ここから本文です
磨斧作針
惜しまず努力すれば必ず成就できるを銘にして!

書庫記事

記事検索
検索

全10ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

[ 次のページ ]

弊館 責任者の皆さんへ

梅雨に入りましたがこの時期はたくさんの方が自律神経の乱れなどから心身に影響を受けて大変な思いをしているのではないかと思います。かく言う私もその一人です・・・
そんな中、自分がこれは!と書き留めたメモを開くと あるページに

「覚悟を決めれば道は開ける」

「落ち込んだ自分に良くない事が起こる」

「人に嫌われる人は振動数を下げる」

「センスは情報量に比例する」

「他人への言葉より自分への言葉の方が影響力がある」

「空元気でも良いから早く動く」

「メンタルが大切、技術や技能だけでは駄目、メンタルが全て」

書籍をはじめ、様々なものから見聞きした言葉をふと綴り溜めて来たノートの中の言葉で誰がとは分からなくなっているのですが、この言葉に今の自分が何かを感じ、思いが湧いてきました。

まだ暫くジメジメした天気が続きます。心がそうなっては元も子もないですから思考に気を付け、元気に振る舞うように気を張って行こうと思います。

弊館責任者であり、指導者の立場である人達も頑張りましょうね!


たった一人で館を立ち上げ、0からではなくマイナスと言ってよい状態から初めてもう30年以上の年月を迎えております。

この長い年月の間には本当に良きも悪しきも様々なことを経験し、勉強をさせて来させてもらっております。

焦心苦慮に陥ることだって幾度と有ったことでしょうか・・・

しかし今までこうして携わって来られて居るのも、当時若輩者であった私を厳しくも優しくご指導くださった師と そして大きくて温かい支援、協力を戴いた私を囲む方々のお陰であります。

この気持ちは齢を重ねるごとに強くなって来ておりますし、自分が志し 歩んで来た空手、否や空手道の持つ深いところを考えることについてもです。

師から戴いた「誰か心と縁なき」崎山宗源老師が上梓なされた著書から引用させて頂きますが

「剣禅一如、武術と武道とは その言葉の意味が違う。
武術は格闘技である。
武道とは単に闘争の技術に留まらず、技術を超えた精神コントロールであり、或いは自己との対決まで高めて行く倫理性を含めたものを云う」

と綴ってありました。

その奥深きところに少しでも近付けたらと未熟な私は精進せねばならないと思います。

ここ最近、艱難辛苦に苛まれるも、何とか乗り越える事が出来ました。

弊館責任者の皆さん、既存の枠を超えた努力精進を願っております。

それが立場、務めだとしっかりと心に刻んで!

短いですが

毎度 本当に短くてブログ記事とは言えないでしょうが

  「気付くこと」  「気遣えること」

或る本を読み、改めてこれが凄く大切なことだと思いました。

毎日を何気なしに過ごし、何の変化も感じずに居れば

当たり前の如く、それは苦も無いのでしょうが楽しさや嬉しさを感じることも出来ないかもしれません。

やはり自分は気付くこと、気遣うことが成長の源と思い日々を送って行かねばと己に言い聞かせています。

明日のため、未来のために!

繁栄祈願

個人的に恒例としている 豊川稲荷 へ発展繁栄を願い1月4日早朝、初詣に行って来ました。

イメージ 1

イメージ 2

道場を構えてから毎年ですので もう30年以上は詣で続けていることになります。

今までの長い年月の中、多くのことを学び得ることがありました。そして多くの人に出会い、そして支えて来て貰いました。

また様々な出来事に向き合い、そして対処対応もしながらも こうしてまた新しい年を迎えられ大変有り難く、また感謝するものです。

2019年 1月8日より本部道場も稽古が始まりました。移転し、新しい地での初めて迎えた正月。

今年は本部もとより、それぞれの支部道場の今までには見られないほどの繁栄に導ける様、精進して行きます。

どうぞ宜しくお願い致します。

向上心!?・・・

TVの或る番組で常滑焼職人が言われたことが心に留まりました。

インタビューを受けたその人はサラリーマン時代に趣味として遣り始め、どんどん のめり込んで職人として25年だと云うことでした。

その方が「一流の陶芸家が100の作品を作り、90を棄てるとしたら、私は10を棄てて90を残してしまう」

「焼き物は奥が深い! 否や 奥が無い!!」と言ってました。

そう、物事に真剣かつ懸命に臨み、向かい合っている人は物事問わずに皆、その様な極致を目指し辿るものなのでしょうか!?・・・

僭越ながら私が今こうして生かさせてもらい、こうした事に携わらせてもらっていることにもそんな事を思います。

毎日を「普通に」「当たり前に」と思い、ついつい弛んだものにしてしまわない様にしないと!

と、ふと気付くことになりました。

全10ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事