮らしているだけなのです

なのに、自分は間違っていない
正しいと信念を曲げない父べえ

多くの人は警察や、恩師や、母べえの父親に対して
嫌悪感を抱くのでしょう
でも私は違いました

正しい思想を貫くよりも
今は家族を大切にしなさいと、そう言ってるだけなのです
自分の考えより、まずは妻や子どもを守るべきだと伝えているのです
みんな、我慢をしているのだよ

悪いたとえですけれど
もし女性に「ブスでデブで見るに堪えないな」
なんて言ったらどうでしょう
やはり「正しいことを言った」「俺は間違っていない」と
言い切るのでしょうか

正直が人を傷つける、苦しめるときもあるのです
言葉に出さなくてもいいときもあるのです

そして、まだ女ざかりで子どもを抱えた女性が
たったひとりで苦労しているとなると男性も寄ってくるでしょう
人生経験を積んだ人間はそれをわかってる
ヒロインを思ってのこと、意地悪ではありません

山ちゃんは自分の恩師の妻であることからその欲望を抑えた
寅さんを思わせる、山田監督らしいプラトニック
山ちゃんこそが、実は「男」だったのです

やがて、時代は変わり女性も自立しました
そして「父べえに会いたい」と言い残す母べえ
母べえにとっては、自らを犠牲にするほど
父べいは理想の人だったのでしょう

小百合さんと同じく品のいい作品でしたね
でも、悪役的存在の言い分にも耳を傾ける価値はあると思います



【解説】allcinemaより
 黒澤明作品のスクリプターとして知られる野上照代の自伝的小説『父へのレクイエム』(改題『母べえ』)を、「男はつらいよ」「武士の一分」の山田洋次監督が吉永小百合を主演に迎えて映画化した感動の反戦ヒューマン・ドラマ。ある日突然夫が治安維持法で投獄されてしまうという苦境の中で、夫を信じ続け、つつましくも気高き信念を失わず、残された2人の娘を守るため懸命に生きた一人の女性の姿を描く。
 昭和15年の東京。野上佳代は、愛する夫・滋と2人の娘、長女の初子と次女の照美と共に、つましいながらも幸せな毎日を送っていた。互いに“父(とう)べえ”“母(かあ)べえ”“初べえ”“照べえ”と呼び合い、笑いの絶えない野上家だったが、ある日、突然の悲劇が一家を襲う。文学者である滋が、反戦を唱えたことを理由に特高刑事に逮捕されてしまったのだ。穏やかだった生活は一変し、不安と悲しみを募らせる母と娘たち。そんな中、滋のかつての教え子・山崎や滋の妹・久子、放埒で型破りな叔父・仙吉らが一家のもとに駆けつけ、佳代と娘たちを優しく親身に支えていく。

開くトラックバック(1)

イメージ 1


このタイトルだけでも「それは大変だ!」と思ってしまいます

女性の場合は、マタニティブルーなどといえば聞こえがいいですが(笑)
お子さんのいる方なら、鬱体験をした方は多くいると思います
過剰なホルモン量、急激な身体の変化、お産の苦痛、子育ての大変さ
心も肉体もついていかずそうなってしまうのは
自然現象ということらしいのですけれど

でも幸せが待っていると思っていたのに、やってきたのは虚無
産まれたばかりの赤ちゃんを可愛いとも思えない
こんな自分は間違った存在
悪い母親なんだと落ち込む、深く

そして鬱と、普段の落ち込みや悩みと最大の違い
それは鬱の場合「どこか誰も知らない場所に消えてしまいたい」
そして本気で「死んでしまいたい」と思うことです

何が本気かというと
どうしたら有効的にうまく死ねるかと
その手段を、場所を
死んだあとの自分や家族の姿まで
具体的にどうなのかと考えるのです

でもやがて、霧が晴れたように
夜だと思っていたのが、カーテンを開けたら明るい朝だったように
目が・・・いいえ、心が覚める時がきます
ハッピーな自分が戻ってくるのです

今まで「モノ」にしか見えなかった赤ちゃんが
イキナリ愛おしくなり
モデルにしたいくらい、カワイク見え
なんでも買ってあげたくなる(笑)

このような産後の躁鬱は、数か月で収まるでしょうし
ほとんどは専業主婦か、働いていても産休中だったり、里帰りしたり
どうにかなる場合が多いでしょう

しかし一家の主が、しかも無期限に
鬱になったら、無職になったら、死にたがったら、どうします?

ヒロインのように「会社を辞めて」なんて、正直言えない
健康保険も、福利厚生も、あるだけの有給も
許されるだけの欠勤も使って、治療してもらう

病気のせいで職場に損害を与えてしまい
クビになってしまったなら、それはしょうがない

だけど鬼嫁と思われてもいい
ご立派なことは言えない

でも、このヒロインは本当に立派だと思います
時には八つ当たりしてしまったこともあるだろうけれど
自分が主となり、夫と家庭を守ったのです

かけがえのない言葉を
ひとつづつ伝えながら

鬱と一言で言っても、症状も、期間も、それぞれでしょう
だけれど、いまは良い薬もあるでしょうし
周囲の人間の理解や環境で
いつかは闇の扉が開くのです
だから焦らないで構えてほしいと思います

まあ本人は、鬱の時は自分のことだけで周りの苦労なんか知らず
治ってから「あれが鬱だ」と気が付くのですけど(笑)



【解説】allcinemaより
漫画家・細川貂々のベストセラー・コミック・エッセイを、TV「篤姫」での共演に続いての顔合わせとなる宮崎あおいと堺雅人の主演で映画化したハートフル・ドラマ。夫がうつ病になったのをきっかけに、2人で困難と向き合い、少しずつ前へと進んでいく夫婦愛の物語を、明るく温かなタッチでユーモラスに綴ってゆく。監督は「半落ち」「日輪の遺産」の佐々部清。
 マイペースなハルさんは売れない漫画家。そのツレ(夫)は生真面目で仕事熱心なスーパーサラリーマン。ところが結婚5年目のある日、ツレが突然“死にたい”とつぶやいた。診断の結果は、うつ病。ツレの変化にまったく気づかなかったハルさん。ツレのことを心配した彼女は、“会社を辞めないなら、離婚する”と迫り退職を決意させる。ツレが主夫となったことで自分が稼がなければならなくなったハルさんは、一大決心の末に編集部で“ツレがうつになりまして、仕事ください”と切り出す。

乳母車(1956)

イメージ 1


倦怠期に差し掛かった父(宇野重吉)と母(山根寿子)
娘のゆみ子(芦川いづみ)は父親に愛人(新玉)と
赤ん坊までいることを知ってしまいます
そしてゆみ子は愛人の弟の宗雄(裕ちゃん)と出逢うのです

今なら未婚の母、シングルマザーは珍しくないですけれど
ちょっと昔なら偏見の目で見られていたでしょう

そのうえ相手の男性は政治家でも会社重役でもない
家庭持ちの普通の男性で年齢もかなり上
経済的な援助は見込めません

しかしドロドロはしていませんでしたね
不倫よりも、女性の自立のほうに
重点が置かれていますし
なにより「赤ちゃんには罪はない」ということを
全面に押し出しています

個人的には、子どものことを持ち出しては
なんでも正当化してしまうのには
あまり共感はできませんでしたが

だけど、芦川いづみさんに、新玉さんに、裕ちゃん
これにはどんな内容でも、やはり爽やかになってしまう(笑)

特に、芦川いづみさんの可愛らしさは必見
ママに変身する姿なんてめっちゃキュート
彼女を見る作品でしょう(笑)



【作品情報】MovieWalkerより
愛情と生活のトラブルを若い人たちのモラルで築きあげようとする物語。石坂洋次郎の同名小説を「殉愛」の沢村勉が脚色、「女中ッ子」以来の田坂具隆が監督、「太陽の季節」の伊佐山三郎が撮影を担当する。出演者は「泣け、日本国民 最後の戦闘機」の芦川いづみ、「狂った果実(1956)」の石原裕次郎、「病妻物語 あやに愛しき」の宇野重吉、「愛は降る星のかなたに」の山根寿子、「洲崎パラダイス 赤信号」の新珠三千代。その他杉幸彦、青山恭二、中原早苗、中原啓七、織田政雄など。

開くトラックバック(1)

大鹿村騒動記(2011)

イメージ 1


大鹿歌舞伎は18世紀から続く
実在の無形民俗文化財なのだそうです

顔なじみの素人役者が演じる村歌舞伎の公演は
村の人々にとって、かけがえのない楽しみなのでしょう

そしてまた、このような小さな村では
人間関係もいろいろあるでしょう

かって親友(原田芳雄)の妻(大楠道代)とかけおちした岸部一徳は
女が認知症になってしまい
面倒を見きれなくなったため大楠を連れて村に帰ってきます

なんという自分勝手な(笑)

それだけど、のどかな作品でしたね
駆け落ち、認知症、性同一性障害という
普通なら深刻になるようなことを
誰も深く掘り下げずに楽観しているのです

脚本の悪いからのような気もしますが(笑)
ベテランの豪華な配役のおかげで
あえてこういう展開にしたのかとさえ思えてくる

歌舞伎を見る観客の顔も良かった
大鹿歌村のみなさんなのでしょう
とても歌舞伎を愛しているのが伝わります

これはのびのびとした
主演者の演技を楽しむ映画でしょうね
抜けていて、和みます



【解説】allcinemaより
300年ものあいだ守り継がれてきた“村歌舞伎”が存在する長野県の小さな村“大鹿村”を舞台に、公演を5日後に控えた村で巻き起こる悲喜こもごもの騒動を原田芳雄主演で描くヒューマン群像コメディ。監督は「どついたるねん」「行きずりの街」の阪本順治。
 長野県下伊那郡、大鹿村。南アルプスの麓に位置するこの小さな村は、300年以上の歴史と伝統を誇る村歌舞伎が自慢。シカ料理店を営む風祭善は、その大鹿歌舞伎の花形役者。しかし実生活では、かつて女房の貴子に逃げられて以来、寂しい一人暮らしの日々。そんな中、村ではリニア新幹線の誘致を巡って喧々囂々、公演が5日後に迫っても、善以外はなかなか稽古に身が入らない。するとそこへ、貴子が駆け落ち相手の治と一緒に戻ってきた。しかも治は、認知症を患った貴子を持て余し、善に返すと言い出すのだが…。

開くトラックバック(1)

巨人と玩具(1958)

イメージ 1


「人間らしく生きたかったら、どこか遠い国へ行け!
 ここはニッポンだぞ!!」


社会風刺映画ということ。

菓子業界のキャラメル消費争奪戦に宣伝合戦。
町でスカウトした娘をグラビアでデビューさせ
イメージキャラクターとしてCMアイドルにしていく・・・

なんとなく芸能界のイメージは現代と変わりませんね。
もっとも今では女の子のほうがスカウトされたくて
原宿をうろつく娘もいるらしいですけれど。

でも昼も夜も公私なく上司とつきあい
ここまで会社人間なサラリーマンは
今ではさすがに少ないでしょう。

高度経済成長の勢いは感じる作品でしたね。
仕事人間の宣伝部長はキャラメルを売るために
あらゆる手段を考えます。
テキトーでスケベなんだけど才能はある一流カメラマン。
無垢なアイドルをお高い大スターに変貌させるマネージャー。

しかし真面目で正義感が強い主人公は
だんだんとがむしゃらに働くことが間違っていると思ってしまう。
処世術に長けたものが成功することに共感できず
仕事に恋に人間関係に悩み苦しむ。

しかし突如
宣伝用の宇宙服を着て街に出て行った主人公。
本物の企業戦士に目覚めてしまったのでしょうか。
(ちょっと丸投げのラスト・・笑)

主演者それぞれのセリフは、なかなか社会の的を得ていて
今聞いても納得できるものが多いですね。
原作は開高健さん、読んでみるのもいいかも知れません。



【解説】NHKオンラインより
製菓会社宣伝部の新人・西は、やり手の上司・合田を尊敬して、自分も宣伝の鬼になろうと考えている。売り上げが落ちているキャラメルの特売宣伝のため2人は、街で声をかけた虫歯だらけの小娘・京子に注目する。合田の知り合いの写真家・春川を通じて売り出し、またたく間にスターになった京子を会社の広告塔に仕立て上げていくが…。巨大な消費社会にもてあそばれながらも、たくましく生きる青春像を力強いタッチで描く。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事