ここから本文です
Mishanの山歩き
九州の山情報とGPSログ

書庫全体表示


  5月6日は熊本・宮崎県境の峰越から烏帽子岳周辺に咲くシャクナゲやミツバツツジの観賞に出かけました。九州脊梁では烏帽子岳周辺を含め、シャクナゲの大群落があるが、近年、蕾の数が極めて少ない状況が続いている。原因は不明だが、スズタケの枯死などによる森の荒廃が影響していると思われる。ただ、日当たりの良い場所では2分〜3分咲きの株も見られたが、まだ蕾が多く見頃は5月中旬以降と思われました。また、ミツバツツジも殆どが蕾でした。標高1490mの峰越登山口と1692mの烏帽子岳は単純標高差は200mしかないが、往復9㎞の登山道はアップダウンが多いので留意して登って欲しい。当初、五勇山まで登り、ピストンする予定であったが、天候の回復が遅れ、展望が得られないことから展望岩から引き返した。歩行距離10.8㎞、累積標高差は±840m、6時間30分を要した山行でした。
 なお、下山後、民家に咲いていたクマガイソウやエビネラン、某所に咲くクリンソウ、ヒゴイカリソウなどを散策して帰路につきました。

イメージ 1

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事