はい!施設連です!

〜 吹田市社協・組織構成会員である民間福祉施設が地域福祉活動を取り組んでいます 〜

日記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全18ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


先日の台風21号の影響で土砂災害による被害が出た河内長野市への被災者支援として、吹田市社協施設連絡会が災害ボランティアワゴンを運行しました。
 
日  程:1110日(金)
場  所:河内長野市災害ボランティアセンター(河内長野市小山田町379付近)
派遣者数:施設連絡会より3名、吹社協より2名(計5名)
作業内容:床下及び家屋周辺の泥かき、土のう詰め、家財運搬など
 
イメージ 1

床下に潜り込んでの泥かきや、土のう詰め作業で泥だらけになりました。
 
 
この度は、急な呼びかけにも関わらず、ご協力いただきまして誠にありがとうございました

この記事に

開く コメント(0)



「広報紙の内容がマンネリ化している。」
「どのような記事が読む人に興味を持ってもらえるのか。」
「つい、字が多くなってしまう…」
 
など、広報紙を作成している皆様が抱えるお悩みに何かヒントが得られないかと、(株)きかんしコムから講師をお招き、平成29年度に施設連絡会主催で計2回の研修会を企画しました。
 
1回は、112日に「会話のように広報する」というテーマで実施しました。
 
イメージ 1
 
施設職員だけでなく、広報紙に関するお悩みは地区福祉委員会ボランティア連絡会でも抱えている!ということで、声をかけたところ、総勢60名の方にご参加いただきました。
 
イメージ 2
 
誰に対して広報をしたいのか
発信する側の「言いたいこと」ばかりを掲載していないか
など、明日から使える広報のポイントを学びました。
 
次回は1129日(水)14時から 千里山コミュニティセンターにて
「チラシ作成のコツ、ポイント」について研修会を開催します。
 
 

この記事に

開く コメント(0)

101日から赤い羽根共同募金運動が始まりました。
吹田市内では102日に街頭募金活動を地区福祉委員会、民生・児童委員協議会などが一斉に実施しました。


           イメージ 1           イメージ 2

 


岸部地区では毎年、午前と午後に街頭募金を地区福祉委員会中心に実施しています。
今年度初めて、午後の街頭募金活動に施設連加入施設が参加・協力しました


イメージ 3 


今回は6月に実施した岸部地区福祉委員会と社会福祉協議会との第3次地域福祉活動計画の懇談会の中で出されたご意見が実現しました


イメージ 4  イメージ 5



当日は、寿楽荘、あす〜る吹田、ヴィラコティ岸部、吹田竜ヶ池ホーム(千一地区)の施設職員が協力してくださいました。


これからも地域福祉を地区福祉委員会と一緒に進める団体として、施設連絡会も協力していきます


この記事に

開く コメント(0)

千三地区福祉委員会(畑 委員長)の「サロン千里山」へ参加させていただきました。
10時から始まるサロンに園児17名が遊びに来てくれました。
はじまりは、園児の元気な歌声からです
イメージ 1
 
参加の皆さん(11人)も元気な歌声に手拍子で応えておられました。
今日のために、折り紙でコマを作っておられ、園児たちと一緒にコマを回して楽しい時間を過ごしました
もちろん、楽しく遊んだコマは園児たちにプレゼント!とても喜んでいました。
イメージ 2

園児たちの笑顔は参加者へのプレゼント。自然と笑顔や笑いが沸き起こっていました
 
園児が帰ったあとは、「大切な三冠」についてお話がありました。
イメージ 3

一つ目は感(カン)謝、二つ目は感(カン)激、三つ目は感(カン)動(ときめき)とのこと。
特に三つめの感動(ときめき)は老化防止(笑)にも役立つとおっしゃっていました。
今日の若い園児たちとの交流はまさに老化防止でしたね
いつまでも若い皆さんでいてください。
 
千里山キッズさんから、子供たちが帰ってからも嬉しそうにコマをみせてくれたりして、「楽しく遊んだよ」と先生に報告してくれていたようです。
住宅地の中にある保育園ですので、園児を見かけられるかもしれません。その時はお互いに元気にご挨拶できるといいですね。
 

この記事に

開く コメント(0)

620日(火)に第13回施設連絡会総会、研修会を千里寮(救護施設)にて行いました。
熊井会長(千里山やまて学園)より開会あいさつの後、来賓として吹田市社協の由佐会長、大阪府社協の森垣事務局長より挨拶をいただきました。
イメージ 1   
イメージ 2 イメージ 3
 
総会は原氏(松風園)が議長に選出され議事に入りました。
平成28年度活動報告・決算報告を武内幹事(旭ヶ丘学園)が、
同監査報告を山田監事(ケアポート西吹田センター)より説明がありました。
また、役員の任期満了に伴い、幹事・役員の改選を行い、会長を務められた熊井氏が退任され、新幹事として重見氏(千里ニュータウンこども園)が就任されました。
イメージ 4

役員改選では、会長に武内氏(旭ヶ丘学園)が新たに就任し、副会長には岩井氏(寿楽荘)が留任しました。
議案が承認され、612年にわたり会長を務められた熊井氏に、感謝の意を込めて大きな拍手が送られました。
武内新会長からのあいさつがあり、施設連絡会の新体制が整いました。
イメージ 5
 
引き続き議事が進行し、平成29年度事業計画(案)・予算(案)を山口幹事(さつき福祉会)が行いました。
イメージ 6

全ての議事が承認され、第2部では研修会を行いました。
前半では「生活困窮者吹田市就労準備支援事業」について、社会福祉法人みなと寮 救護施設千里寮 寮長 木島 初正 氏、就労支援専門員 岡本 雅博 氏より講演がありました。

イメージ 7


就労準備支援事業の説明があり、事業開始1年以内で1名の方が就労できた、との成果がありました。合わせて施設連会員施設への協力・事業周知依頼がありました。
 
後半は「緊急時安否確認事業(かぎ預かり事業)」について社会福祉法人 吹田市社会福祉協議会より説明をしました。

イメージ 8
 
参加者の方からは、「協力できることがあればお声かけ下さい。」「社会福祉法人として、地域貢献の為にも是非協力をしたいと思います。」「良い試みだと思いました。できない理由探しより、できることから取り組むことは大変大事なことと思います。」など心強い感想が多くありました。
 
最後は岩井副会長(寿楽荘)の挨拶で終了しました。

イメージ 9

施設連絡会は、平成29年度も地区福祉委員会等と共に、地域の課題に対して専門性を生かした社会貢献や地域貢献を担っていきます
 

この記事に

開く コメント(0)

全18ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事