久保木牧師のきらきら探訪〜ゆるりと生きる〜

オカリナ奏者で鹿児島在住の牧師が描くきらきらした日常。ぼちぼち更新していきます。

全体表示

[ リスト ]

さて、前回は「自分の感情に責任を持つ」ということを書きました。
心の柔軟性が欠けていた場合、相手の言動で傷つきやすくなることを書きました。

キリスト教の福音で大切なことの一つは罪の赦しです。
罪の赦しで明確なのは、加害者だけが赦されるということです。

人間だれしも、迷惑をこうむっているという意味では
どこかは被害者の面もあるでしょうし、
他人に迷惑をかけているという意味では
どこか加害者の面があるでしょう。

被害者意識にとどまっていると、罪の赦しはわかりません。
「あぁ、自分には罪びと、加害者の側面もあるな」とわかってこそ
罪のゆるしがわかります。

被害者意識に生きるというのは、他人のせいにして生きる、ということです。
加害者意識に生きるというのは、自分のせいだなと自覚している、ということです。

前回の記事で書いた、
「タケシから『お前はダメなやつだ!』と言われて、わたしは傷ついた」と
太郎さんが言ったケース。

太郎さんは被害者意識で、他人のせいにしています。
これでタケシさんの態度が変わらなかったら、
太郎さんはずぅーっと苦しみ続けます。
これが「自分の感情に責任を持つ」ことができていないケースです。

しかし、心に柔軟性があれば、タケシがわかってくれないなら、
ジローやゴローにわかってもらえたら、それでいいよね、と思えたら、
太郎さんは(タケシさんという)他人のせいにして生きているのではありません。

タケシさんに自分の気持ちを依存させた自分のマズさに気づいて
軌道修正する柔軟性があれば、
傷つくことはありません。
これが他人のせいにするのでなく、自分のせいにして生きる、ということです。

聖書では、アダムとエバが善悪の知識の木の実を食べた後、
アダムはエバのせいにして、エバは蛇のせいにしました。
その結果、両者の関係性はマズくなってしまいます。
これが罪の現実です。

「誰のせいでもなく、わたしが食べました」と言えたら、
どれだけ良かったことでしょう。

またのちに、アダムとエバの子、カインとアベルでは
カインがアベルを殺してしまいます。
カインは自分が認められなかった怒りを自分のせいにするのでなく、アベルのせいにして殺してしまうのです。

他人のせいにする(被害者意識)のでなく、自分のせいにする。
もっと言うと
十字架に基づいた自分のせいという意識(赦された加害者・罪びと という意識)
大切だと思います。

「そうは言っても、他人のせいにしちゃうよ〜」という声が聴こえてきそうです。
他人のせいにすると、ある意味、楽です。自分が変わらなくていいのですから。
でも、相手の態度次第のままですから苦々しさは続きます。

ただ、そんなふうに
他人のせいにするあなたを愛し、抱きしめ、ゆるしておられる神のふところで
ゆったりと憩いたいのです。

ゆるしがわからないと、加害者であることは認めにくいです。
ゆるしてもらえるから、加害者であることが自覚しやすい。
それで、自分のせいにできる。
他人のせいにして、自分の感情に責任を持たないことから
自分のせいにして、自分の感情に責任を持つことができる。

ほんのちょっとの変化かもしれないけれど、
他人のせいにすることから、自分のせいにシフトしていけたら
他人の言動に振り回されることから少しずつ自由になっていきます。
そうやって、他人から傷つけられることから自由になっていくのです。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事