全体表示

[ リスト ]

【searchina】韓国旅客船沈没事故、実質的オーナー「10億円」寄付に・・・「命に値段はつけられない」=中国版ツイッター

イメージ 1

2014-04-29 13:15

韓国メディアによれば、韓国・珍島(チンド)沖で沈没した旅客船「セウォル号」の運営会社の実質的なオーナー、兪炳彦(ユ・ビョンオン)氏がこのほど、事故発生後として初めて自らの立場を表明し、「100億ウォン(約10億円)を義援金として寄付する意思がある」とした。人民網が27日伝えた。

兪炳彦氏の弁護士は「兪炳彦氏の個人資産は100億ウォン(約10億円)程度」と明かし、今回の事故について「兪炳彦氏に法的責任はないものの、被害者に対する見舞いとして全財産を義援金として寄付する意思がある」と発表した。

中国中央電視台はこのほど、簡易投稿サイト・微博(ウェイボー)で兪炳彦氏とその弁護士の主張を伝えたところ、中国のネットユーザーからは、「全財産を寄付したからと言って何になる?命に値段はつけようがない」、「お金で平安を買うつもりか?」など、金で解決しようとしているのではないかと動機を疑うコメントが多く寄せられた。

また、「この時になって善人ぶるとは。寄付の問題ではなく、法的賠償の問題だ。数百人の死者を出した責任はどんな厳罰をもってしても重すぎることはない」など、「セウォル号」の運営会社の実質的なオーナーとしての責任を追及するユーザーも少なくなかった。

兪炳彦氏の弁護士は、セウォル号の沈没事故について「兪炳彦氏に法的責任はない」と主張しているが、韓国側の合同捜査本部は28日、兪炳彦氏の事務所などについて家宅捜索を行った。人災とも言われる大惨事、果たして「法的責任はない」という主張が通用するのだろうか。(編集担当:畠山栄)


イメージ 2
【中央日報】<韓国旅客船沈没>セウォル号、事故1カ月前に売りに出されていた

2014年04月30日13時20分

セウォル号運営会社の清海鎮(チョンヘジン)海運が沈没事故1カ月ほど前の2月末にセウォル号を売却するため国際中古船舶取り引きサイトに登録したことが明らかになった。独占運営する最重要路線に就航してから1年余りにしかならない船を売りに出した事実が明らかになったことで、清海鎮海運がすでに船の問題を知っていたのではないのかという疑惑が提起されている。

29日に中央日報が中古船舶取り引きサイト「シップブローカー」を確認した結果、セウォル号は2月28日に売却物件として登録された。昨年3月に仁川(インチョン)〜済州(チェジュ)路線に投入されてから約1年ぶりだ。

清海鎮海運は損害を甘受しながらセウォル号を売りに出した。清海鎮海運は2012年10月にセウォル号を日本のマルエーフェリーから116億ウォン(約11億5000万円)で購入した後、30億ウォンをかけ増築した。こうした点から産業銀行はセウォル号を担保として100億ウォンを貸し出し、船の価値を168億ウォンと算定した。だが、セウォル号を売ってもこれほどにはならない。船舶・海運業界ではセウォル号の現在の価値を1000万ドル(約103億ウォン)程度と推定している。数十億ウォンの損失だ。その上セウォル号が運航する仁川〜済州路線は清海鎮海運が独占運航する最も重要な路線だ。船を売る理由はない。海運業界関係者は、「セウォル号を増築した後に復原力が落ち事故の危険が高まったためいっそ売却するのが良いと判断したようだ」と話した。

セウォル号事故検察警察合同捜査本部は29日、「セウォル号の船員全員が『船の復原性に問題があった』と共通した陳述をしている」と明らかにした。合同捜査本部によると、セウォル号の本来の船長は、「清海鎮海運の役員にセウォル号の復原性に対し数回にわたり問題提起をしたが黙殺された」と話した。

合同捜査本部はまた、「航海士のうち1人から『学生と乗客に救命胴衣使用法と避難方法を教育しなかった』という陳述を確保した」と明らかにした。セウォル号の独自運航管理規定は「救命設備と消火器使用法、非常時の行動要領」を旅客に周知させなければならない事項と規定している。独自のガイドラインさえ守らず人命被害を拡大したのだ。

合同捜査本部はセウォル号の沈没が始まった時点から乗務員が救助される時までに清海鎮海運と乗務員の間に合計7回の通話が行われたことを確認した。最初の通話は沈没が始まった10分ほど後の16日午前9時1分。マネージャーが事故を知らせるため清海鎮海運の海務チームに電話をかけた。続けて9時3分ごろに清海鎮海運がイ・ジュンソク船長に電話をかけ35秒間にわたり事故原因などを尋ねた。最後の通話は午前9時40分ごろに清海鎮海運がイ船長にかけた。合同捜査本部はマネージャーが操舵室にいなかったのに救助された点などを基に、清海鎮海運が脱出するようと指示したのかについて捜査中だ。

これと合わせ合同捜査本部は機関長から「操舵室を離れ船室にいた船長は携帯電話を両手で握ってゲームをしていたようだ」という陳述を確保した。だが「船長本人は『メッセージを確認中だった』と否定しており、事実関係を確認中だ」と合同捜査本部関係者は話している。



【searchina】韓国旅客船沈没事故、有識者「日本製は致命的な事故につながる」の見解=中国メディア

2014-04-24 16:45

中国メディアのBWCHINESEは23日、中国認知語言学会副会長で北京外国語大学・外語教学研究編集委員の石毓智氏が、韓国の珍島(チンド)沖で沈没した旅客船「セウォル号」が日本で建造された船舶であったことについて、「事故発生時において、日本が製造した“乗り物”は往々にして致命的な損害をもたらす」などと主張していることを、同氏のブログを引用して伝えた。

記事によれば、筆者は日本製の特徴として「軽く精巧で、使いやすいため人気が高い」とする一方、「そのつくりは、軽くて薄く弱々しいため、往々にして致命的な事故につながる」などと主張した。

さらに筆者が、他の媒体から入手した情報としたうえで、「セウォル号は重心が高く安定性に欠け、沈みやすいという設計上の欠陥があった」と論じ、日本の建造側に非があるかのような主張を展開したこともあわせて紹介した。

筆者の主張通り、確かにセウォル号は1994年に日本で建造された船舶だが、新華社は22日、セウォル号の沈没事故には「増築によるリスク」や「乗員の訓練不足」など、安全上のリスクが複数存在する可能性があると報じた。

新華社は同記事で、韓国の船舶設計に関する専門家が「韓国側がセウォル号を日本から中古船として導入後、客室を後から増築したことで重心が偏るという安全上のリスクを拡大させた」と分析したことを紹介。

さらに、同専門家は「船舶の寿命は一般的に20年前後。1994年6月に日本の造船所で建造されたセウォル号は、日本で18年運航したのち、2012年に韓国側に導入された。改造して使用され続け、使用上の寿命を強制的に伸ばしていた可能性がある」と、セウォル号の運航・管理面における問題点を指摘した。

韓国側が増築していた事実に触れていない「日本製品のつくりが薄くて軽く弱々しいため、致命的な事故につながる」という筆者の主張は、あまりに乱暴な理論ではないだろうか。(編集担当:村山健二)

http://news.searchina.net/id/1530849

閉じる コメント(2)

顔アイコン

>>有識者「日本製は致命的な事故につながる」

yahooコメントで
「事故った高速鉄道を生存者ごと埋め立てたお前らが言うな!」って
云ってはりますぅ

2014/5/1(木) 午前 6:46 emerald 返信する

顔アイコン

emeさま、
そうそう、アンタが言うかょ!!です。

2014/5/1(木) 午前 9:55 sj566029 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事