ここから本文です
Mishanの山歩き
九州の山情報とGPSログ

書庫全体表示

北薩摩の山々

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4 イメージ 5 イメージ 6 イメージ 7 イメージ 8 イメージ 9
イメージ 10 イメージ 11 イメージ 12 イメージ 13 イメージ 14 イメージ 15

イメージ 15

 31日は熊本と鹿児島県境の矢筈岳、伊佐市(旧大口市)の鳥神岡、湧水町の栗野岳に登りました。

 矢筈岳は3度目だが、初めて出水市側から登る。オレンジロードから矢筈林道に入り、3.3卉賄世領啼蚕点に駐車。この林道は荒れた場所もあり、最低地上高185の愛車でも時折、腹をこすった。
 ほぼ予定どおり9時過ぎに登山開始。沢沿いを左に右に横切りながら登る。37分で鬼立岩分岐に、さらに17分で一等三角点の山頂に到着。眼下に水俣市街地が一望できたが、天草の島々は厚い雲の中だった。鳥神岡、栗野岳登山もあり鬼立岩はパスし、登山口に戻る。

 鳥神岡(とがめおか)は旧大口市中心部の北西にあり、秀麗な山容は「伊佐富士」の別名がある。北側の平出水登山口からほぼ一直線に山頂を目指す。杉やヒノキの植林帯を進むが、手入れ不足で孟宗竹が至る所に侵入していた。山頂直下の急坂ではロープを掴みながら登る。20分で日の丸が掲揚された山頂に到着。大口市街地や霧島連山が一望できた。

 「栗野岳」は、霧島山系で唯一の未踏峰だった。栗野岳温泉近くの登山口に駐車し、時計回りの周回ルートを歩く。しばらくは人工林の樹林帯が続くが、次第にこの稜線は照葉樹の樹林帯に変わる。復路の稜線はミズナラ、カエデなど落葉樹の樹林帯。この二つの稜線は直線で1丗らずの距離、これほど樹種が違うのも不思議だ。栗野岳にはいくつものピークがある。最高峰は1102mのピーク、登山道から脇道に入った地点にある。三角点のピーク(1094m)からは霧島連山の韓国岳、白鳥山などが一望できた。1069mのピークは見晴台とも呼ばれ、このピークからの展望も良好だった。落葉で分厚い絨毯の登山道、日本一の枕木階段を下り、県道に出る。車道を歩き駐車場所に戻り、2時間30分の周回を終了。

 栗野ICから九州縦貫道を走り、総行程11時間の山行を終えました。

この記事に

  • 顔アイコン

    この時季の南国は正解ですね、雪は無く快晴のようです、七年前の鳥神岡は藪で低山ながら難儀しましたが山容と展望で満足でした。栗野岳はほんとに気持ちの良いお勧めコースですね。。。 削除

    [ かた ]

    2009/2/1(日) 午前 10:48

    返信する
  • 顔アイコン

    かた様
    1日〜2日は叔母の病気見舞いで千葉県に行ってきました。予想より元気で一安心したところです。山登りができることは健康の証。交通事故、登山中の怪我に注意しながら頑張りましょう。

    [ Mishan ]

    2009/2/2(月) 午後 8:41

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事