ここから本文です
高松の素敵な風情 四季の高松

書庫全体表示

星空に憧れて!


先週の土曜日に天体望遠鏡博物館で、星空観望会が開かれました。
観望会には100人以上の方が来場、「ミニ天体望遠鏡工作教室」に参加された方を含めると150人以上の観望会になりました。

イメージ 1


周りが暗くなるまで、スタッフから今日の星空の見どころについて解説がありました。
会場には、スタッフが、大小さまざまな天体望遠鏡を用意しています。
また、工作教室で作ったばかりの望遠鏡を空に向けて構える人、椅子に座って双眼鏡で星空を眺める人など、会場は大変な人で賑わいました。


観望会、最近は、星を自動導入する望遠鏡が活躍しています。

これは、私が用意した望遠鏡です。
BORG101ED鏡筒と小型自動導入赤道儀です。

イメージ 2


こちらは、少し大型のカセグレン鏡筒を自動導入の赤道儀に搭載しています。

イメージ 3


皆さん、木星の縞模様、土星の環などを楽しんでいました。
星空に興味を持ってくれるお子さん達がたくさんいるのはほんとうに嬉しいことです。
一生懸命、頑張っているスタッフも嬉しく感じる瞬間です。



かなり前に撮ったままでアップする機会がありませんでした。
綺麗な姿を見せていた頃の栗林公園の蓮の花です。

イメージ 4

イメージ 5

蓮の花は、拡大してご覧いただけます。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事