ここから本文です
星屑シネマ
星の数ほどある、映画や本の話など。

書庫邦画・ドラマ

記事検索
検索

細雪(1983)

イメージ 1


「ねばりはったな」

とにかくキモノ、着物を見る映画。
裏地まで凝っていて豪華ですね。
着物好きや、お茶やお華のおけいこ事をなさっている方には
ため息が出るほどたまらない作品でしょう。

歳の離れた旧家の美人4姉妹。
本家の長女は銀行家と、次女は優柔不断な優男と結婚して子どももいます。
3女と末っ子の妹の結婚を心配する日々。

いくつになっても綺麗な岸惠子さん、佐久間良子さん。
姉御肌で情が深く、怒りも思わず笑いに変えてしまうような
客観的に関西女性ってこうなんだろうなという雰囲気。
反抗期的だけれど、自分に正直な初々しい末っ子に古手川祐子さん。
そして、おとなしく控えめだけれど、芯が強く、決して自分を曲げない三女に
日本映画界の永遠のマドンナ、吉永小百合さん。

いつだったかテレビで、最も美しい歴代女優のランキングというのがあって
1位に輝いていたのが吉永小百合さんでした。
そのあとの順位は松坂慶子さん、高峰秀子さん、田中絹代さん
新玉美千代さん、八千草薫さん、原節子さん・・・などなど。

どの女優さんも本当に綺麗だけれど
吉永さんの場合はその横顔の可愛らしさにかなう女優はいないとのこと。

なるほど・・・

横顔や後ろ姿、男性でも「男の背中」がその人の表情を表すように
自分では見えない無防備な場所が完璧であること
それが人の目を引き寄せ魅了するのだなと
そんなストリーとは関係ないことを思いながら映画を見入ってしまいました。

残念なのは石坂浩二さんがエロな女好きにしか見えないこと。笑
秘かに義妹に心を寄せる繊細さが見え隠れしているような
そんな禁断的な心情が伝われば良かったのかなと思います。
切なさの、我慢や辛抱の美学って邦画ならではの魅力ですし。

美しい女優と、美しい着物と、美しい古い日本家屋
なんとなく市川崑監督の好きなものがいっぱい詰まった作品
そういう印象を強く受けた作品でありました。



【解説】allcinemaより
谷崎潤一郎の同名小説を名匠・市川崑監督が映画化したドラマ。ある旧家の4姉妹それぞれの一年間の物語を、三女の縁談話を中心に、四季折々の風物を織り交ぜて描く。昭和13年の春。京都嵯峨の料亭。旧家・蒔岡の4姉妹が花見の宴で一同に会する。長女・鶴子と次女・幸子はいまだ未婚の三女・雪子と末娘・妙子の結婚を気にかける毎日。おとなしい雪子は親類の勧めで次々と見合いをするが本人の気が進まず一向にまとまらない。一方、奔放な妙子も恋人が急逝し酒浸りになる……。

わが母の記(2011)

イメージ 1


作家、井上靖さんの自伝的小説の映画化。

「しろばんば」の少年は大人になり
売れっ子小説家として成功しています。

お手伝いさんに運転手、ゴルフにビリヤード
ホテルで食事、豪華客船
当時としてはかなりの裕福な生活。

それでも主人公の洪作の気持ちは満たされていません。
幼いころ自分だけ家族と離れて祖母と暮らしたことが
母親の八重に捨てられたからだと思っているのです。

その母親が老い、次第にもの忘れが激しくなってきます。
同じことを繰り返し話す
毒を吐く
しつこくこだわりをもつ
やがて家族を、息子を、わからなくなってしまいます。

樹木希林さん、すごいですね。
終盤のボケてしまった姿は演技とは思えないほど。
本当に認知症のおばあちゃんって
ああいう表情しています。

ちいさく、ちいさく、ちいさくなっていく・・
いつもモゴモゴとしている口。

八重が洪作が少年のころ書いた文章を読むシーンは感動的でした。
きちんと折りたたまれた、今はもう色褪せぼろぼろになった紙。
何度も何度も読んだのでしょう。
大切に大切にしまっておいたのでしょう。

こんなにも愛されていたんだと
洪作ははじめて知るのです。

八重が亡くなったとき
洪作は八重の介護をしていた妹に「ご苦労様」といいます。
電話の前で泣き崩れる妹。
どれほど苦労をしたことでしょう
やっと終わりがきたのです。

中学生を演じた宮崎あおいちゃんもスゴイですね。
さすがの万年少女です。

そしてラストのクレジットの
「クールなダンプ男」が笑えました。

75歳オーバーの母親やおばあちゃんと暮らしたことのある方なら
共感したり感動できる作品ではないでしょうか。
まずまずの秀作だと思います。



【解説】allcinemaより
昭和の文豪・井上靖の自伝的同名小説を役所広司と樹木希林の主演で映画化した家族ドラマ。子どもの頃に母に捨てられた記憶がトラウマとして残り、母とのわだかまりを抱えたままの主人公が、年老いていく母と向き合った日々を丁寧な筆致で描いていく。共演に宮崎あおい、南果歩、キムラ緑子、ミムラ、三國連太郎。監督は「クライマーズ・ハイ」の原田眞人。
 ベストセラー作家の伊上洪作は、幼少期に自分だけが両親と離れて育てられた経験を持ち、“母に捨てられた”との気持ちが拭えないまま今もなお深い心の傷となっていた。そのせいか、自分の娘たちには必要以上に干渉してしまい、反抗期の三女・琴子は洪作への反発を強めていた。一方、母・八重は父の死後、洪作の妹たちが面倒を見ていたが、次第に物忘れがひどくなっていく。やがて、そんな八重を洪作が引き取ることになるのだが…。

はじまりのみち(2013)

イメージ 1



ザ・マザコン・ムービー。
こんな息子をもったら母親はどれほど幸せでしょう。

木下恵介監督作品はいままで4〜5本しか見ていないのですけれど
どの作品にも反戦、そして女性崇拝がうかがえると思います。
良き妻、よき母、働く苦労、やさしさ、潔さ・・

この作品をみるとその理由がわかる気がしますね。

戦時中に自身の監督作品のラストを政府から批判され
正吉(恵介の本名)は撮影所を飛び出し実家に戻ります。
かっては気丈な女性だったのでしょう。
それが老いて身体も動かせず、口もきけなくなった母親。

空襲でなにもかも焼けてなくなってしまい
疎開先に行くことになった木下家。
彼は寝たきりの母親を疎開先まで
リアカーで運ぶと言い出します。
それは山あり谷ありの長い困難な道
だれもが無理だといいますが正吉は耳を貸しません。

映画に対する信念も、母親への愛情も
頑固で、気難しくて、決して自分を曲げない。
だけれど本当はナイーブなのです。

みんなが融通のきかない正吉に振り回されます。
だけどお母さんだけはどんなときも優しい。
見守ってくれる、応援してくれる、我慢してくれる。

便利屋の濱田岳が、お調子者でうまくバランスをとっていましたね。
ビールを飲む、カレーライスを食べる・・
ラストに登場した名優、阪妻さんのシーンでうまく活きました。

お兄さんも善い人ですね。
どんなことも賢い弟にあわせてあげる。
とてもやさしい、こんなありがたいお兄さんがいたら感謝です。

愛情ある家庭に育ったから
たくさんの愛のある作品が撮れたのでしょう。
きっとそう思います。



【解説】allcinemaより
大ヒット・アニメ「映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」の原恵一監督が、「二十四の瞳」「喜びも悲しみも幾歳月」などで知られる日本映画史を代表する名匠・木下惠介監督の若き日の感動秘話を基に、自身初の実写作品に挑戦したヒューマン・ドラマ。木下惠介生誕100年記念映画。戦時中、軍部に睨まれ松竹を一時離れるきっかけとなった「陸軍」を巡る製作秘話を背景に、病に倒れた母を疎開させようとリヤカーに乗せて山越えに挑む過酷な道行きを、母と子の絆を軸に感動的に描き出す。主演は「それでもボクはやってない」「アウトレイジ」の加瀬亮、共演に田中裕子、ユースケ・サンタマリア、濱田岳。
 太平洋戦争下の日本。血気盛んな青年監督木下惠介が身を置く映画界では、政府から戦意高揚の国策映画の製作が求められていた。そんな中、彼が1944年に監督した「陸軍」は、内容が女々しいと当局の不興を買い、以後の映画製作が出来なくなってしまう。夢破れた惠介は松竹に辞表を提出し、失意のうちに郷里の浜松へと戻る。最愛の母は病気で倒れ、療養を続けていた。しかし戦局が悪化する中、惠介は母をより安全な山間の村へと疎開させることを決意する。彼は病身の母と身の回りの品を2台のリヤカーに乗せると、兄と雇った“便利屋さん”と3人で力を合わせ、過酷な山越えに向かって歩みを進めるのだったが…。

開くトラックバック(2)

ホタル(2001)

「親愛なる兄弟姉妹のみなさん。
 いわゆる大人の世界であれば理解されているのかもしれませんが
 私たち子供にはわかりません。
 なぜ「強い」といわれる国々は、戦争を生み出す力がとてもあるのに、
 平和をもたらすことにかけては弱いのでしょうか。
 なぜ、銃を与えることはとても簡単なのに、
 本を与えることはとても難しいのでしょうか。
 なぜ戦車をつくることはとても簡単で、
 学校を建てることはとても難しいのでしょうか。」
 
ノーベル平和賞を受賞したマララ・ユスフザイさんのスピーチ
とても素晴らしく感動的でした。
彼女の言葉はなぜこんなにも人の心に届くのでしょう。
平和と教育の権利を願う気持ちが本当に伝わってきます。
そして彼女は悲惨な過去や現在を嘆き悲しむだけでなく
よりよい未来を実現するために努力しているのです。
 
戦争の傷跡は何十年、何百年、何千年つきまとうのです。
私たちもマララさんの言葉に学び
平和な世界を、未来を築き上げようという
そんな気持ちをもちたいですね。
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
「生きるというのはタイヘンな事で
 生き残った人達も含め人は皆
 ただ前を向いて懸命に生きているだけです」
 
お馴染みの降旗監督×木村大作撮影監督×高倉健さん主演作品で
期待も膨らむわけですが、私的にはちょっと違いました。
その理由のひとつが木村さんのどの作品でも素晴らしいカメラが
いまいち冴えていない気がしたからです。
 
降旗監督の作品は木村さんの撮影があってこそではないですか!
なのに、あの特攻隊のチープな航空シーンなどよく許したなと。
(ごめんなさい。笑)
ヒロインの若い女優さんのヒドイ演技にも閉口でした。
芸能界もいろいろな事情があるのでしょう、たぶん。
 
戦争で死んだ仲間が、ホタルに姿を変えて戻ってくる・・
そういうファンタジックな世界は好みでしたけど。
死んでも、亡霊でも、夢でも、思いこみでいいから逢いたい・・・
そんな人は私もいますもの。
 
鹿児島で漁師をする山岡と妻の知子は
とても仲の良い熟年夫婦。
山岡は戦争中特攻隊員でした。
そして知子は特攻隊で亡くなった親友、金山の許嫁でした。
 
金山は日本軍の朝鮮人少尉でした。
戦時中特攻隊員の面倒を見ていた「特攻隊のおかあさん」冨子は
金山の遺品を韓国の遺族に渡してほしいと山岡に頼みます。
日本の為に散った特攻隊だという理由で韓国政府の協力が得られず
韓国に住む遺族に遺骨を返すことが出来ないことが
年老いた冨子には心残りだったのです。
 
韓国に金山の遺品を届けに行く山岡。
しかし金山の家族から「日本人のおまえは生き残ったのか」と
強く罵られてしまいます。
 
金山はなぜ日本人女性と恋に落ち結婚する約束をすることになったのか
なぜ韓国に家族を残しているのに特攻隊に志願したのか
(特攻隊は志願制だったらしいです)
そのところを物語の中でもっと伝えられていると
わかりやすい作品になったかも知れません。
 
これだと、ただいかに韓国人が日本人を憎んでいるか
それだけを象徴しているだけになってしまいます。
憎むには憎む、それだけの理由があるはず。
その部分が抜け落ちているのでわかりにくかったですね。
戦争の痛みはどの国にもあるはずなのだから。
 
お互いを思いやる熟年夫婦には微笑ましいものがありましたが
ちょっとウヤムヤな気持ちになってしまう作品でした。
憎しみを伝えることだけが、一番大切なことなのでしょうか。
 
もっと自由な想いがあっていいはず。
 
未来のために出来ることをしたい・・
そんな若く希望に溢れたタママさんの言葉が胸に沁みます。
 


 
【解説】allcinemaより
 「鉄道員」の高倉健と降旗康男監督が再び顔を合わせ描く、戦争の傷跡を内に抱えて生きる夫婦の愛の物語。桜島を望む鹿児島の小さな港町で静かに暮らす山岡(高倉)と妻の知子(田中)。漁師をしていた山岡は、知子が14年前に肝臓を患い人工透析が必要になったのを機に沖合での漁をやめカンパチの養殖を始めた。時代が“平成”に変わったある日、山岡は藤枝という男が青森の冬山で亡くなったことを知る。藤枝は山岡と同じ特攻隊の生き残りだった。山岡は再び“昭和”という時代を見つめることになる

開くトラックバック(1)

春との旅(2009)

イメージ 1
 
 
 「辛いから生きるのよ・・」
 
 
頑固で気難しい、足の悪い
孫娘とふたり暮らしの老いた元漁師。
 
私には幸せな老後に思えましたね。
もし自分が年老いた時のことを考えてみたら、どうでしょう?
 
少子化の現代。
訪ねて泊まれる兄弟姉妹の家なんてほとんどの方がないでしょう。
まして面倒を見てくれると笑顔で言ってくれる嫁や孫がいるなんて
宝くじが当たるのと同じくらい夢のまた夢のような気がします。
 
孫娘の春の勤め先の学校が廃校になったため、都会に就職させてあげたい。
今まで孫娘の世話になっていたおじいちゃんの忠男は
これからは自分の兄弟に面倒をみてもらおうと
親せきを訪ね歩く、そんなロードムービー。
 
そりの合わない兄、悪だけど可愛い弟、どうしてもかなわない強い姉・・
そして母と離婚し違う女性と再婚した春の父親へとふたりは向かいます。
 
でも本当は、忠男は自分が世話になる先を探すと言いながら
春のため親戚の家を巡ったのではないでしょうか。
 
忠男は自分の死を予感していたのです。
自分が死んだら春には身寄りがなくなってしまう・・・
 
もしかしたら春には忠男と同じく足の障害があるかもしれません。
だから周囲にクソ爺のまねをしてでまで
春は苦労しているんだと
春に何かあったら助けてくれと
そう親戚に伝えたかったのだと思います。
 
しかし映画としては、何か調味料がたりませんでした。
演出があまりよくなく、展開が説明不足に感じるのです。
見せ場での音楽も煩すぎてセリフが聞き取りにくい。
 
仲代達也さんも漁師というより、インテリ教授のような風貌ですし。笑
ベテラン俳優さんたちが名演技を披露しているというのに
非常にもったいないの一言です。
 
でも名優さん達の演技はやはり素晴らしい。
特に80歳はとうにオーバーしている淡島千景姉さんの
綺麗で色っぽいこと!
何歳になっても女性らしさは忘れてはいけませんね。笑
 
映画自体の出来はイマイチでしたが。笑
でももし、気の合わない親戚から面倒なことを頼まれたらどうしようとか
もし自分の老後、身寄りがなくなったらどうすべきとか
そんな将来をリアルに考えてしまう・・
そういう作品ではあるでしょう。
 

 
【解説】allcinemaより
 「バッシング」「歩く、人」の小林政広監督が、自ら著わした同名原作を豪華キャスト競演で映画化した感動ドラマ。身の拠り所を求めて疎遠の親類縁者を訪ねる旅に出た老漁師と孫娘が、次々と再会を経る中で浮き彫りになる過去の事実や確執に否応なく向き合っていく姿とその人間模様をリアリスティックに描く。主演は「白い犬とワルツを」の仲代達矢と「アキレスと亀」の徳永えり。
 4月の北海道・増毛。寂れた海辺のあばら家に暮らす老漁師・忠男と孫娘・春。若い頃から北海の漁師一筋に生きてきた忠男も今では妻を失い、財産もなく、足が不自由となり、独りでは生きていけない身となっていた。一方、春は、数年前に母を亡くして以来、忠男を支えるため地元小学校の給食係として働きながら生計を立てている。しかし、ある日小学校が廃校となったことから春が失職してしまい、彼らの生活もいよいよ行き詰まってくる。そこで2人は、忠男の受け入れ先を求めて、疎遠となって久しい忠男の姉兄弟たちを訪ね歩く宮城各地への旅に出ることに。だが、行く先々で再会する姉兄弟はそれぞれの事情で忠男の面倒を見るどころではないうえ、過去の軋轢も再燃し、彼らとの愛憎や葛藤に直面する羽目になる忠男。そんな彼の姿を目の当たりにし、長く離別している父親に再会したい思いが芽生えた春。そして彼女は忠男と共に、後妻と暮らす父の牧場へと向かう…。

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事