ここから本文です
星屑シネマ
星の数ほどある、映画や本の話など。

書庫邦画・ドラマ

記事検索
検索
イメージ 1


忌野清志郎さんが過ごした都立日野高校を舞台に
RCサクセションのさまざまな名曲をエピソードにしながら
つなげていく青春ドラマ。

私は良かったです(笑)
誰もが自分の10代の頃を思い出してしまう
初恋の感傷に浸ってしまう、そんな物語。

私は洋楽派であまり邦楽は聴かないのですが
それでもRCサクセションのヒット曲は耳にしたことはあります。

でもその歌詞を知ると
忌野さんの曲って、こんなにも苦しくて切なくて
恋する気持ちが描かれていて
感謝の気持ちがあるんだなあと
しみじみと感動してしまいました。
後半なんてちょっとウルウルしてしまったくらいで(笑)

ドラマは違う高校の女生徒から
忌野清志郎と勘違いされた日野高校1年生の男の子が
清志郎のフリをしてその女の子と付き合ってしまうというもの。

高校三年生でデビューした清志郎は
高校生の憧れの的だったのでしょう。
溢れる才能、カリスマ性
彼のようになりたいけれど、なれない。
嫉妬、自分に対するみじめさ。

女の子もまた嘘をついていました。
お嬢様学校なんかじゃない。
本当は働きながら定時制の高校に通っていたのです。

嫌われたくないから正直に言えなかった・・

大人なら誰しもが
人生はそんなに甘くないと吐き捨てるようなこと。
でも清志郎さんはそれを曲にして切々と歌うのです。

ドラマとしては普通の出来でしたが(笑)
忌野さんの才能を、歌の良さを再発見。

これを見たらしばらくの間は
RCサクセションファンでもファンじゃなくても
彼らの曲に浸かってみたくなると思います。

♪ah こんな気持ち
♪うまく言えたことが ナイ アイ アイ・・



【あらすじ】NHKオンラインより
2009年5月2日、忌野清志郎が急逝した。
訃報にふれた美術教師・坂口雅彦(リリー・フランキー)は40年前を思い出していた。
1969年高校1年生だった坂口雅彦(渡辺大知)は、通学する都立日野高校の3年生に、「忌野清志郎」こと栗原清志が在学中であることを知り、憧れをつのらせる。
しかしひょんなことから、他校の女子生徒・永嶋美智代(中条あやみ)から、栗原清志と間違えられ、「ニセ清志郎」を演じることに。そして雅彦は、美術教師・小林(田辺誠一)と栗原清志の会話を偶然聞いてしまう…。

日本沈没(2006)

イメージ 1


73年版は見ていません。

06年の公開当時なら
それほど疑問には思わなかったかも知れませんが。

今見ると正直
「災害を馬鹿にするな」
そんな気持ちになってしまう作品ですね。

私たちはあの津波に町が飲み込まれていく瞬間を
がれきの山を見てしまった。
それがたとえ素人が携帯で撮影した映像であっても
あの迫力と恐怖は忘れられない。

震災で大きな被害を体験していない私でさえも
家が崩れて本当に死んでしまうかも知れないと思った。

水道も電気も止まり
家族は帰ってこない
携帯も繋がらない
不安な夜を過ごす・・

それが、日本が日本沈没という危機に晒されているのに
事態の深刻さがそれほど伝わってこないのです。

柴崎コウちゃんはハイパーなレスキュー隊員なのにあっけなく怪我するし
トヨエツの博士はいきなりパソコン叩き壊しているし・・(苦笑)
自分の仕事、どうする気なの?

ただ邦画のCGもずいぶん進化したなと
そこは確かに凄いと思いました。
技術ではもうハリウッドに負けていないのではないでしょうか。

でもやっぱり辛辣なレビューしかできないのは
私にとって面白くなかったのだろうなあ・・・



【解説】allcinemaより
小松左京の傑作SF小説を「ローレライ」の樋口真嗣監督が映画化。日本列島の沈没という未曾有の危機を迎えパニックに陥る日本国民の姿とその中で出会った一組の男女の運命の行方を描く。主演は「黄泉がえり」の草なぎ剛と「世界の中心で、愛をさけぶ」の柴咲コウ。
 ある深海調査に参加した潜水艇《わだつみ6500》のパイロット・小野寺俊夫は、そこで驚愕の事実を知る。海底プレートの急速な沈降で、日本列島が1年後に沈没するというのだ。調査を指揮した地球科学の田所博士は日本の危機を訴えるが、学会は全く耳を貸そうとしなかった。しかし、内閣総理大臣・山本尚之は事態を重く受け止め、危機管理担当大臣を置き、日本人の避難先確保に動き出す。時を待たず、地殻変動の波が日本列島を次々と襲い、犠牲者が増大する。そんな中、小野寺は、ハイパーレスキュー隊員の阿部玲子と出会う。

プール(2009)

イメージ 1


「かもめ食堂」「めがね」から引き続がれた
女性目線のスローライフを描いた作品・・
というところでしょうか。

それよりもっと前「やっぱり猫が好き」からなのでしょう。
私は見ていませんでしたが、友人にはファンが多かったです。
そして、そのほとんどが未だ独身・・

それが悪いとはいいません。
だけど、女性がこういう作品にハマるのは独身のうちより
人生経験積んでからの方がいいと個人的には思います。

この世界観は、異性が遠ざかってしまう。
ザ・女子会ワールド。

物語はタイ、チェンマイでワーキングステイをしている
母親の京子を訪ねた、娘さやの目線で描かれています。

そして宿泊するゲストハウスのオーナーの菊子(もたい)と
従業員の癒し系男子、市尾(加瀬亮)
学校帰りなどにお手伝いをする、(捨て犬同然に捨てられた?)
少年ビーとのかかわりあい(この少年がとても可愛いの)

父親は誰なのか、なぜタイで生活しているのか
エピソードは一切描かれていません。

ただただ
自由
働かなくていい生活
やさしい隣人
美味しい料理
穏やかな気候
気持ちの良い寝床・・
そんな夢のような毎日なのです

こんな幸せがあるのでしょうか。

それにしても・・
タイトルのプールの意味ってなに?(笑)



【解説】allcinemaより
 映画化を前提に書き下ろした人気漫画家・桜沢エリカの原作を基に、「ネコナデ」「2番目の彼女」の大森美香監督がメガホンを執ったドラマ。ちょっとワケありな男女がのんびりと暮らすタイ・チェンマイのゲストハウスを舞台に、母に会うため日本からやって来た女子大生がそこで過ごす6日間の物語を、母と娘の確執と和解を軸に描き出す。主演は「かもめ食堂」の小林聡美、共演にこれが初の映画出演となるモデルの伽奈。
 大学卒業を目前に控えた女子大生さよは、一人タイのチェンマイ国際空港に降り立った。目的は、4年前に自分と祖母を残して家を出た母・京子に会うこと。そんな彼女を空港で出迎えたのは、母の仕事を手伝う青年・市尾。母が働く小さなプールのあるゲストハウスには、オーナーの菊子のほか、ビーという名のタイ人少年も暮らしていた。久々に再会した母は、彼らの中に混じってとても楽しげだった。母へのわだかまりを胸にはるばるやって来たさよは、その姿を素直に受入れられず、早々に部屋に閉じこもってしまうのだったが…。

開くトラックバック(1)

宇宙兄弟(2012)

イメージ 1



「夢があるじゃないか」


そうです、夢のある作品。

原作の漫画は読んだことがあり話の筋はすでに知っています。
主演者のキャラ作りはとても原作に忠実ですね。
ディズニー映画のように絵から人間が飛び出して来たよう。

子どもの頃UFOを目撃したことのある宇宙大好き兄弟。
将来はNASAの宇宙飛行士になることを誓います。
でも優秀な弟に比べて、少しダメダメな兄。
だけど弟のヒビトは兄のムッタを誰より大好きで尊敬しています。

こんな兄弟いいですね。
お互いがお互いを信じる、認め合う。
信頼ある家族で育つことは
のちの社会生活でも大いに役立つことでしょう。

内容のほうは「宇宙飛行士にはどうやってなれるのか」という
JAXAの意外と知られていない選抜試験が中心です。

白いジグソーパズル、食事の食べ残し、他言無用のトラブル・・
宇宙空間での狭い宇宙船のなかでの共同生活。
外に逃げ場はありません。

そんな、どんなときにも冷静に、感情的にならず
お互いを尊重し合わなければ過ごしていかなければならない。
宇宙では国籍も、人種も、性別も、宗教や個人的感情も
そして、いかなるこことへのイラつきや
怒りさえも、なくさなければいけないのです。

どんなに狭く過酷な環境でも
冷静に知性をもって行動しなければならない。
そうでなければ、人類の未来を担う任務は果たせないでしょう。

ただ、ラストは悪くはないけれど
出来としては粗雑でしたね。

せめてヒビトと帰還と
ムッタの宇宙飛行士選抜の合格シーンで
気持ちよく終わらせて欲しかったと思いました。

多くの子どもたちにも見せたいテーマだからこそ、です。

未知の世界に旅立ちたいというワクワク感
きっと誰にでもあるはずなのだから。



【解説】allcinemaより
小山宙哉の大人気コミックスを「岳 -ガク-」の小栗旬と「アントキノイノチ」の岡田将生主演で実写映画化した夢と絆の感動ドラマ。幼い頃に宇宙飛行士になることを誓い合った対照的な2人の兄弟を主人公に、彼らが夢を実現させるまでの長き道のりと固い絆を描く。共演に麻生久美子、堤真一。監督は「ひゃくはち」の森義隆。
 宇宙が大好きな兄弟、モジャモジャ頭の兄・南波六太(ムッタ)とつんつんヘアの弟・日々人(ヒビト)は、ある夜、月に向かうUFOを目撃する。その時2人は、一緒に宇宙に行こうと約束した。それから19年。約束通りに宇宙飛行士となったヒビトは、月面ミッション・クルーに日本人として初めて選ばれ、世界中の注目を集めていた。一方、上司に頭突きを食らわして自動車会社をクビになり、再就職もままならないムッタ。ちょうどそこに、宇宙航空研究開発機構(JAXA)から宇宙飛行士選抜試験の書類選考合格の通知が。それはヒビトが兄に内緒で応募したものだった。ヒビトのおかげで失いかけていた夢への情熱を取り戻したムッタは、優秀なライバルがひしめく過酷な選抜試験へと立ち向かっていく。

開くトラックバック(1)

劔岳 点の記(2008)

イメージ 1



以前、タモリさんの深夜番組で
「地図マニア」という人たちの存在を知りました。

私には地形や標高の何が魅力かわかりませんが。笑
たぶん自然が作り出した、人間には太刀打ちできない
壮大な偉大さに魅了されるのはないでしょうか。

明治後期、 日本地図に最後に残った空白地帯、剱岳。
そこに三角点を設置するために挑んだ
陸軍現地測量隊(現・国土地理院)と
それを支える地元の住民の物語。

冬山の登山は厳しい、素人の私でも想像つきます。
スキー場のリフトでさえ凍える思いをするくらいですもの。
それが今のようなキャンプ用具や食料
防寒に優れた衣服や靴の装備がある時代ではありません。

それは命がけの任務、「国」へのための使命。
なんとしても成し遂げねばならないのです。

でもなにかな、スマートな作品でしたね。
もう少し限界、飢え、寒さ
自然の獰猛な脅威が描かれていればいれば良かったと思います。

この作品の欠点、それは
恐怖がなかった・・

そして前人未到の登頂のはずが、軍に認められなかった
怨念、それも感じたかった。

とはいえ、さすがの木村大作様のカメラでございます。
立山連峰の四季の山並は目を見張る素晴らしさ。
そのままJRのCMを見ているよう
旅する気分を満喫できます。

ただ、いまの私たちはこの殺漠とした今に
感動を求めているのだと私は思うのです。

きっとこの作品にも登頂の感動を求めたかった
地図作成の達成感を求めたかった。
たとえ挫折でもいい、潔さを求めたかった。

物語的には、宙ぶらりんで終わった気がします。

でも、もしも昭和な作品で
高倉健さんが健在で主演だったら
また違った名作が出来たかもしれません。



【解説】allcinemaより
日本映画界を代表する名カメラマン木村大作が自ら初監督に挑み、新田次郎の同名小説を完全映画化。明治時代末期、国防のため日本地図の完成を急ぐ陸軍の命を受け、最後の空白地点を埋めるべく前人未踏の難峰・劔岳に挑んだ男たちの命を懸けた真実の物語を圧倒的なスケールで描き出す。実際に劔岳・立山連峰各所でロケを敢行、測量隊と同じ行程をほぼ忠実に辿る危険と隣り合わせの過酷な撮影の末に実現した雄大さと迫力に満ちた映像美に注目。出演は「モンゴル」の浅野忠信と「トウキョウソナタ」の香川照之。
 明治39年、陸軍参謀本部陸地測量部の測量手、柴崎芳太郎は、国防のため日本地図の完成を急ぐ陸軍から、最後の空白地点である劔岳の初登頂と測量を果たせ、との命令を受ける。立山連峰にそびえ立つ劔岳は、その険しさから多くの者が挑みながら誰一人頂上を極められずにきた未踏峰の最難所であった。さらに、最新装備で初登頂を目指す日本山岳会という強力なライバルが出現、測量隊には陸軍のメンツという重いプレッシャーがのしかかる。そんな中、柴崎は前任の測量手・古田盛作を訪ね、信頼できる案内人として宇治長次郎を紹介される。そして翌40年、柴崎たち測量隊一行は総勢7人でいよいよ劔岳の登頂に臨むのだったが…。

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事