星屑シネマ

星の数ほどある、映画や本の話など。

邦画・SF/ファンタジー

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

大魔神逆襲(1966)

イメージ 1

大魔神ってわずか1年で3部作作られたのですね
ただ歩くだけだった大魔神が、いろいろ動作するようになり
1年で特撮のクオリティがこんなにも高くなったのには驚きました

しかも壊される建物はミニチュアではなく
セットはいえ本物に近いので迫力満点
雪は発泡スチロールで作られたということですが、雪景色も美しく
特撮技術に対するプライドが最後まで感じられます

イメージ 2

ただし、子役の演技は相当下手(笑)
下手くそながら、可愛いですけど

物語は日本の「スタンド・バイ・ミー」(1986)か
危機を乗り越え旅をするのは「ロード・オブ・ザ・リング」(2001
といった感じ(笑)

イメージ 3

今回の大魔神は荒神様として祀られ
「荒神様の山」に人間が入ると祟りが起こると
村人たちから恐れられています

この村は樵(きこり)の男たちによって生計を立てていて
もうすぐ冬、男たちは山を下りてくる予定でした

ところが隣の国の侍にさらわれ、硫黄の湧き出る地獄谷で
強制的に働かされていると、ひとりの樵が戻ってきました
地獄谷から逃げるには「荒神様の山」を越えるしかない
そう言って息をひきとります

イメージ 4

鶴吉、大作、金太、そして鶴吉の弟の杉松は
父や兄を助けようと、地獄谷へ行くため「荒神様の山」に向かいます

北林谷栄さんの山の入口の守り主がピッタリ
さすが「日本一のおばあちゃん女優」と讃えられたことだけあり
チョイ役でもインパクトあります

どう見ても登るのが無理な山というか崖を登っていき(笑)
困難を乗り越え「荒神様の山」にたどり着きます
そして荒神様に父や兄の無事を祈る4

イメージ 5

イメージ 6

しかし極悪非道を尽くす領主、荒川飛騨守の家来に見つかってしまい
逃げる途中、金太は川に流され
大雪に降られ大作と杉松は凍死してしまいます
ひとり残された鶴吉は荒神様に助けを求め、身を投げてしまいます

そこに使いの鷹を、飛騨守の家来に殺されブチ切れた大魔神が現れ
鶴吉は大魔神に助けられ?(人形なのが笑える)
大作と杉松は不思議な力で蘇り(川に流れた金太も助けてやれよ)

イメージ 7


そして爆薬の製造を企んでいる飛騨守のいる地獄谷に行き

家来達を投げ、踏みつぶし、丸太ポンポン攻撃
大量の硫黄に、火薬に、汚染され沸騰している沼
最高のロケーションで崩落!爆破!炎上!

さらに追い詰めた飛騨守には、人間にはでかすぎるだろ?の
宝刀で貫いた後に、さらなる沼フラグ(笑)
これぞ地獄絵図、虐殺のカタストロフィー

イメージ 8

そして少年たちと樵に手を合わされ
「ふふ・・」という仕草を一瞬浮かべ(たような気がする)
吹雪になって消えていく大魔神

それはまるで灰になった「あしたのジョー」のよう
特撮スタッフの燃え尽きた感を感じます(笑)

当時より今のほうが特撮技術やCGが向上していても
ここまでクオリティの高い特撮映画はそう作れないでしょう

そして現代にも大魔神が現れて、日本の殿様や
アメリカの殿様や、その家来たちを懲らしめて
改心させてもらいたいという気持ちが、芽生えてしまいます(笑)


【解説】allcinemaより

「大魔神」シリーズ第三弾。非道な領主のもとで強制労働をから逃げ出した村人たちを救うため、四人の子供たちが禁足地の山中へ向かう。領主側は追っ手を放ち、子供の一人が命を落としてしまう。そしてついに、山の武神像が動き出す。
 吹雪の特撮が印象的で、大魔神がその宝剣を初めて抜いたことでも話題になった。今回は子供の涙によって魔神が動くというのが新味だが、虐げられた良民の祈りが魔神に通じ怒りが爆発という基本パターンから脱却しきれず、新しいインパクトを与えるには及ばなかった。本作でシリーズは終了し、大映の特撮時代劇は妖怪シリーズへと移る。『マグマ大使』のガム役で知られる二宮秀樹が鶴吉を好演。



開く コメント(12)

開く トラックバック(1)

大魔神怒る(1966)

イメージ 1

大魔神って時代劇なのですね

ほどほどにストーリーもまとまっていて、意外にも面白かったです

他の怪獣映画のように、違う怪獣と戦わせるのではなく

徹底した勧善懲悪の伝奇ロマンに仕上げているのも清々しい



戦国時代、八雲の湖のほとりに岸に名越という一族と

本家筋の千草の一族が平和で豊かに暮らしていました


イメージ 2

それが面白くない隣国の領主、御子柴弾正は千草領に闇討ちに入ります

千草の城主である十郎は命さながら逃れますが

今度は十郎を差し出せと名越の領主兵衛を殺し

息子である勝茂を人質にします

名越の娘で十郎の許嫁、早百合は一族の守護神

武神像が祀られている神ノ島に行き

武神像にどうか助けて欲しいと祈ります


イメージ 3

そこにも弾正はやって来て

なんと爆弾で武神像をバラバラに破壊したうえ

人々が大切にしている鐘まで湖に沈めてしまいます


十郎も早百合も捕まり、早百合が火あぶりの刑に処されようとしたその時

強い風が吹き、大魔神はやってくるのです


イメージ 4

それにしても魔神、登場するの遅い

しかも大魔神、歩くのも遅い、遅い(笑)

湖が割れてしまうのには「十戒かよ!」(笑)


しかもただ歩いて塀やら建物やら壊していくだけ

なにもしねえじゃねえか(笑)


やっと巨大ながれきを一個、敵に向かって投げたよ

そしてひとり舟に乗って逃げようとする弾正にビビビと火をつけて

弾正炎上、ざまあみろ


イメージ 5

しかも曲は伊福部さんだよ、ゴジラだよ

大映が東宝映画の曲使っちゃだめでしょう(笑)


今でこそ笑えますし、悪者が成敗されるのはやはり気分がいい

でも子ども時代に見ていたら、大魔神のあの顔は怖かったでしょうね

顔の怖さだけでここまでもってくる、黒田義之の技が光っています(笑)

時間も80分弱で見やすい


極上のコーヒーでも飲みながら

昭和レトロな特撮を楽しみたい、そんな日に似合う1作です




【解説】allcinemaより

大魔神”シリーズ第2弾。戦国時代、名越一族と千草一族は、八雲の湖をはさんで暮らしていた。そして湖の中央にある神の島に祭られる武神像により、平和を守られていた。そんな中、千草家の跡取り息子十郎と名越家の娘早百合は結婚することとなっており、両家の長期にわたる幸福な関係は約束されているかにみえた。ところが彼らは思わぬ侵略にさらされることになる。隣国の領主御子柴弾正は、まず千草一族、続いて名越一族を倒し、その領地を手に入れる。さらに両家を守り続けてきた武神像を破壊し、湖に捨ててしまう。そして邪魔になった十郎と早百合を処刑しようとする。絶体絶命と思ったその時、湖がまっぷたつに割れ、巨大な魔神が現れる……。神ノ島関係のシーンは、京都撮影所内に大規模なセットを組んで撮影。湖面を二つに割って登場する大魔神が圧巻。


開く コメント(22)

開く トラックバック(2)

リング(1998)


イメージ 1

私は後3日なのよ

松嶋菜々子さん、演技が下手くそだなあ()



今さらの鑑賞でございます

社会現象を巻き起こしたホラー映画

「貞子」がひとり歩きしましたね


テレビから這って出てくるシーンはあまりに有名で

宴会芸にもなりましたし

風などで長い髪の女性の髪の毛がブワッとなろうものなら

「貞子だ〜」と言われたものです()


思ったより面白かったです

95分という長さも見やすい


イメージ 2

物語は「見た者は1週間後に呪い殺される」という

女性記者と超能力者の元夫が、その「呪いのビデオ」と

事件の経緯を手がかりに、命のタイムリミットにさらされながら

謎を追うというもの


とにかく日本人が怖いと思うもののオンパレード

白い着物に長い黒髪の女性

室内の背後の空間

歪んだ顔の写真

階段を駆け上がる女の子の足

井戸の底


イメージ 3

特に「呪いのビデオ」は逸品で

不気味に新聞記事が踊ったり
足元に不自然な女の白い足が見えたり、
袋を被った男がが指さしていたり
何とも言えない嫌悪感を生み出していて

期待が高まります


イメージ 4

しかし後半は怖さも失速して

貞子の生きていた時代にビデオが存在はしていたのか

もしあったとしても、貞子が何をやりたかったのか

なぜビデオを見た人間を殺すのかがわかりません

その辺りの緊迫感はかなり薄い


そしてついに貞子の登場したときには、あの動きに

貞子がマイケル・ジャクソンに見えたのは私だけでしょうか()

私が見ると、どんなホラーもコメディになってしまう


イメージ 5

ただ自分の死を宣告されるより

子どもの死を宣告される恐ろしさは伝わったのと


やはり生きている人間が一番怖いわけで

自分が生きるために、知人にそのテープを見せるというのは

その人が死んでもいいと思っているということ


息子を助けるために、ヒロインは父親に電話します

父親なら孫のためなら死んでくれるだろうと判断したのでしょう

呪いの連鎖をストップさせたいという思いもあったのかもしれません


自分にとってどちらが重要な人間であるか天秤にかける

だれもが持っている残酷な部分


それにしても松嶋菜々子さん、演技が下手くそだなあ()


イメージ 6

続編では「呪いのビデオ」の謎が解けるのでしょうか

傑作はこの1本だけで、ほかは見なくていい

というレビューばかりなんですが()




【解説】allcinemaより

鈴木光司の人気ホラー小説を映画化。テレビレポーターの浅川玲子は、見たら一週間後に死ぬというビデオテープの話を聞いた。にわかには信じられない玲子だったが、姪の死をきっかけにビデオテープについて調べ始める。主人公浅川を女性としたこと、共に調査する高山竜司を浅川の前夫としたことなど、原作とは若干設定を変えることで、ストーリーの簡略化と登場人物の関係強化に成功し、傑作映画となった。ささいなカットが恐怖をかき立てるのは、中田秀夫監督の見事な演出力による。中谷美紀演じる高野舞は続編のヒロインとなることから顔見せ的に登場はするものの、あまり活躍しない。
 続編の『らせん』と2本立て興行というユニークなスタイルで公開され、大ヒットした。

開く コメント(24)

イメージ 1


「ドラえもん」のいない「ドラえもん」
高校生バージョンといったところでしょうか
しかも全員のび太くん的な(笑)

未来からやってきた「タイムマシン」と未来人
そのマシンを使って、真夏に壊れてしまった
部室のエアコンのリモコンを取りに行こうと
1日前に旅立つSF研究会の部員たち

一応辻褄合わせもできていますし
結末もキレイにまとめています

しかし、このイラっち感は何なのでしょう(笑)
のび太くんは小学生だからまだ許せる
でも高校生になってこれではイラっち

実は「ゆとり」にあまり寛容でない
自分を発見しました(笑)

宣伝コピーは「タイムマシン、ムダ使い」
確かに(笑)

も少し、瑛太クンと上野樹里ちゃんの恋に
焦点を合わせてもよかったでしょうね
リモコンなんて新しいの買えばいいじゃん(笑)



【解説】allcinemaより
「踊る大捜査線」シリーズや「スペーストラベラーズ」の本広克行監督が、新進気鋭の劇団「ヨーロッパ企画」のヒット舞台を映画化したSF青春コメディ。ある日突然目の前に出現したタイムマシンを巡って思いがけない事態に巻き込まれる学生たちの姿を軽快なテンポで綴る。主演はTV「ウォーターボーイズ」の瑛太、共演に「スウィングガールズ」の上野樹里。
 夏休み中のとある大学。“SF研究会”の5人の男子学生はSFの研究などせずもっぱら野球で遊ぶ毎日。そんな彼らをカメラに収める写真部の女性部員・伊藤。もう一人の女性部員・柴田も、SF研の部室の奥にある暗室で来月のグループ展に向け作業に余念がない。やがて男子部員たちが部室に戻ってきて大騒ぎする中、大切なクーラーのリモコンが壊れてしまう。翌日、うだるような暑さに閉口する部員たちが部室に戻ってみると、そこに見慣れぬ金属製の物体が。もしかしてタイムマシン? 彼らはためしに、壊れる前のリモコンを取りに昨日へ戻ってみることにするのだったが…。

開く コメント(8)

開く トラックバック(1)

イメージ 1


3M(スリーエム)とはポスト・イットやスコッチ製品を生み出した
あの企業のことではなく

90年代にスーパーアイドルだった
牧瀬里穂ちゃん、宮沢りえちゃん、観月ありさちゃん3人の
頭文字を取った総称なのだそうです

・・・知らなかった(笑)

その頃は洋画ばかり見ていました
今更、このような映画を見ています(笑)

牧瀬里穂ちゃん、演技がうまいとはさすがに言えませんが
まっすぐで、元気で、向こう見ずで、けなげな
そんな17歳を好演していたと思います

死んでしまったことをどうしても受け入れられないオンナノコと
夢や野心を持って勤めたはずの広告代理店で
現実はお偉いさんに若いアイドルを突き出すような
汚い仕事もしなければいけないサラリーマン

世の中には理不尽なことだらけ
だけど、それを納得しなければいけない時も
来るのです

そして、恋のタイムリミットもやって来ます

正直、アイドル映画ですし
決していい出来の作品とは言いがたいでしょう

ただ、人が受け入れられないことを受け入れていく
そんな心の成長はうまく描かれていたのではないでしょうか

「帰れない二人」がよかった



「帰れない二人」

井上陽水 / 忌野清志郎

 思ったよりも 夜露は冷たく
二人の声もふるえていました
AhAh・・

「僕は君を」と言いかけた時
街の灯が消えました

 もう星は帰ろうとしてる
帰れない二人を残して

街は静かに眠り続けて
口ぐせの様な夢を見ている
AhAh・・

結んだ手と手のぬくもりだけが
とてもたしかに見えたのに

もう夢は急がされている
帰れない二人を残して
AhAh・・

 もう星は帰ろうとしてる
帰れない二人を残して
Uh・・・


開く コメント(8)

開く トラックバック(1)

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事