全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
そろそろお花見のシーズン。
日本ではこのシーズンに合わせてワイン業界が女子うけ&「桜色」を意識してロゼを押しているようですが私個人としては買うにしろお店で飲むにしろまずチョイスしないカテゴリーのワイン。
どんなチーズと好相性なのでしょうか?

イメージ 2
今回のロゼは全てフランスの物。
でも地域はロワール、プロヴァンス、ボルドーと3様。

イメージ 3
チーズは
スペインのセミハード「ケソ・テティージャ」。とてもやさしい牛乳のチーズ。
白カビタイプは「デリス・クランベリー」というまるでデザートのようなあま〜いタイプ。
「ラ・ロッサ」はイタリア・ピエモンテ州のシェーブル。
「マルツォリーノ」は羊乳のフレッシュな味わい。「3月」という意味の名前はこの時期ならでは。
ハーブがまぶしてある「ブラン・ド・マキ」もこの時期が旬の羊乳のセミハード。
ロゼにも合うやさしい青カビタイプはドイツの「エーデルピルツケーゼ」。

個人的にはシェーブルが今回のロゼには合わせにくいかもと感じた以外は
比較的やさしいタイプのチーズを先生がチョイスしてくださったので
どのマリアージュもグッドでした。

さてワインのみならずチーズの奥深かさにも触れられたこのクラスも今回で一段落。
毎回ほんとうに多様なチーズを味わうことができてほんとうに楽しいクラスでした。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事