ここから本文です
高松の素敵な風情 四季の高松

書庫日記

記事検索
検索

鯉ヘルペスで居なくなった栗林公園の池に、賑わいが戻りました。
鯉がたくさん泳ぐ栗林公園に、今日、2度目の鯉の放流式が行われました。

新緑の栗林公園は、天候に恵まれました。

イメージ 1


放流式には100匹の大きく成長した鯉が用意されました。
ビッグサイズの水槽には飛び出さないように網がかけられています。

イメージ 2


知事から、募金活動へのお礼と栗林公園の賑わいづくりに力を入れていきたいとお話がありました。

イメージ 3


来賓や寄付者、園児の皆さんが放流を行いました。

イメージ 4


池に元気に泳ぐ鯉の姿が!

イメージ 5


栗林公園の鯉サポ(募金)には、1000万円の善意の寄付が集まったそうです。
前回は100匹、今回は400匹の鯉が池に放されます。

栗林公園では、これからも、順次、鯉を増やしていくそうです。




○ 囲碁の神様

高松に「囲碁」が強くなる神様があるのをご存知ですか。
屋島の山麓にある「屋島神社」は、徳川家康をお祀りしています。

家康公は、囲碁との関係が深く、囲碁を楽しむほか碁会を家康公主宰で催されていたそうです。
その後、囲碁は将軍家の庇護のもと隆盛を誇り現代に至っています。

イメージ 2


○ 囲碁のお守

以前、全国で、囲碁が強くなるお守りを受けることができるのは、この神社だけではないかというお話をお聞きしたことがあります。

イメージ 1


○ キリシマツツジ

屋島神社は綺麗なキリシマツツジが咲くことで有名です。
今日は、まだ、花を咲かせ始めた状況で今月末あたりが満開ということでした。

イメージ 3

イメージ 4


讃岐東照宮「屋島神社」これから咲くツツジが楽しみです。

イメージ 5



綺麗な夜空に輝く月


今日は、夜空に綺麗な月が輝いているので望遠鏡を向けました。
空を眺めると月からほんの少し離れていますが、近くにレグルスというしし座の1.4等星が月に並んで見えています。

今日の月は綺麗ですよ。
シーイングに恵まれクレーターがはっきりと写真に写っています。
拡大してご覧ください。

イメージ 1


今、超巨大なブラックホールの写真が話題になっていますね。
M87という楕円銀河の中心にある太陽質量の65億倍というブラックホールだそうです。

この銀河のブラックホールを撮影できたことはノーベル賞級といわれています。
ブラックホールのあるM87銀河は、視直径7′で8.6等と小さく暗いものですが、ひょっとするとM87銀河は私の天体望遠鏡でも撮ることができるかもしれません。
月のない、シーイングに恵まれたときにチャレンジしたいと思います。


こちらは、春を代表するしし座の系外銀河です。
少し前に撮影したもので、あまり条件が良くないときのものですが、M87同様に小さな銀河が集まった様子を撮ったものです。

イメージ 2

しし座の三つ子銀河 M65、M66、NGC3628
4月5日 午後10時30分頃撮影 Asukaプチドーム




曽根三千代先生の教室に通う皆さんの作品展を見に行ってきました。
正面には、印象的な曽根先生の作品が展示されています。

イメージ 1


いくつかお知り合いの作品が展示されています。
素敵なタッチの作品です。
心癒される思いがしました。

イメージ 2

イメージ 3


こちらの絵もすがすがしい感じなのでパチリ!

イメージ 4


こちらは、屋島神社の光景です。

イメージ 5


キリシマツツジは、例年ですと今頃が見ごろのようです。
鮮やかな赤い色がとても綺麗と言われています。
近々、いって見なければいけませんね。


名残の夜桜と光跡


高松城の北側の湾岸道路の街路樹(夜桜)を撮りました。
合わせて、露出時間を長くして車のライトの流れを写してみました。

画像は拡大してご覧いただけます。

イメージ 1



本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事