ここから本文です
明るく!楽しく!夢多く!そしてのんびりと
自転車に乗って東へ西へ!南へ北へ!のんびり行きましょう!
イメージ 1春を通り越して初夏のような1日でした。
朝は強風と雨予報のため、休養日かと思われた今日ですが、10時前には雨、風ともおさまり、雨の心配もなさそうなので神山までちょっと走ってきました。

イメージ 2


目指したのはまだ開花には少し早いと思いましたが、昨日、今日の陽気でちょっとくらい咲いているかもと明王寺のしだれ桜へ。


イメージ 3ウェアは悩みましたが少し厚手の長袖ジャージ+ベストをチョイス。走り出して早々に失敗と気づく。暑いです。。。笑
行きは鮎喰川北岸を走りましたが、道沿いには早咲の桜を含め色々な花が咲き乱れ花爛漫。春ですねぇ〜。

イメージ 4







目的の明王寺。調べてみたら明王寺に来るのは3年振りですね。さてしだれ桜ですが、やはり少し早かったようですが、それでも西側の桜はチラホラと咲いてます。(毎年西側が早く咲きますね。)近くで作業していたオバちゃんの話では、昨日の朝までは全く咲いていなくて昨日、今日の暖かさで咲いたそうです。

イメージ 5私の個人的予想では見ごろは今週末から来週早々じゃないですかね。来週末30日、31日では散り始めているのでは。。。と思いますね。(外れていたらゴメンなさい。)

ちなみに当方今週末はDNS日なので予想が外れて月末まで何とか散らずにいて欲しいですが・・・
イメージ 6







帰りは鮎喰川南岸から府能峠経由で帰宅。

昨日、長崎で桜の開花か発表され今日も続々と開花宣言が出てますね。いよいよ桜の季節到来。さて今年の桜巡りはどうなるでしょうね。。。

この記事に

イメージ 1Yahooブログ終了に関する記事です。

Yahooブログ終了の発表から3週間くらいが過ぎ、引っ越し先の検討も本格的になってきました。引っ越し先としてYahooブログから公式に発表しているのが4つありましたが、まず早々に“Seesaaブログ”と“はてなブログ”は圏外に。。。(身近な知り合いブロガーで使っている人がいないので良く分からないというだけの理由ですが・・・)

残ったのが“アメーバブログ”と“ライブドアブログ”の2つ。“Simple is Best”がモットーの当方、あまりゴチャゴチャしたのは嫌なのですが、アメブロがやや広告が多いのに対し、ライブドアは無料ブログには珍しく広告の表示なしが出来るようです。



そんな訳でテスト的いライブドアでブログを開設してみました。


投稿は慣れていないということもあってYahooブログよりはかなり時間が掛かります。(慣れの問題だけだと思いますけどね。)文字の大きさとかが変えていないのにいつの間にか変わってる??写真の配置が難しい。etc

私のパソコンではそれなりに表示出来てますが、他の方のパソコンだとどんな感じでしょうかね。。。

一応私としてはライブドアに引っ越す気持ちでほぼ固まりかけてましたが、先日るみちゃんとこのコメントで“FC2ブログ”だと既にYahooブログから引っ越し可能みたいで、更にYahooが公式に発表している4つのブログではコメントは引っ越し出来ないと書いてあるのですが、“FC2ブログ”だとコメントも引っ越し可能とのこと。

ちょっと“FC2ブログ”も調べる必要がありますね。。。

この記事に

開くトラックバック(0)

県南へ

イメージ 1県南を走ってきた。

元々は椿泊、蒲生田、明神山あたりを走ろうと思っていたのですが、今朝の予想外の雨。デポ地へ向かう時には雨はあがったものの、路面は完全ウエット。ちょっと考えましたがもっと県南なら大丈夫かと思い牟岐まで車で移動。牟岐からスタートです。

R55を南下し県境を越え野根へ。以前から気になっていた未走の道。野根から野根川に沿って遡り船津経由で宍喰に出るルートです。以前県境スタートで室戸周って四郎ケ根峠からの帰りに走るルートを計画してましたが、今のヘタレでは無理なので無難なコース設定です。

イメージ 10この時期はウエアに困る季節ですが、ほぼ冬仕様で。。。
気温は低めで向い風ですが、さすがに真冬ほど寒くはないので、走り出して早々に暑くなってきました。(笑)

海を眺めながらののんびりライドです。そしてお遍路さんの姿も大勢。冬の間は少なかったお遍路さんですが、冬の終わりそして春の訪れ。この時期のお遍路さんは“春告人”ですね。

イメージ 2野根で右折。そして四郎ケ峠への分岐を過ぎ未走のr101へ。しばらくは2車線のきれいな道。しかも平坦。道沿いにはソメイヨシノと思われる木々もありましたが、まだまだ蕾。

イメージ 3


は細くなり路面も荒れだしたらようやく登り。しかし激坂はなく平坦もしくは下りも・・・

展望はそれほど良くないので、横を流れる野根川を眺めながら登るのみ。県境を過ぎてもしばらくは登りが続き標高230mほどで峠に到着。

峠はトンネルで“猪ノ峠隧道”とありましたが峠の名前はやはり猪ノ峠?


イメージ 4下りは宍喰まで思っていたより距離がありましたね。疲れたので宍喰のコンビニで海を眺めながら休憩。

春らしく桜餅





イメージ 5このまま国道で牟岐まで戻ったのでは少々物足りないので久々にヤレヤレ峠へ。R55から左折でR193へ。以前はR193も短く感じ、ヤレヤレ峠も緩くあっという間に着いたと思うのですが、今日は長く、きつく感じました。それほどヘタレになっているということか。。。

イメージ 6







それはさておき、今度は海部川を眺めながらのライド。そして峠へ向かう道中は玉笠川。




イメージ 7野根川もきれいでしたが玉笠川も負けず劣らずどちらもきれいですね。場所によってはエメラルドグリーンに輝いてます。(私の下手な写真では表現出来ず・・・)

イメージ 8



下りは初めて浅川方面に下ってみましたが、こちらもさっきの下り同様国道までが結構長かった。。。


イメージ 9帰りに松坂隧道へ寄り道。

今日はたまたま旧トンネルを3つ通りましたが、どれも皆良い雰囲気。近場だと府能峠のトンネルもそうですが、こういうトンネルて趣があって好きですねぇ〜

この記事に

開くトラックバック(0)

雑記〜原点回帰〜

イメージ 1昨日の記事に使った34年前の写真。もちろんデジカメではなくいわゆる“バカチョン”のフィルムカメラで撮った写真。最近はデータ化出来ると聞いてお店にフィルムを持っていくとわずか30分で出来ちゃいました。。。ビックリ。

パソコン見ながらしばらく34年前の思い出に浸ってました。そして思ったことが、当時はたくさん写真撮ったつもりだったのですが、“こんなに少なかった?”


今ならデジカメで下手な鉄砲の例えの如く撮りまくってますが、フィルムの場合だとフィルム代や現像代を考えるとそんな訳にもいかず。。。

イメージ 2

限られたフィルム枚数の中で一枚一枚に集中してシャターを押していたこと、お店に現像に出して出来上がってくるまでの待ち遠しかった時間、出来上がった写真を見てがっかりしたことなどなどを思い出させてくれました。

何十枚、何百枚も当たり前のように撮っている今、便利になったことに感謝しながらも原点回帰で撮っていきたいと思ったものです。

この記事に

開くトラックバック(0)

34年前の思い出

イメージ 10北海道の休日、続きです。

午後からは思い出の地を訪ねて。。。

34年前の大学卒業旅行で男3人で北海道1周の旅。その時立ち寄った場所へ。


【愛国から幸福へ】
イメージ 1元国鉄広尾線の駅で昭和40年台後半に「愛国から幸福ゆき」の大ブームになった駅。

昭和62年に廃線になりましたが、34年前に訪れた時はまだ列車も走っており、ちょうど良いタイミングで列車がホームに入ってきた記憶も・・・


当時は切符買いましたが、切符は今でも駅舎前にあるお土産物屋で日付入で売ってます。

イメージ 2幸福駅の駅舎に皆、“幸福になれますように・・・”の願いを込め、身分証明書の類を貼っていて私も34年前は学割証を貼りましたが、全く幸福になれませんね。。。笑






イメージ 3


イメージ 4



愛国駅にて
同じく卒業旅行で北海道を周っている女子大生と一緒に記念撮影。


イメージ 7


イメージ 6









イメージ 5

幸福駅にて
座っている場所は、現在展示している列車の前辺りかな?当時はまだ廃線になっていなかったので、本当は線路に降りたらダメですね。(34年前で時効ということで・・・笑)


【ハルニレの木】
イメージ 11続いて向かったのが、豊頃町にある“ハルニレの木”某電気メーカーのコマーシャルに使われた初代の木という話で有名ですね。「♪この〜木なんの木気になる木♪」って歌です。でもコマーシャルに使われたという話は間違いだそうです。何故こういう間違いが生じたのか不明だそうですが、でも当時は町の方みんな“この木なんの木”の木って言ってました。

実際に今のようにネットもスマホもない時代に地元の方に「この木なんの木はどこですか?」と聞きながら辿り着きましたから。

イメージ 8土手の上に「はるにれハウス」という休憩設備がありましたが、冬季のためか閉まってました。34年前はあったのか。。。記憶なし。それ以外は何もなく観光地といった感じではないですね。

イメージ 9


当時は夏でしたので青々として大きく感じましたが、冬を葉を落としているためか、それとも34年でやや衰えたのか当時より小さく見えました。でも広い草地にポツンと立つ2本の木、北海道らしい良い雰囲気の場所だと思います。

元々ハルニレに木は豊頃町の花で、この木は推定樹齢140年くらいだそうで、遠目には1本の木に見えますが、近づいて見ると2本の異なる木が根を同じにして一体化して成長したそうです。

思わぬ休日で34年前の思い出に浸る楽しいドライブが出来ていい1日でした。

この記事に

開くトラックバック(0)

雨の蜂須賀桜

イメージ 1昨日と違い雨の休日。終日フリーの日に限って。。。

雨の中、車で原田家の蜂須賀桜へ。雨でも結構な見物客。
しとしとと降る雨に濡れた桜も乙なものですね。。。

イメージ 2

この記事に

開くトラックバック(0)

春爛漫のDNS日

イメージ 1絶好の自転車日和でしたが、DNS日。

昼間外出時に助任川越しに満開の蜂須賀桜を見るのが精一杯の今日。明日はフリーだったのですが、雨の予報。。。

はぁ〜。。。

イメージ 2

この記事に

開くトラックバック(0)

幻の橋

イメージ 1出張先で休日というのはほとんど無いのですが、先日の日曜日はたまたま取引先の都合により現地休暇。せっかくなのでレンタカーを借りて帯広周辺をドライブ。まず向かったのは「タウシュベツ川橋梁」。

イメージ 2



泊まっているホテルのロビーの観光マップで見つけてその写真の美しさに感動。調べてみたら泊まっている帯広から60kmほどの糠平湖(ぬかびらこ)にあり、限られた季節だけ姿を現す「幻の橋」と言われているそうです。

糠平湖までの道中、雪が心配でしたが、今年は暖冬のお陰で帯広市内の道路は全くドライ状態。糠平湖に向けて少々登っていきますが、結局展望台駐車場まではまったく道路には雪がない状態でした。しかも広い広い北海道。帯広市内を抜けると信号はまったくなし、道路はまっすぐ。スピード出まくり。(ナイショですが、一般道90km/Hで走っていて追い抜かれていきます。。。笑)

距離60kmくらいですが、途中写真停車しながらでもあっという間に到着。旧国鉄士幌線で使われたコンクリート造りのアーチ橋。廃線に詳しいるみちゃんなら知っているのでしょうが、私は全く知りませんでした。

イメージ 3「幻の橋」と言われているのは、糠平湖の水かさが増える6月頃から湖面に沈み始め10月頃には湖底に沈み、水かさが減る1月頃から凍結した湖面に再び姿を現すためだそうです。

イメージ 4



夏の間は湖に沈むことから徐々に風化が進んでいて、橋を間近に見るには許可証が必要だそうで、橋の下まで行けるツアーがあるそうですが、自然保護のためか、暖冬で湖面の凍結が弱い箇所があるのか、今は中止みたいです。

なので、橋の下までは行けない(元々出張ですので、スノーシュー持ってません。。。笑)

少し遠いですが、展望台から眺めます。


国道沿いの駐車場から展望台まで180mくらいですが、途中キタキツネ発見。急いでカメラ出して写真撮りましたが間に合わず。。。

少し遠いですが、今の時期は橋は完全に見えてます。古代ローマの水道橋みたいですね。神秘的でまさに「幻の橋」です。

イメージ 5次に向かったのが十勝牧場の白樺並木。

テレビとか映画のロケによく使われる場所だそうですが、映画もテレビも最近はあまり見ない当方は知りませんでした。

雪が多い年ならまだ雪を被った白樺並木がみれたのでしょうが、暖冬の今年は木々も道にも雪はほとんど残っていません。

一旦帯広市内まで戻り昼食後、後半は思い出ドライブ。。。

続く?

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事