ここから本文です
星屑シネマ
星の数ほどある、映画や本の話など。

書庫邦画・ドラマ

記事検索
検索

おとうと(2009)

イメージ 1



「どんな家にも、ああいうのがひとりやふたり、いるんだよな」

います。私にも。
あるクレジット会社から身に覚えのない督促が来たのです。
勝手に保証人の名前を書いて三文判を押したようです。
金融機関では支払いが停滞すると借金した本人ではなく
保証人に支払いを請求できる権利があります。

これが他人によるものなら警察にも届けるし、訴えもおこすでしょう。
しかし身内なのです。
「迷惑かけないから」「必ず返すから」

その言葉に、全額ではないにしても
少しは誠意を見せてくれるのではないかと
はじめは思いました。

でもゼロでした。
1円も返してくれたことはありません。

そんな経験があるせいで
非常にリアリティありましたね。

口先だけのお調子者。
定職にも就けない。
お酒で酔い自分をごまかす。

そんな弟を心配して、ついつい助けてしまう姉。
世間でははみ出し者、でも彼女にとっては可愛いのです。

作品では姉弟でしたが
こういう男の母親はまさしくこの通り。
甘くなってしまう、お金を渡してしまう。
息子がしっかり生活するまでは死ねない・・そう思っています
一生治ることはないのに。

でも信じられないことに、一番苦しんでいるのは
好き勝手に生き、人を裏切ってきたこの男なのです。
どうしてうまくいかないのだろう・・
まるで自分は悲劇の主人公。
救けて、救けて・・・

「ほら、あの人も呼んでやったらいいじゃないの」
少しボケてしまったおばあちゃんは、孫の再婚前にそう言います。
嫁の弟を決して好きにはなれなかった
だけど彼の寂しさには気づいていたのでしょう。

自分もずっとのけ者にされていて
寂しいと感じていたから。

ほんのチョイ役で蛾次郎さんや仲居くんが登場する
山田監督らしいサービスはさすがに活きていますね。

でもあまりにも身近な話すぎて、イライラしっぱなし。
感動する余裕は全くございませんでした。笑



【解説】allcinemaより
「男はつらいよ」シリーズ、「たそがれ清兵衛」の名匠・山田洋次監督の10年ぶりの現代劇となる家族の絆の物語。しっかり者の姉と問題ばかりを起こしてきた愚かな弟が繰り広げる再会と別れを、笑いと涙を織り交ぜ切なくも感動的に綴る。主演は「母べえ」に続いての山田監督作品出演となる吉永小百合と「ディア・ドクター」の笑福亭鶴瓶。共演に蒼井優、加瀬亮。
 東京で薬局を営む高野吟子は、夫を早くに亡くし、女手ひとつで一人娘の小春を育ててきた。その小春もエリート医師との結婚が決まり、喜びもひとしお。ところが式の当日、音信不通だった吟子の弟、鉄郎が突然羽織袴姿で現われた。酒癖が悪く、たびたび問題を起こしてきた家族の鼻つまみ者。周囲の心配をよそに、またしても酒をあおって大暴れ、大事な披露宴を台無しにしてしまう。誰もが激怒する中、それでも鉄郎をかばってしまう吟子だったが

開くトラックバック(1)

瀬戸内少年野球団(1984)

イメージ 1


「こうして墨を塗った日の事、君たち、大人になっても覚えていてね」



見るのは初めてですけれど
「イン・ザ・ムード」といったらもう「瀬戸内少年野球団」ですよね。笑
舞台は戦後まもない淡路島。

終戦後、日本人の生活は急激に変わっていくのですね。
特に教育現場で子ども達の学習は激的に変わります。
その変わりようは黒電話から
いきなりスマホになったようなもの。
途中のプッシュホンやポケベルはありません。

教科書に書かれていることは黒く墨で塗られ
いままで受けてきた思想教育はなくなります。
横書きの文字が左から右へ。
米国進駐軍兵士がばらまいたガムやチョコを拾う
男女共学になる。
英語の授業が始まる・・・
今まで信じていたもの、学んでいたものが
すべて覆されるのです。

それでも戸惑いながら、アメリカの文化を受け入れていく
当時の日本人はとても貧しく、苦労したのだろうけれど
逞しいなあと思います。

この作品、野球の方はあまり関係ありませんね。笑
話の軸が何なのかはっきりしない作品ではありましたが
思春期の少年少女の初恋物語の部分は
それなりによくできていたのではないかと思います。

海軍提督だった父親と一緒に
都会から島にやってきた女の子、武女(むめ)。
同級生だけどちょっと大人っぽい彼女。
島の男の子たちは提督を進駐軍の手から守ってやると誓い合います。

級長の竜太と武女はそのうち、お互いを気になりだします。
だけど親友の三郎も武女のことが好きでした。
クラスで彼女の隣に座るのも三郎。

後先考えずに、思ったことを行動してしまう三郎と
真面目でナイーブで勇気のない竜太。

父親が戦犯として逮捕されシンガポールで処刑された武女は
兄のいる東京に帰ることになりました。
出港する船を見送りに来たのは三郎でした。
竜太じゃなかった・・

泣いてしまう武女・・・
去っていく船。
竜太もまた教室でむせび泣いていました。

実らない恋の
細やかな切ない心情が伝わってきます。

夏目雅子さんはやっぱり可愛かったですね。
担任の先生があんなに綺麗だったら
男の子はときめいて勉強がてにつかないかも?笑

ところで私、野球は詳しくないのですが
犬がボールを加えてもプレイは成り立つものなのでしょうか?笑



【解説】allcinemaより
作詞家・阿久悠の自身の郷里・淡路島での少年時代をつづった同名小説を篠田正浩監督が映画化。敗戦直後の淡路島を舞台に、初めてする野球に夢中になっていく少年たちと戦争の影を引きずる大人たちの姿をノスタルジックに描く。昭和20年9月。淡路島の国民学校。敗戦によって、この学校でも軍国教育から民主主義教育に変わり、子どもたちにも少なからず戸惑いが生じる。5年男組の担任の駒子先生(夏目)は新婚直後に夫・正夫(郷)が戦死、嫁ぎ先の家に留まるべきか悩んでいたが……。

はやぶさ/HAYABUSA (2011)

イメージ 1


おしつけがましい教育映画かなと思って
見るのをためらっていたのですけれど
予想外にとても面白かったですね。

はやぶさクンが地球に帰還したときには
思わず感動で泣いてしまいました。笑

JAXAの職員にとってはもう
はやぶさクンは本当に我が子ですよね。
苦労して生んで育てて旅に出す。

その旅はとても遠く長いものでした。
手の届かない遥かかなたの宇宙。
相次ぐトラブルに研究者の頭脳はフル回転。
たべる暇も寝る暇もありません。
パンをかじり栄養ドリンクを流し込む・・

だけど手のかかる子どもほど可愛いのです。
壊れてしまう部品
途絶えてしまう通信
どうか無事に戻ってきて!
最後にはもう神頼み・・・科学者なのに。笑

難しい専門用語に解説の字幕がついていたのもよかったですね。
わかりやすいし、誰でもが科学の世界に入り込みやすい。
惑星探査機がエコなイメージもよかったです。

日本での博士号所得も大変なのも伝わりました。
論文を書きながら、薄給のためアルバイトまでしている。
実家が金持ちならともかく普通の家庭なら苦労するでしょう。

でもインテリの人の共通点って
いつまでたっても学生みたいな雰囲気をもっていますよね。
気持ちは20代前半で止まってる・・
すごく頭のいい人と会うといつもそんな印象受けます。
映画の中のJAXAの職員もそんなふうに見えてしまいました。笑

とにかく60億キロを旅したはやぶさクンを応援する作品。
がんばったね、はやぶさクン
おかえり、はやぶさクン
素直に感動できる物語だと思います。



【解説】シネマトゥディより
2003年に飛び立ち、小惑星のイトカワからサンプルの採取に成功した小惑星探査機「はやぶさ」の挑戦を描いた壮大なドラマ。7年に及ぶプロジェクトの中で、装置の故障や燃料漏れなどの危機を乗り越え、宇宙科学研究所(JAXA)のスタッフが偉業を成し遂げる姿を描く。若い研究生を演じるのは、『いま、会いにゆきます』の竹内結子。彼女をスカウトする上司を、『釣りバカ日誌』シリーズの西田敏行が演じる。監督は、『20世紀少年』シリーズの堤幸彦。幾多の困難を乗り越え、世界初の偉業を成し遂げた「はやぶさ」とJAXAの物語に、胸が熱くなる。

開くトラックバック(1)

みんなのいえ(2001)

イメージ 1


我が家を持つって大変ですよね。
マンションや建売を買うのでも相当大変なのに
設計から建築まで、全てにかかわらなければならないとなると
自分の理想の家に近づける可能性もありますが
相当の手間と時間がいると思います。

家を建てることになった、シナリオライターの夫とその妻。
アート志向の建築士に図面を頼み
職人気質で、大工でもある妻の父親に建設をしてもらうことになります。

おしゃれなデザインの家に夫婦は夢いっぱい
でも昔ながらの日本の家屋にこだわる父親は
西洋趣味なのがどうしても気に入らない。
しかも夫の母親までが風水を持ち出してきて
あれこれ要求してきます。

優柔不断な夫は次第に振り回されていきます。
デザイナーと棟梁のこだわりの間に立ち
ついにはトイレは3つになり
和室は20畳にまでなってしまいます。

こんなふうに、どの既婚の男性でも
妻の親にも、自分の親にも意見ができず
言いなりになってしまうものなのでしょうか。

それでもやがてお互いがお互いを理解しあうようになり
どうにか無事に家は出来上がります。
みんなの「こだわり」が詰まった家です。

残念なのはその家が素敵に見えなかったこと。笑
タイルの逸話もどこへ行ったことやら。

それぞれの人間像には、ちょっとイラっとくる作品でしたね。
でも家って「こだわり」よりも
住みやすさを優先するのが一番だということは
勉強にはなりました。

自分が住む家は、夢の場所ではなく
現実に毎日暮らす場所なのですから。



【解説】allcinemaより
「ラヂオの時間」以降、新作が待ち望まれていた三谷幸喜が次の題材に選んだのは“家を建てる”ことをテーマにした“ホームコメディ”。自らの新居を建築する際に体験した騒動を大きく膨らませて描き下ろしたオリジナル・ストーリーを基にしている。お酒落なマイホームを夢見る若夫婦。新進気鋭のインテリア・デザイナーに設計を依頼するまでは良かったが、施工は妻の父親で頑固な大工が行うこととなり、正反対の性格であるふたりは対立を繰り返し、遂には想像を絶するトラブルが夫婦に襲い掛かる。はたして理想の新居は完成するのだろうか? 主演は国民的ドラマ「北の国から」の田中邦衛と「ラヂオの時間」に続いて三谷作品出演の唐沢寿明。共演は「岸和田少年野球団」で映画体験済みの“ココリコ”田中と元フジテレビ女子アナ・八木亜希子、以下、三谷作品常連の名優達が競演。

イメージ 1


子どもが親より先に逝く、これほど親不孝なことはないでしょう。
もしも自分の子どもが重病になったなら
親としてなにかできることはないのか
何ができるのだろうと誰でも真剣に考えると思います。

すれ違ってしまった父と息子。
父親の高田は田舎町でひとり暮らし、漁師をしています。
トンビが鷹を生んだのでしょう、息子の健一はかなりのインテリ
民族学者をしています。

いくら親子でも最初から性格的に相性があわないということは
たぶんあるでしょう。
母親の死をきっかけにお互い音信不通になってしまった。
その息子が末期がんだと知らされます。

健一が見たがっていた、中国の「単騎、千里を走る」の
仮面歌劇を撮影するため野田はひとり中国の麗江市へと向かいます。

しかし俳優は事件をおこし刑務所に入っていました。
日本語の話せない通訳
はかどらない手続き
演技のできない俳優
次から次へと高田を困難が襲います。

それでも人々のやさしさと善意に支えられながら
ついには歌劇鑑賞までたどりつきます。

だけれど息子とは最期の最期まですれ違ってしまいます・・

中国の提灯で照らしている街並みなどエキゾチックで素敵でした。
庶民の生活も見れて、小さな村では日本人の客人を迎えるため
村中の人が集まり料理を並べ歓迎してくれます。
皆、決して豊かな生活ではないでしょう。
それでも遠い日本から息子のためにやってきた旅人に
彼らなりに一生懸命尽くしてくれます。

最後まで、もたもた、もたもたとした展開
なかなか先に進みません。
でもそれがこの作品の魅力なのでしょう。

結局願いは叶いませんでした。
でもみんな、良いことをしたのだと、そう思います。



【解説】allcinemaより
日本映画界の第一人者、高倉健と、アジアを代表する巨匠監督チャン・イーモウの夢のコラボレーションが実現したヒューマン・ドラマ。長年疎遠となっていた息子の余命が僅かと知った主人公が、息子の願望を叶えようと単身中国に渡り、困難な旅の中で中国の人々と心を通わせていく姿を綴る。なお日本での撮影は、イーモウ監督の強い希望で日本人スタッフが担当することになり、降旗康男監督はじめ高倉健主演映画を数多く手掛けてきたベテランスタッフが結集した。
 静かな漁村に暮らす高田剛一のもとにある日、東京にいる息子の健一が重病だとの報せが届く。しかし父と子の間には長年に渡る確執が存在し、そのために健一は父との面会を拒んでいた。息子ともう一度向き合うことを決意する高田。彼は、嫁の理恵から民俗学者の健一が、中国の有名な俳優リー・ジャーミンと交わした約束を果たすことが出来ず悔やんでいることを知らされる。そこで高田は、健一の代わりに彼がやり残した仕事を成し遂げようと、無謀にもたった一人で中国の麗江市へと旅立つのだったが…。

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事