歴史資料ネットワーク(史料ネット)

電話078-803-5565(平日午後1時〜5時) / お問い合わせは「s-net@lit.kobe-u.ac.jp」まで

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3

イメージ 3

11/22(日)に文書修復を行いました。
参加してくださった河野さん、吉原くん、前田くんありがとうございました。

■佐用町H家文書の補修
佐用町教育委員会文化財調査室ですぐに接続作業ができるように
あらかじめ文書を持ち帰り、穴埋補修などを行うことにしました。

■佐用町T家文書の脱酸処理
水損したわけではないのですが、
丸めてあった賞状(写真1参照)が、
紙の酸化によりぼろぼろとなったものをお預かりしてきました。

持つだけでもすぐにばらばらになってしまうほど
紙が弱っていたので、慎重に取り出しながら紙片を脱酸溶液につけてみました。
その後、ジグソーパズルを解くように並べていきました(写真2参照)。
結果、2点の賞状があったことがわかりました。

これですぐに強くなるわけではないと思うのですが、
これ以上の酸化がくいとめられたらと思います。

脱酸前のpHを計っていなかったのが失敗でした。
今度同様の事例があった時には気をつけます。

あとは、このばらばらとなった賞状をどう補強するのかが課題です。
今のところ裏打ちを考えていますが、また皆さまからのお知恵を拝借したいと思います。
よろしくお願いします。

毎週月曜は松下研究室で文書の穴埋などの補修作業、屏風下張り剥がしなどを行います。
興味のある方はs-net@lit.kobe-u.ac.jpまでご連絡ください。 (ま)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事