全体表示

[ リスト ]

イメージ 4
【東京新聞】柏市 子ども甲状腺エコー中間結果 11人が要2次検査

2015年11月7日

東京電力福島第一原発事故に伴い、柏市が七月から費用を助成して始めた子どもの甲状腺エコー検査の中間結果がまとまった。七〜九月末までに百七十三人が検査を受け、甲状腺の状態などから十一人が二次検査が必要と判定された。

検査は、しこりの大きさなどから軽い順にA1、A2、B、Cの四段階で判定。柏市の基準では、百五十六人が経過観察を不要とするA1とA2で、経過観察が必要なBは六人だった。

二次検査を必要とするC判定が出た十一人について、市保健所は「しこりの大きさに限らず、比較的よく見られる甲状腺の疾患が疑われる場合も含めたため」と説明。十一人の内訳などは「今後、まとまり次第公表する」と話した。

甲状腺エコー検査の費用助成は、今月四日時点で三百八十人が申請している。原発事故時と現在、市内に在住する一九九二年四月二日〜二〇一一年四月一日生まれの人を対象に、検査は来年三月末まで実施する。

同検査の助成制度は、県内ではほかに松戸市が実施している。 (三輪喜人)



福島の小児甲状腺がん「被曝による発生」〜医学誌に論文

10/07/2015 - 05:22 

福島県で実施されている小児甲状腺検査の結果データを分析した論文が、国際環境疫学会の発行する医学雑誌「エピデミオロジー(疫学)」のオンライン版に掲載された。福島で起きている小児甲状腺がんの多発は「スクリーニング効果」や「過剰診断」ではなく、「被ばくによる過剰発生」であること結論づけている。
http://journals.lww.com/epidem/Abstract/publishahead/Thyroid_Cancer_Dete...
  
論文のタイトルは「2011年から2014年の間に福島県の18歳以下の県民から超音波エコーにより検出された甲状腺がん」。著者は岡山大学の津田敏秀教授らのチームが、福島県が実施している小児甲状腺検査の結果データのうち、昨年12月31日までに判明した結果を疫学的な手法で解析した。
  
福島県の甲状腺検査は、原発事故当時、18才未満だった約38万人を対象に実施しているもので、2011年度から13年度を1巡目、2014年度〜15年度を2巡目と位置づけている。論文ではまず1巡目で、甲状腺の超音波スクリーニング検査を受診した子ども約30万人の検査結果を分析。潜伏期間を4年と仮定して日本全国の年間罹患率と比較した場合、最も高い発生率比(IRR)を示したのは、福島県中通りの中部(福島市と郡山市の間)で50倍、全体としても約30倍程度の多発が起きていることを明らかにした。また、地域によって発症率が異なり、最大2・6倍の差があったと指摘している。

イメージ 1

さらに論文では、2巡目で甲状腺がんが8例出ていることについても検討。この時点で診断が確定していない残りの受診者から一例も甲状腺がんが検出されないという仮定しても、すでに12倍の発生率比が観察されていると分析した。2巡目で甲状腺がんと診断された子どもたちのほとんどは、1巡目の検査では2次検査を必要とするしこりなどは観察されていなかった。
  
研究チームはこれらの分析により、福島の子どもの甲状腺がんは、事故後3年目以内に数十倍のオーダーで多発しており、スクリーニング効果や過剰診療など、放射線被ばく以外の原因で説明するのは不可能であると結論づけている。
  
国際環境疫学会の発行する医学雑誌「エピデミオロジー(Epidemiology)は、疫学分野のトップジャーナルの一つとして知られており、環境曝露の人体影響や疫学理論の分野で影響力がある。福島県の小児甲状腺検査結果を疫学的に分析した論文が、査読のつきの国際的な医学雑誌に掲載されるのは初めてとなる。
  
<論文情報等>
論文名:"Thyroid Cancer Detection by Ultrasound among Residents Aged 18 Years and Younger in Fukushima, Japan: 2011 to 2014"  全文PDF
著者:岡山大学大学院環境生命科学研究科・津田敏秀、時信亜希子、
    同医歯薬学総合研究科・鈴木越治、岡山理科大学総合情報学部・山本英二
発行誌:「Epidemiology第26巻」2016年3月発行
発行元:Wolters Kluwer Health,Inc. (http://www.epidem.com)国際環境疫学会ISEE 

http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1984



【東京新聞】「被ばくで発症」と主張 福島事故後の甲状腺がん 

2015年10月7日 04時00分

東京電力福島第1原発事故後、福島県で見つかっている子どもの甲状腺がんの多くは被ばくで発症したものだと主張する分析結果を岡山大の津田敏秀教授(環境疫学)らのチームがまとめ、国際環境疫学会の6日付の学会誌電子版に発表した。別の疫学専門家からは「結論は時期尚早」との指摘がある。

研究チームは、福島県が事故当時18歳以下だった約37万人を対象にした昨年末時点までの甲状腺検査の結果を分析。年間発症率は事故前の日本全体と比べ、20〜50倍と算出した。さらに福島県内でも地域によって発症率が最大2・6倍の差があった。(共同)




【神奈川新聞】東電が支払い拒否 横浜市請求のごみ焼却処理費14億円

10月06日 05:00

福島第1原発事故に伴い、横浜市が東京電力に請求している放射線対策費用のうち、ごみの焼却処理にかかる約14億円について「賠償基準に該当しない」などの理由で東電が支払いを拒否していることが5日、分かった。
 
市資源循環局によると、2011年度から14年度までの4年間で、焼却工場の薬品購入費、最終処分場の設備改修費など計約14億3160万円を請求。これまでの入金額は放射線測定費用など約1430万円にとどまっている。
 
東電は不払いの理由について「賠償基準に該当しない」「未回答」などとしており、鈴木伸哉副市長は「東電が全額負担すべきという考え。賠償の対象となるよう粘り強く交渉していく」と述べた。
 
市全体では、今年8月までに下水汚泥焼却灰保管費用など放射線対策費計約51億9千万円を東電に請求。計約26億4千万円が支払われている。
 
同日の市会決算特別委員会で荒木由美子氏(共産党)の質問に答えた。


イメージ 2
忘れちゃダメ!! ‏@take1102w1 · 10月3日
「(原子炉)格納容器が破損するなど物理的に考えられない」「プルトニウムを水と一緒に飲んでもすぐ体内から排出される」(大橋弘忠 2005年12月25日、佐賀県主催の玄海原発3号機プルサーマル計画についての公開討論会 東京大学工学系研究科システム創成学専攻教授・元東京電力社員)


イメージ 2
忘れちゃダメ!! ‏@take1102w1 · 10月3日
「福島の場合、県民の甲状腺線量は、チェルノブイリに比べ、一千分の一から一万分の一以下と低い。だれも、この低線量で甲状腺がんにならない。素人知識で福島県民や国民を脅すのもいい加減にせよ」(高田純 2011年アパグループ 第4回「真の近現代史観」懸賞論文)


イメージ 2
忘れちゃダメ!! ‏@take1102w1 · 10月2日
「原発は危険というけど、(原発が稼働した)この50年で、交通事故で100万人以上が死んでるわけです。原発でそんなに死にましたか?」(木村皓一 2012年7月4日 週刊現代 ミキハウス社長)


イメージ 2
忘れちゃダメ!! ‏@take1102w1 · 10月2日
世田谷区で毎時2.7マイクロシーベルトの放射線が計測されたということを危険だとマスコミが煽っています。全く気にする必要はありません。その1万倍の放射線でも24時間、365日浴び続けても健康上有益なだけです。(田母神俊雄 2011年10月12日 本人のtwitter)


イメージ 2
忘れちゃダメ!! ‏@take1102w1 · 10月2日
「もちろん福島の不幸はあったけれども、それで(原発を)全部やめてしまおうという議論を前提にやることは、やっぱりとても耐え難い苦痛を将来の日本国民に与えると逆に思いますね」(細田博之 2013年7月22日、BSフジの番組 自民党幹事長代行)


イメージ 2
忘れちゃダメ!! ‏@take1102w1 · 10月1日
福島第1原発視察後、汚染水問題について「発電所の港湾内に放射性物質の影響は完全にブロックされているので、全体として状況はコントロールされているものと考えている」と話した。(小渕優子 2014年9月7日 経済産業大臣)

イメージ 2
忘れちゃダメ!! ‏@take1102w1 · 10月1日
「原発再稼動しないと、燃料費がかさみ国富が流出してしまう。そして二酸化炭素の増加で地球の温暖化が進む。デング熱の流行はその結果だ」(甘利明 2014年9月7日NHK日曜討論「第2次安倍改造内閣 閣僚に聞く」 経済再生大臣)


イメージ 3
忘れちゃダメ!! ‏@take1102w1 · 10月1日
震災瓦礫の広域処理について、「受け入れないと判断したことが後日歴史的に誤りだと評価されても、市民の安全は守られ、私が批判されれば済みます。受け入れて間違いだったと分かるときは、市民に被害が出ている。私にはそれは耐え難いのです。」(上田文雄 2012年4月7日北海道新聞 札幌市長)

閉じる コメント(2)

顔アイコン

岡山大学チーム原著論文に対する医師らの指摘・批判への、津田敏秀氏による回答集

2015年10月19日月曜日

以下は、ある日本人医師たちから、岡山大学チームによる『Epidemiology』誌掲載の原著論文「Thyroid Cancer Detection by Ultrasound Among Residents Ages 18 Years and Younger in Fukushima, Japan: 2011 to 2014 」(日本語タイトル:2011年から2014年の間に福島県の18歳以下の県民から超音波エコーにより検出された甲状腺がん)に関して、津田氏に寄せられた批判や意見と、それに対する津田氏の回答集である。掲載は、津田氏の許可を得ている。
http://fukushimavoice2.blogspot.jp/

2015/10/22(木) 午後 10:40 sj566029 返信する

顔アイコン

追記
【東京新聞】柏市 子ども甲状腺エコー中間結果 11人が要2次検査

2015/11/7(土) 午後 11:57 sj566029 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事