歴史資料ネットワーク(史料ネット)

電話078-803-5565(平日午後1時〜5時) / お問い合わせは「s-net@lit.kobe-u.ac.jp」まで

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 1

遅くなりましたが
東北芸術工科大学で行われた「罹災文化財の救済処置意見交換会」についてのレポです。

被災史料に実際にあたってこられた方々と率直な意見交換の場がなかったこと、
素人だった私たち史料ネットメンバーが行ってきた被災史料の処置に関して、保存科学のプロの目から意見を求めたかったこと、
を東北芸術工科大学の手代木さんに相談したところ、快くこのような会を催していただきました。

歴史資料ネットワークからは、河野未央さん・板垣貴志さん・川内淳史さんと私が参加しました。
水損や焼損史料のより実践的な修復方法について学ぶことができました。特に小味さんの「48時間後からの修復マニュアルを!」という提起には強く賛同しました。詳細はいずれニュースレターなどでご報告いたします。
改めて同大学の皆様にお礼申し上げます。ありがとうございました。 (ま)

主催:東北芸術工科大学文化財保存修復研究センター
共催:歴史資料ネットワーク
日程:平成21年6月20日(土)13:00から平成21年6月21日(日)12:00まで
場所:20日 東北芸術工科大学本館301号室
   21日 東北芸術工科大学文化財保存修復研究センター3階保存科学研究室・東洋絵画修復室

<開催趣旨>
これまで国内外で起きる水害・地震・火事・雷など、多くの災害の中で罹災した文化財に対する救済処置方法は、その文化財資料の素材、災害があった地域の歴史的な背景から、数多く生み出され、行われてきている。国内でも天災が起きた直後から、歴史資料や地域文化財の救済を目的に地域力を生かした組織が立ち上がり、多くの文化財を守り、さらに今後起きると予想される災害に備えた災害前の予防的活動も行われてきている。中でも、歴史資料ネットワークは阪神・淡路大震災以降、国内各地であった災害時にいち早く反応し、そのネットワーク基盤を生かして、救済活動を行ってこられた。しかし、そのように経験があるネットワークの方々でも、罹災文化財救済のための技術に対しては、多くの課題を感じておられる。特に、処置技術に対して科学的な検証がなされていないことが、その大きな要因であることがわかった。また、各地の救済のための技術が広くは知られておらず、その方法と問題点を考慮した技術交流会の開催およびそれに基づいたマニュアル作成および啓蒙活動も、重要な活動である。以上のような背景から、各所で行われた救済活動の技術交流会を行い、具体的な処置方法に対する検証をできる限り行うことを目的とする。

<講師および内容>
■6月20日 技術意見交流会
13:00〜13:05 開催趣旨説明(手代木) 以後、司会は手代木美穂さんと松下
13:05〜13:35
  阪神・淡路大震災から関西地区水害対応・・・・・河野未央氏(歴史資料ネットワーク)
13:35〜14:05
  罹災した仏像の救済処置について・・・・・松岡誠一氏(仏像文化財修復工房)
14:05〜14:35
  熊本県天草市水害における対応について・・・・・金子久美子氏(天草市立天草アーカイブズ)
14:50〜15:20
  延岡水害での写真救済処置活動について・・・・・・山内利秋氏(九州保健福祉大学)
15:20〜15:50
  焼損文書の修復事例から・・・・・・・半田正博氏・大山龍顕氏(東北芸術工科大学)
15:50〜16:20
  既存の文化財救済マニュアルと実際の救済活動を踏まえた
  今後必要なマニュアルについての一考・・小味浩之氏(東北芸術工科大学)
16:20〜17:00
  フロアディスカッション

■6月21日 ワークショップ形式
9:30〜12:00  水害資料の救済処置方法の内容とその処置に対する意見交換
                            ・・・・保存科学研究室
            水損・焼損文書の取り扱いについて・・・・東洋絵画修復室

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事