ここから本文です
高松の素敵な風情 四季の高松

書庫全体表示

記事検索
検索

全338ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


良く行っていたうどん店が閉店し、いろいろなランチを食べに出かけるようになりました。

こちらは、昨日、出張帰りに食べた昔ながらの「オムライス」です。
皆さんよくご存じの高松市高松町にある「山の手通り」さん。

イメージ 1


こちらは、今日食べた「ひき肉の夏野菜カレー」。
ママさん一人で、お店いっぱいのお客様を手際よく応対している喫茶店のランチです。
最近、職場の皆さんとよくお邪魔するようになりました。

イメージ 2


美味しそうでしょう。
これに、コーヒーがついて700円でした。
結構、いつも満席状態なので、お店の名前を書かずにお料理の紹介だけにさせていただきました。






香川県観音寺に住む藤川繁久さんが、今月の8日明け方、東の空低く昇ってきた「オリオン座」の中に新星を発見されました。
現存する彗星ハンターの中で最多の彗星発見記録を保持されていることでもよく知られている方です。

向かって左の方が世界的にも著名な藤川繁久さんです。

イメージ 1


今年の3月、藤川さんの活動をモチーフにしたミュージカルが観音寺市で公演されました。

イメージ 2


藤川さんは、毎日、コツコツと彗星などの新天体の掃索という超現実的な作業に取り組まれています。
でも、藤川さんとお会いしてお聞きするお話は、小さいころからの憧れやロマンにあふれています。

世界的に公的機関による大規模な探索が始まり、アマチュアの入り込む余地がなくなったと言われている中、昨年11月にも新彗星(マックホルツ、藤川、岩本彗星)を発見されています。

身近なところに、世界に誇るアマチュア天文家がおられることは、嬉しくもあり、またその努力は我々の小さな天文活動にも大変な刺激を与えてくれます。



高松にカツオのたたきで超人気の「明神丸」のお店ができたのをご存知ですか。
子供達が帰省し家族で行ってきました。

以前は、高知までドライブし、ひろめ市場、帯屋町のお店にお邪魔していました。
高松にお店ができたのは嬉しいことです。ちょっとお洒落なお店です。

イメージ 1

イメージ 2


何と言っても「藁焼きタタキ」。
このお値段です。
我々は、「これやきセット(塩+タレ)各12切」3280円を家族でをチョイス。
ひと切れが大きくて厚いので、普通の枚数の倍ぐらいの量があるように感じます。

イメージ 3


○ 塩たたき

イメージ 4


○ タレたたき

イメージ 5


そして、ポテトサラダ、清水サバの藁炙りなどなど。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8


そして最後はニラちじみ、栗豚とシラスが入っています。

イメージ 9



今まで、家族で高速を飛ばして高知まで遠征していましたが、これからは高速代が助かりそうです。
なにより、運転手さんがお酒が飲めないことがなくなりますね。





今日から玉藻公園(高松城)披雲閣で写真展が開かれています。
高松城のイベントやポスターに掲載された写真など100点が展示されています。

イメージ 1

イメージ 2


撮影されたのは、玉藻公園所長の岡一洋さん。
この方は、樹木医としても有名です。

お仕事の傍ら趣味の写真をとり続け、玉藻公園のPRなどに活用されています。


イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5


さすがにお仕事柄、こうした写真には独特の感性がうかがえます。

イメージ 6

イメージ 7



写真展には、玉藻公園だけでなく栗林公園などの写真も展示されています。
また、海外を旅行されたときの風景などほのぼのとした写真も一見です。

是非、ご覧いただきたいと思います。


日時 令和元年8月10日(土)〜18日(日) 9:00から17:00
場所 玉藻公園 披雲閣「大書院」
料金 無料 (入園は大人200円)


星空に憧れて!


先週の土曜日に天体望遠鏡博物館で、星空観望会が開かれました。
観望会には100人以上の方が来場、「ミニ天体望遠鏡工作教室」に参加された方を含めると150人以上の観望会になりました。

イメージ 1


周りが暗くなるまで、スタッフから今日の星空の見どころについて解説がありました。
会場には、スタッフが、大小さまざまな天体望遠鏡を用意しています。
また、工作教室で作ったばかりの望遠鏡を空に向けて構える人、椅子に座って双眼鏡で星空を眺める人など、会場は大変な人で賑わいました。


観望会、最近は、星を自動導入する望遠鏡が活躍しています。

これは、私が用意した望遠鏡です。
BORG101ED鏡筒と小型自動導入赤道儀です。

イメージ 2


こちらは、少し大型のカセグレン鏡筒を自動導入の赤道儀に搭載しています。

イメージ 3


皆さん、木星の縞模様、土星の環などを楽しんでいました。
星空に興味を持ってくれるお子さん達がたくさんいるのはほんとうに嬉しいことです。
一生懸命、頑張っているスタッフも嬉しく感じる瞬間です。



かなり前に撮ったままでアップする機会がありませんでした。
綺麗な姿を見せていた頃の栗林公園の蓮の花です。

イメージ 4

イメージ 5

蓮の花は、拡大してご覧いただけます。

全338ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事