全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
大家族「痛快!ビッグダディ」の感想でわかる男の結婚観

2012年10月06日18時00分

イメージ 2

毎回、高視聴率を叩きだす大家族特番シリーズ『痛快!ビッグダディ』(テレビ朝日系)。いまでは小豆島在住の林下家は日本でもっとも有名な家族といっても過言ではありません。
この番組の人気を支えているのが強烈なキャラクターを持つ「ビッグダディ」こと林下清志さん(47)であることは明白ですが、女性目線で見ると、ここまでひどい男、頼りがいのない男はいません。

最低最悪の無計画男がなぜ視聴者から熱い支持?
これまでも散々と露呈した無計画性、でたらめな価値観、社会常識の無さ、受験中の娘に家事や育児を押し付けるなど家族への高圧的な態度、連れ子への冷たい仕打ち、さらには明らかに同意が得られていないにも関わらず乳児を抱えた妻・美奈子と別居を強行する自分勝手さや思いやりの無さ……ビッグダディが見せる言動はとても分別の付いた大人のものではありません。

ところが驚くことにこのビッグダディは熱狂的な男性ファンが多く存在していて、彼らの見方は一般女性のそれとは大きく異なっています。彼らの意見を通して、いかに男女の恋愛観、結婚観がかけ離れているかが浮きぼりになるのです。

● 無計画性について
「大家族モノはその下層な家庭環境を見下して笑ったり、ツッこんだりして楽しむものだけど、『ビッグダディ』だけは違う。清志さんはああ見えて、自然の中で暮らす、年下の若妻をもらう、自分の城を築く……といった男の夢をすべて実現しているんです。無計画性だって結局最後はうまいこと運んでいるから結果オーライ。自分にはとてもできないし、あまり公言はできませんが、そんなダディにしびれるし、憧れています」(出版・35歳)

● でたらめな価値観について
「ダディの価値観は一貫していて、すべては『家族』のためなんです。つねに100%家族と向き合っているのがすごい。ぼくも家族がある身なのでわかるんですが、それは簡単にできることじゃないですよ。ダディは一見してでたらめのようでいて、じつは軸がブレていないんです。その軸に家族がある。よく近所の人と接する場面が映されますが、そのときの清志さんはまるで素っ気なくて、本当に他人に興味ないんだなと思います。彼が興味あるのは家族だけ。家族に対してしか気を使ってない。この時代、そんな男いますか?」(メーカー・32歳)

● 家族への高圧的な態度について
「家族内のイベントごとはすべて父親中心に回っている林下家は男の理想です。世の中には家庭内で居場所を失っている男がいかに多いことか。柔道とか釣りとか自分の強いジャンルに子供を引きずり込んで父親の威厳を保つ子育て術など参考になることも多い。それ以前に、ダディは毎日朝食を作るなどやることはやっているので、子供たちも当たり前のように家事を手伝っている。女性視聴者からはよく連れ子の長男しおんに対して高圧的だと批判されますが、もし本当に嫌われていたら別居の際に清志さんに付いていくはずがない。ビッグダディは、男なら誰もがひそかに憧れている父権主義を全身で体現しています」(34歳・IT)

●社会常識の無さについて
「そもそもビッグダディはやらせを公言しているし、彼に社会常識を求めること自体が間違っている。清志さんはパリス・ヒルトンやオジー・オズボーンに並ぶリアリティ番組のスーパースターで、ファンが愛して止まない数々の名言や語録はお笑い芸人以上のセンスを感じさせるし、ファンの予想は裏切るけど期待は裏切らないエンターテイナーなんですから。撮影現場ではスタッフが子供たちに小遣いやお土産をせびられたりして、ダディ以外の家族も結構楽しんでいるみたいですよ」(32歳・放送作家)

「子供にとって、もっとも重要でありがたいのは食事です。家庭内で実権を握るには台所を制覇しなければいけない。ダディはああ見えて策略家です。この重要ポジションを美奈子に任せないのはすべて計算どおり。社会常識はないかもしれませんが、頭が悪いわけではないですよ」(34歳・メーカー)

●美奈子への対応について
「別居に関しては冷たいように見えるけど、いままでも彼女が家事をしている様子はほとんど見たことないし、売り物の夫婦喧嘩もほとんどが美奈子の言いがかりで、画面に映っていない部分でいろんな問題があったんでしょう。そもそも、5人の連れ子を抱えた美奈子を引き取った時点で清志さんはかなり男気がある。『ビッグダディ』の名前は伊達じゃありません」(商社・29歳)


ビッグダディは結婚観を知るためのリトマス試験紙
いかがでしょうか。彼ら熱狂的ファンはビッグダディの魅力を理路整然と語りますが、女性の立場からすると、どこか釈然としない気分になります。これが男女の恋愛観、結婚観の深い溝なのでしょうか。
もし、周囲に気になる男性がいたら、この週明けに「ビッグダディ」についての感想を聞いてみてください。林下清志さんの生き方をどう評価するかで、驚くほど鮮明に彼の恋愛観、結婚観が明るみになるはずです。

Written by 七瀬朱音



イメージ 3
<ビックダディダディの迷言集>

そう思ったのならそうしろ! 
そう思ったのならそうしろってまで俺はもぅぉ言う
普通じゃないよ 
うん 普通じゃない 
それはもう普通じゃない
普通なわけがない! 
普通そんなわけは無い


そうやってやってきた 
これからもそうやってやっていくだろう
だけどもダメって言うんならダメなんだろう 
俺はそう思ってないけど 
お前は常にそうやって言う


俺はこうだ
俺はこうだよ
俺はこういう人間だ
俺はこういう人間、
これ以上のものもないしこれ以下でもない
俺はこういう人間


お前は毎回毎回そうやって言う。
俺は毎回毎回そうじゃないって言う。
そのやりとりも
いらないんじゃないかって話も何回もした
それでもお前はそう言う


いつだって俺はこうだ
もう、いつだってこうだ!


開き直らないよ
開き直らない開き直ってなんかいない

閉じる コメント(6)

顔アイコン

【リアルライブ】人気の大家族モノ 「痛快!ビッグダディ」が放送打ち切りか?

2012年10月18日 15時30分

香川県小豆島を舞台に大家族モノとして人気を博している「痛快!ビッグダディ」(テレビ朝日系列)が、来年3月で放送打ち切りとなる可能性があることが明らかになった。

主人公のビッグダディこと林下清志さん(47)が、一部雑誌のインタビューに答え、来年3月で終了するテレ朝との契約を更新しない意向を明言したのだ。

2012/10/18(木) 午後 9:29 sj566029 返信する

顔アイコン

最新の「痛快!ビッグダディ」第17弾は9月29日と10月6日に放送され、子どもたちの夏休みが終わるとともに、ビッグダディと18歳年下妻の美奈子さん(29)が、それぞれの子どもを連れて別居(美奈子さんの1人息子はビッグダディの元へ、2人の間の子の九女は美奈子さんが引き取った)。美奈子さんは調理師免許を取得して、自立へ向かう姿がオンエアされた。

番組はビッグダディから主役が美奈子さんにすり替わった形で、ケンカなど恒例の波乱のシーンはなく、これまで、番組を見続けてきた視聴者にとっては、物足りないつくりになっていた。

2012/10/18(木) 午後 9:29 sj566029 返信する

顔アイコン

放送では別居に至った経緯説明が明確ではなく、「それぞれの子どもたちが気を遣わなければならないから」(ビッグダディ談)といったあいまいなものだった。雑誌のインタビューでも、その点については口が重かった。そのなかで、ビッグダディが語ったのは、家庭内でビッグダディ側の子どもたちが元嫁(子供たちの実母)の話をすると、美奈子さんはとても嫌がるが、逆に美奈子さんは元旦那の写真をしっかり保存しているという。ビッグダディにとっては、「離婚しても、(元嫁は)子どもたちにとっては本当の母親。その話ができないのは、かわいそう」との趣旨の発言をしている。

今後、美奈子さん側への生活費は、新たな仕事が見つかるまでは渡すといい、今回放送された分のギャラも、美奈子さんに全額渡すつもりだという。

テレ朝との契約に関し、「美奈子が単独で契約するかもしれない」とも語ったビッグダディ。だが、あくまでも主役はビッグダディであって、美奈子さんが主役になれば、それはもはや「痛快!ビッグダディ」という番組ではなくなる。

2012/10/18(木) 午後 9:30 sj566029 返信する

顔アイコン

ビッグダディは今年2月にも、取材を受けたマスコミに対して、「何がおもしろいのか分からない」と契約更新をしない意思を示していた。しかし、この際は、フジテレビの「めちゃ2イケてるっ!」がパロディ企画の「超痛快!リトルダディ」を放送。これがきっかけとなり、ビッグダディがテレ朝の説得に折れて翻意し、放送継続を決意した前例があるだけに、予断は許さない。

10月6日放送分は12.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と視聴率を落としたが、これまで15%前後の視聴率を獲ってきた人気番組だけに、打ち切りとなると、その影響は小さくなく落胆する視聴者も多いだろう。本当に契約を打ち切るのか、今回もまた逆転で継続があるのか、事態の推移を見守るしかない。どうするビッグダディ?
(坂本太郎)
http://npn.co.jp/article/detail/59590349/

2012/10/18(木) 午後 9:30 sj566029 返信する

顔アイコン

【女性自身】ビックダディの整骨院が閉鎖…小豆島離れ一家離散へ

3月19日(火)0時0分

3月14日の午後7時、香川県小豆島にある“ビッグダディ”こと林下清志さん(47)の整骨院が閉店した。06年9月にスタートした『痛快!ビッグダディ』(テレビ朝日系)は、大家族ドキュメンタリーとしては異例の長寿番組で8年目に突入した。

前妻との間に4男4女のいるビッグダディ・林下さんが、17歳年下で5人の子を持つシングルマザー・美奈子さん(30)と再婚。2年前の秋に小豆島に移住し、2人の間に新たに誕生した女児も加わりにぎやかな毎日を送っていた。そんなダディが営んでいた『島の接骨院』が開店から1年5カ月で閉店することになったのだ。

「閉店翌日の15日、ダディと今春から高校生になる4男の2人は、ダディの生まれ故郷の岩手県に一時、出発しました。小豆島にいるダディの残りの連れ子3人(二女・三女・四女)はひとまず島で留守番しますが、今後、一家は小豆島を出て岩手県に生活拠点を移す予定です」(親しい知人)

2013/4/24(水) 午後 9:25 sj566029 返信する

顔アイコン

そんな最近のダディには夫婦関係の危機があった。昨年12月の放送回で別居が発覚。美奈子さんは、車で30分ほどの距離に5男を除く4人の連れ子と生まれたばかりの実子とともに移り住んだ。1月2日の番組では美奈子さんの「同居できないなら、離婚します」という発言に、ダディは「俺の決心は、揺るがない」と同居を拒否。離婚の話し合いが進んでいる様子が描かれていた。2人の関係はその後、どうなったのか・・・。

「籍はまだ抜いていませんが、離婚は確定したそうです。ダディが島を出たら、美奈子さんは連れ子と一緒に九州に引っ越す予定だそうです。閉店と引越しは子供たちの新学期にあわせて、この時期になったようです」(親しい知人)
小豆島を離れ、“一家離散”となるダディ一家だが、これからも先々で悲喜こもごもの“ビッグ”なドラマが、待ち受けている!?

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130319-00010001-jisin-peo

2013/4/24(水) 午後 9:25 sj566029 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事