家具職人 『篠原史生』 です。

オーダー家具、修理、承ります。お気軽にご相談を。 e-mail sj10550cc@yahoo.co.jp

工場を移転します 

さまざまな所用が重なり思うように投稿ができません。
ちょっと息が詰まります。

そんな折、敷地内のモミジが美しく紅葉しているのを見て
少し気が休まりました。

イメージ 2




















イメージ 1





























ハウチワカエデかな?

一級家具製作技能士 
家具職人 篠原史生 〜特注家具・修理承ります〜
   〒422-8053 
   静岡市駿河区西中原1-3-39 青野木工所方
   ☎            090-5871-6208
   fax     054-288-7832
   Mail     sj10550cc@yahoo.co.jp

この記事に

開く コメント(3)[NEW]

工場を移転します 

親方兼、大家さんの工場を借りて4年半仕事をしてきました。

昨年、「そろそろこの工場も処分することを考えているから
自分で(今後独立をして仕事を)やるのなら場所を探してこい。」
と言われました。

一瞬、「え〜追い出されちゃうのか」とも感じましたが
「いや、これは独立しても良いというGOサインだ。」
と前向きにとらえなおし
いくつもの物件を探してはあたってきました。

騒音や粉じんの問題、予算の問題などがあり
「ひょっとして見つからないかも・・・」と悲観的になった時期もありましたが
7月に工場と住宅がセットになった物件に巡り合い
一大決心をして購入しました。

選んだのは築40年のベテラン物件でしたので
現在リフォームしながら拠点を移しています。

移転のため仕事はストップしていますので
しばらくの間は、リフォームや移転の様子を投稿しようと思います。

元は倉庫と倉庫の持ち主のお宅だったところです。
立派な建物ですが、よく見ると痛みがあるなぁ。
大丈夫か?いや大丈夫になるように頑張ってみますか。

一級家具製作技能士 
家具職人 篠原史生 〜特注家具・修理承ります〜
   〒422-8053 
   静岡市駿河区西中原1-3-39 青野木工所方

この記事に

開く コメント(6)[NEW]

水石とは・・・・

水石(すいせき)は、室内で鑑賞する日本文化趣味である。自然石を台座、または水盤にをしいて配置して鑑賞する。
水石という呼称には、水盤に入れた石に水をふりかけると色が濃くなり、美しく見えるからであるという説と、古来、日本の公家社会・武家社会の茶席などで、床の間を飾る置物として、山水景を感じとれる石として重用された「山水石」もしくは「山水景石」が省略されたものであるという説がある。明治以前の鑑賞石はそのほとんどが山水石であったとされる。

・・・とウィキペディアに書かれています。

作ることになりました。

イメージ 1
















比較のためティッシュペーパーを置きました。
箱の寸法だけ指定があったので詳しいことまでわからないのですが
ピンポン玉程度の大きさから両の掌ほどの大きさもある石が納まりそうな桐箱、
合計七個分です。

前蓋を上にスライドして外します。
中に板が入っていてそれに接着してしまうのでしょう。

お気に入りの水石を見て、
一人悦に入るのも悪くないなぁ。
・・・・と思いながら製作していました。
水石・・・はじめてみようかな。

一級家具製作技能士 
家具職人 篠原史生 〜特注家具・修理承ります〜
   〒422-8053 
   静岡市駿河区西中原1-3-39 青野木工所方
   ☎            090-5871-6208
   fax     054-288-7832
   Mail     sj10550cc@yahoo.co.jp

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事