ここから本文です
星屑シネマ
星の数ほどある、映画や本の話など。

書庫邦画・ドラマ

記事検索
検索

舟を編む(2013)

イメージ 1
 
 
辞書を作る仕事、そういうストリーと思って鑑賞しましたが。
どちらかといえば人間関係や夫婦愛を描いている・・
私にはそういう作品に思えました。
 
学歴もあって優秀なのだろうけれど
口下手で人づきあいが苦手
要領も、もの覚えも悪い
「本当にコイツは頭がいいのか?」と疑う新入社員、いますよね。笑
 
辞書編集部に配属された主人公の「マジメ君」な光也も
そんな真面目だけれど不器用な青年。
最初は仕事も、同僚との関係もうまくいきません。
そんな彼を励ます大家のおばちゃん。
そしておばちゃんの板前を目指す孫娘、かぐやに光也は恋をします。
 
現実に光也のような無口すぎる男性であれば
あまり女性にモテるとは思いませんが。
でも真面目だし、浮気もしないだろうし、安定した仕事だし
結婚するならこういう男性がイチバン!という
そういう(作者の)女性心理はわかります。笑
 
気が付いたらかぐやと結婚しちゃっていた光也。
 
驚いたのは辞書作りには12年もの歳月がかかるということ。
新しく生まれたことば、使われなくなったことば
よりわかりやすく、よりシンプルに解説する・・・
辞書って読む相手のことを常に考えて編集されるものなのですね。
 
この作品を見たなら、今までとは
辞書を引くときの気持ちが少し変わるでしょう。
あたりまえに身の回りにあるものにも
たくさんの人間がかかわっているのです。
 
家に帰ってまで地味な作業の続き。
何日も編集部に泊まり込みでの仕事。
何も言わずに黙って支える妻。
一緒に励ましあいながら働く仲間たち。
 
配役が手堅く、とにかくいいですね。
特に終盤に登場する松本先生の妻役の八千草薫さんが素敵。
八千草さんはどの作品でも主役を張るような女優さんではないですが
本当に花があって、癒し系で和みます。
何歳になっても「可愛らしい」って素晴らしいですね。
 
あまり期待していなかったけれど
コミカルな部分もあり、思ったより面白かったです。
あの古風すぎるラブレターは、イマドキまさかないでしょうけど。笑
 

 
【解説】allcinemaより
2012年本屋大賞第1位に輝いた三浦しをんの同名ベストセラーを松田龍平主演で映画化した感動ドラマ。新しい辞書の編纂という一大事業に取り組む辞書編集部に配属されたマジメで不器用な青年が、地味で気の遠くなるような作業のなかで個性豊かな編集部員たちと織り成す人間模様と、板前を目指す下宿先の孫娘との恋の行方をユーモラスかつハートウォーミングに綴る。共演は宮崎あおい、オダギリジョー、黒木華。また、八千草薫、小林薫、加藤剛らベテラン勢が脇を固める。監督は「川の底からこんにちは」の石井裕也。
 1995年。玄武書房に勤める青年・馬締光也は、真面目すぎる性格ゆえに営業部で浮いた存在。そんなある日、彼は言葉に対するセンスを買われて辞書編集部に異動となる。迎えたのは、定年間近のベテラン編集者・荒木やお調子者の西岡ら個性あふれる面々。辞書編集部では現在、新しい辞書『大渡海』の編纂に取り組んでいた。馬締は彼らを通して辞書の世界の奥深さに触れ、辞書作りに没頭していく。そんな馬締がある夜、下宿先の大家と同居することになった板前修行中の孫娘・林香具矢と出会い、一目惚れしてしまう。言葉を扱う仕事をしていながら、彼女にうまく自分の思いを伝えられず苦悶する馬締だったが…。
 

開くトラックバック(3)

上を向いて歩こう(1962)

イメージ 1
 
 
「手をつなぎ、歌おう、若い僕らの歌」
 
 
坂本九の世界的名曲「上を向いて歩こう」をモチーフにした
舛田利雄監督による青春映画。
 
日本の高度経済成長突入期の勢い
これからの時代は若い自分たちが築きあげる
そんな青春賛歌という作品なのでしょう。
 
映画としての出来はイマイチでしたね。笑
アウトローものかと思ったらミュージカル?
それとも人間ドラマ?友情?ほのかな恋心?
強引な展開すぎますし、九ちゃんに不良は似合わない。笑
 
ただ主演者は癒し系の役者さんばかりなので
内容にかかわらず「ほっ」と出来るのは確かです。
 
坂本九さん、吉永小百合さん、高橋秀樹さん・・
本当に笑顔が素敵でほっこりした気分になってしまいます。
見る人をもハッピーにさせる幸せオーラを持っていますよね。
 
貧しいけれど、教養も、お金も
自慢できるものは何も持っていないけれど
「上を向いて歩こう」
 
そんなふうに頑張って働く昭和30年代の若者の気持ちも伝わりますし
当時の東京の街並みなど今とはずいぶん違っていて驚きですし
貴重な記録映画でもあるでしょう。
 
今の日本も、もしかしたら世界も、あらゆる困難に負けずに
「上を向いて歩こう」・・・そんな時代なのかもしれません。
できれば明るい未来がいいですね。
 

 
【解説】ウィキペディアより
1962年3月4日に日活より同名の映画が公開された。同時上映は石原裕次郎主演の『銀座の恋の物語』。
少年鑑別所から集団脱走して「当たり屋」をした九は刑事永井徳三に、良二はヤクザな商売をしている松本健に助けられる。この九と良二の更生と趣味に傾斜する行く末を軸に、高度経済成長期に生きる若者達の青春群像を描いている。刑事の娘が紀子で、小児まひを克服しているが精神的に歩けない妹の光子を九が歩けるように力づける。紀子には秘密があり、健に話す。良二は恩師のドラムをカタにするが負けて取られる。松本は妾の子で兄と確執がある。九は新車のトラックをもらい、口添えした光子は歩けるように。良二は10万のドラムを取り戻そうと車泥棒を持ちかける。兄の誕生日に健が訪問して大学生になったことを報告するが、父も兄も冷たい。紀子が激怒。ドラムを手に入れたのに、良二は新車を盗み、壊し、二人で喧嘩。健も喧嘩するが紀子が止める。……。
「あの娘(こ)の名前はなんてんかな」(作詞・永六輔、作曲・中村八大)も劇中歌。同映画のエンディングは、坂本九、高橋英樹、浜田光夫、吉永小百合ら出演者が『上を向いて歩こう』を合唱する場面であるが、その際には原曲とは別バージョンの歌詞が追加で作られ、それを歌っている。
先述したアニバーサリー・シングル盤の関連商品として初DVD化され、2011年7月2に発売された。なお、本作のみ収録されたものと、本作と同年に製作・上映された姉妹編的劇映画『ひとりぼっちの二人だが』も収録した「『上を向いて歩こう』DVDスペシャル・コレクション」と題したDVD-BOXの2種類が発売された。
2011年12月31日には、テレビ東京の年末特番『大みそかシネマスペシャル』の一環として、本作が15:00 - 17:00で放送、ラストの合唱シーンでは歌詞テロップが添えられて放送された。余談だが、この後ステブレレスで開始した『第44回 年忘れにっぽんの歌』でも、冒頭とエンディングで全出演者によって『上を向いて歩こう』が歌われた。

開くトラックバック(1)

幸福のスイッチ(2006)

 
イメージ 1
 
 
 
仕事とは何か、働くとは何か、お金を稼ぐとは何か。
大きな感動が待っているというわけではありませんが
小品ながらなかなかの良作でした。
 
プライドが高く理不尽なことは大嫌い
自分が悪いわけじゃないのにどうして文句言われるの?
どうして謝らなければならないの?
そんな勝気な女の子の成長物語。
 
私は兄しかいないので実態はわかりませんが
女の子の3姉妹ってこうなんだろうな、って雰囲気も伝わりました。
姉妹の中ではイチバンやさしくておっとりしたお姉ちゃん。
マイペースで気の強い次女。
素直で愛嬌のある三女。
 
ヒロインである次女の怜(上野樹里)の
世間知らずはいいところには誰でもイラつくでしょう。
文句ばかり恨みばかり自己主張ばかりで
誰に対しても感謝の気持ちひとつもない。
自分では何も知らない、何もできないくせに。
 
今の時期、多くの企業で新人教育や研修がなされている最中だと思いますが
「全くこんな若いのばっかりだよ!仕事もできないくせに!!」と
教育係からの叫びが聞こえてきそうです。笑
 
父親が怪我をしたため、やむを得ず実家の電気店を手伝うことになった怜。
父親の仕事のやりかたなんて全く気に食わない。
自分の仕事はテキトーなくせに。
 
だけれどささいだとか簡単だと思っていた作業や
つまらないと思っていた仕事を
必要にしている人たちもいるんだということに気が付きます。
ありがとう、助かったわ・・そんな客からの感謝の言葉に
徐々に仕事の責任感にも目覚めていきます。
 
幸せのスイッチとは・・
きっとそれは「気が付く」ということなのでしょう。
 
怜は気が付いたのです。
父親のような仕事を必要としている人間もいるということを
バカだと思っていた上司の意見にもちゃんと理由があったと
彼氏からの説教ももっともだったと。
そして他人ではなく、自分が変わらないといけないのだと。
 
怜のように世渡りがヘタな女性って、結構多いのではないかと思います。
誰しもが自分の「幸せのスイッチ」を見つけてONできたらいいですね。
それは一歩、大人になるスイッチであるとも思います。
 

 
【解説】allcinemaより
小さな町で電器店を営むガンコ親父と、そんな父親と衝突ばかりする次女を中心とした三姉妹が繰り広げる人生模様をペーソスとユーモアを織り交ぜ綴る人情ストーリー。主演は「スウィングガールズ」の上野樹里。共演に本上まなみ、沢田研二。監督は期待の新人女性監督・安田真奈。
 家計を度外視してまで“お客様第一”と言い続ける電器屋の父に反発して田舎の実家を離れ、東京のデザイン会社でイラストレーターとして働く21歳の怜。まだ新人にもかかわらず自己主張は一人前で、ある時、ついに上司と衝突、その勢いで会社を辞めてしまう。そんな怜のもとに、妹の香から長女の瞳が倒れて入院したとの手紙が届く。あわてて実家へと帰省した怜だったが、実のところ、入院したのは瞳ではなく骨折した父の誠一郎だった。ソリの合わない父が骨折したぐらいでは帰ってこないだろうと考えた香が嘘の手紙を書いたのだった。まんまと家業の電器店を手伝わされるハメになり、ますますふてくされる怜だったが…。
 

開くトラックバック(1)

おくりびと(2008)

イメージ 1
 
 
 
「死は門だと思います。私は門番なんです」
 
 
今頃になってやっと鑑賞したという感じですが。笑
物凄い秀作か、名作か、大作か、という印象よりも
身近でつい共感してしまう・・そういう物語でした。
随所随所でジーンと感動して、思わず涙腺が緩んでしまいました。
 
宗教や人種や習慣が違っても
人の愛や悲しみには共通のものがあるのでしょう。
それがアカデミー賞受賞という大きな栄光に繋がったような気がします。
コメディ風の抜け感が挟み込まれ、娯楽作品としても逸品ですし。
 
葬儀屋さんの仕事というのは
人の死や悲しみにつけこんでお金儲けをする・・
私も含め、そういうイメージを持っている人が多くいるのではないでしょうか。
死に衣装に棺桶、花代、家族が亡くなり何も考えられないときに
いくらお金をぼったくられるかわからない、まるで悪徳業者のような存在。
 
職を夢を失い、たまたま納棺師の仕事に就いた小林大悟(本木雅弘)。
トイレの汲み取り業者のように、ちょっと人に言うには抵抗ある職業。
妻や友人に知れた時、恥ずかしいと、辞めてくれと
軽蔑され懇願されます。
 
大吾はとてもやさしい男なのでしょう。
亡くなった人の、遺族の気持ちを何気なく察します。
家族でも触れるのには抵抗あるだろう死体を
丁寧に綺麗にしていくパフォーマンスには皆が目を奪われます。
そして愛する人の死を受け入れられなかった家族が
納棺によって死んでしまったことを、魂が抜けてしまったことを
改めて気づかされるのです。
 
そして泣いてしまう。
 
死は悲しいけれど、辛いけれど、それが消えることではないけれど
それでも愛した人の死体を綺麗に飾ってあげれたことは
少しだけ良かったと感じるのです。
 
自分だけの見栄やプライドのため、夫を遠ざけた妻。
だけれど人の死と向き合って初めて
夫の仕事は汚いだけのものではないと
理解してあげれたのには安心しました。
(私の出身地では女性が妊娠中に葬儀に出るのは絶対反対されていましたが)
 
やはり自分の家族が亡くなったら
綺麗にして天国に行かせてあげたいと思いますし
私自身も綺麗だと思われて焼かれたい。
 
誰でも死について少しは考えさせられてしまう
そんな作品でしょう。
 

 
【解説】allcinemaより
本木雅弘が遺体を清め棺に納める“納棺師”を真摯かつ繊細に演じる感動のヒューマン・ドラマ。ひょんなことから納棺師となった主人公が、特殊な仕事に戸惑いながらも次第にその儀式に大きな意義を見出していく姿と、故人を見送る際に繰り広げられる様々な人間ドラマをユーモアを織り交ぜ丁寧な筆致で描き出す。共演は広末涼子、山崎努。監督は「木村家の人びと」「陰陽師」の滝田洋二郎。また、脚本には映画脚本は初挑戦となる売れっ子放送作家の小山薫堂が当たった。
 チェロ奏者の大悟は、所属していた楽団の突然の解散を機にチェロで食べていく道を諦め、妻を伴い、故郷の山形へ帰ることに。さっそく職探しを始めた大悟は、“旅のお手伝い”という求人広告を見て面接へと向かう。しかし旅行代理店だと思ったその会社の仕事は、“旅立ち”をお手伝いする“納棺師”というものだった。社長の佐々木に半ば強引に採用されてしまった大悟。世間の目も気になり、妻にも言い出せないまま、納棺師の見習いとして働き始める大悟だったが…。
 

映画女優(1987)

 
イメージ 1
 
 
田中絹代さんといえば「楢山節考(ならやまぶしこう)」で
歯を折るシーンのため前歯を何本か抜いて演技したことで有名です。
 
ここ数年で彼女の若かりし日の作品を見るようになって
その美しさにびっくりしました。
本当に綺麗な顔って国や時代が違っても
何十年たっても色あせずに綺麗なんですね。
 
田中絹代さんの主演作を見れば、
サイレントからトーキーに
白黒からカラーに
戦前から戦後に
日本映画の歴史を見ることができるのです。
 
前半はさすがに駆け出しの若い女優を演じたのは
いくら童顔な吉永小百合さんでも無理がありましたね。
撮影当時40歳で15歳を演じたのはあっぱれではありますが。
 
清水宏監督との同棲、しかし清水監督の女好きと喧嘩ばかりで破局。
渡辺徹さんと吉永さんでは全く釣り合いませんでしたね。
暴言に暴力を振るう・・
そんないかにも格下な男という感じだけはでていましたが。
 
後半の溝口健二監督役の文太兄ぃとの絡みらへんからは
だいぶ見ごたえが出てきました。
お互い好意をもちながらも、演技のほうが優先。
女優としての映画作りに対する執念。
 
もてはやされ、つきおとされ
清純派国民的スターから、老醜とまで酷評されるようになりながら
復活
数々の大きな賞
なのに晩年は借金を抱えて生活に困窮していたといいます。
 
普通の人間にはひとつの人生しかないけれど
天才は、幸福も、苦労も、愛も、裏切りも、金持ちも、貧乏も
たくさんの人生を抱えて生まれてくるのでしょう。
 
67歳で亡くなる前には病床で
「目が見えなくなっても、やれる役があるだろうか?」と囁いたそう。
 
 田中絹代さんを演じるなんて、吉永さんでもきっと畏れ多かったでしょう。
だだストリーはイマイチでもう少し捻ってほしいところでした。
有名監督の貴重な映像も多く出てくるので
史実的な作品と思って見るのがよいでしょう。
 

 
【解説】allcinemaより
日本映画を代表する大女優・田中絹代の半生を市川崑監督、吉永小百合主演で描く。大正14年。女優を志す少女・田中絹代は蒲田撮影所の大部屋女優として採用された。新人監督・清光宏の強い推薦のおかげだった。清光作品ではいつも良い役がつく絹代に、同僚の嫉妬が集まるが、絹代は一所懸命にがんばった。やがてそんな絹代を五生平之監督が「恥しい夢」の主役に抜擢した。ライバルに絹代をとられた清光は絹代に強引に迫り、やがて二人は同棲生活を始めるのだが……。
 

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事