今、そこにある映画

傑作も駄作も、ともに見る。ともに、愛する。 変態です。出来れば映画はフィルムで見たい。別ブログ「昔の映画を見ています」もあるでよ

日本映画

すべて表示

三谷幸喜「ステキな金縛り」

 あまりにも、ミステリ・コメディーとしてくだらないので、完全ネタバレが、あります。
 

 オープニング・クレジットが終わったあと、最初の1〜2分間で呆然とした(笑)。
 山本耕史の浮気相手を、なじり、殺しあう妻と愛人。でも、このふたり、顔がそっくり。竹内結子、一人二役か。まさか、このふたり、いわゆる替え玉殺人か。
 裁判劇コメディとは知っていたが、どういう事件を扱うかは、ぼくは知らなかった。なのに、冒頭1〜2分で、結末が読めてしまうとは(笑)。もはや、ネタバレ云々じゃないだろ、曲がない、芸がない、なんなんだろ、このストレートな、工夫のなさは。この監督が好きな、フランク・キャプラやビリー・ワイルダーは、曲がありつつ芸のあるエンターティナーではなかったか。
 いや、シンプルな、ミステリであるのは、いい。いいのだが、冒頭で、その構造というか、仕組みがわかってしまい、しかもその仕組みは、最後まで、そのままの状態で、いく。
 あのー、一応、コメディーですよね。一応、コメディーなら、落ち、必要ですよね。下げ、といっても、いいか。なら、コメディーなら、最後に、ひっくり返す必要が、あるのでは。監督の好きな、キャプラ、ワイルダーなら、最後、無理やりにでも、<違う、地平>に、連れて行くのでは、ないか。ギャグと、ともに。冒頭に、替え玉殺人を示唆したなら、最後は、それをさらに、ひっくり返してこそ、コメディーでは、ないか。
 陰陽師・安倍晴明の「友人の子孫」安倍つくつく、市川正親ふんする、この三枚目?が、まったく面白くない。役者もマジメで、演出もマジメに過ぎる。そして、彼は、二回しか出てこない。三回、出てこそ、ギャグのお約束ではないか。ホップ・ステップ・ジャンプで、おかしいのが、喜劇の定番。この監督のコメディーは、しつこさが、足りない。オシャレだからといって、しつこさがないのは、コメディーとしては、犯罪的ですらあるね。こういう役こそ、<ヒキョーなコメディアン>の出番だろう。ハゲヅラだけで、笑わせるような<ヒキョーなコメディアン>が。
 そして、この映画には、西田敏行、生瀬勝久ら<ヒキョーなコメディアン>が、出ているのだが、イマイチ、天然じゃない。このふたりの<ヒキョーなコメディアン>ぶりが、イマイチ、生かされていない。この監督の、コメディー的限界か。コメディー系<暴れん坊将軍>との、相性の悪さ。
 お品が、いいのかな。中井貴一、阿部寛の、お品のいいコメディー演技は、最高なのだ。中井貴一、阿部寛は、ホントに、最高で。この監督、アメリカン・コメディーへの偏愛を表明しているが、実は、ブリティッシュ・コメディーのほうが資質が、あうのではないのかな。
 ついでにいえば、竹内結子は、脚本がひどいので損をしているが、コメディエンヌの天然さでは、余裕で違う天然ぶりで、主演・深津絵里とは、はるかに差がある。女性でありながら<ヒキョーなコメディアン>が、似合う可能性がある。この映画の主役、竹内結子でも、よかったのでは。もと奥さんが、小林聡美だけあって、竹内結子では、<主役には、美人過ぎる>のか、三谷幸喜。
 だれか、竹内結子の完全コメディー、作ってくれないか。
 コメディアンヌ・深津絵里は、きゅうくつだ。<くそマジメな学級委員長>の、きゅうくつさ。
 ついでに、言おうか、深津絵里。
 ラスト・クレジットに、スティール写真で、<登場人物のその後>が、映し出される。その何枚かの、深津絵里が、超きれい、美人。映画本編では、可愛いが、美人では、なかった。
 深津絵里、スティール美人。いやあ、なんだか、深津絵里も、可能性、引き出されてないなあ。
 
http://1305050.at.webry.info/★宿替えしました★     
http://mukasieiga.exblog.jp/★昔の映画を見ています★
http://mukasinoeiga.webdeki-bbs.com★映画流れ者★

その他の最新記事

すべて表示

憲法9条おお、そうなのか(笑)

2012/8/13(月) 午後 11:44

>1 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。 >2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保 ...すべて表示すべて表示

大阪・橋下「秋の陣」

2011/12/5(月) 午後 7:33

 大阪市長に橋下徹、大阪府知事に松井一郎、大阪維新の会がW勝利。  一応、圧勝といっていいだろう。  対立候補には、民主党、自民党、共産党、中央官僚、地方官僚、自治労、日教組、在日、新聞、TV、週刊誌などのマスコミ大多数、左翼学者、 ...すべて表示すべて表示

園子温「恋の罪」

2011/11/21(月) 午後 11:05

 うーん、園子温には、徹底的に縁がないな(笑)。  思い切って(笑)見に行ったら、ぐずぐず出遅れて、タイムアウト。見遅れた。  思えば、「愛のむき出し」も、DVDで見ようとして、結局返却日までに、見れなくて、いや、イマイチ、見る ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事