ここから本文です
久留米市産オオクワガタに拘りブリードしてます!採集も好きです(^o^) 九州久留米党

2017年組合せ表・血統表

皆さんいかがお過ごしでしょうか。
北部九州はここにきて最高気温20℃越えで温かい日が続いてます。

ブリードルームの湿度も上昇気味で昨日は除湿器が稼働してました。(急な気温変化に備えて除湿器は常時稼働中で60%に設定してます)

ペアリングは3月26日から開始してまして1ライン4泊5日を2巡させる予定です。
今現在4クール目で決めたスケジュール通りこなしていまして、今のところ事故なく来ています。(我が家は♂の顎縛りなしです)

ダイジーさんの所へ飛んでるコラボ♀もペアリングを終えて4月末には戻ってくる予定です(^^♪




さて2017年の組合せですが下記の通りです。♀の紹介をすっ飛ばして手抜きですみません('◇')ゞ

血統背景や3代前の血統も見れるようなフォーマットをクマモンさんに頂き作成してみました。クマモンさんその節はありがとうございましたm(__)m

幼虫採れなかったラインは欠番にせずライン番号を詰めますので最終決定しましたら訂正する予定です。


意図した訳ではないですが、2番ライン以外のすべてのラインでマツノ11-8の血が入ってます。その内、5ラインが♂♀両親にマツノ11-8の血が入ってますね。







イメージ 1
イメージ 2



イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5

この記事に

2017年♂種親紹介

Twitter始めました。ちょっとした事がつぶやけるんで気楽に出来ますし、色んな情報がリアルタイムに入ってくるんで面白いですね。移り変わりの速さに若干ついていけない自分がいますが(笑)


それにしても今年は桜の開花が遅いですね。
ブリードルームの温度設定は3月24日から25℃に設定していますが外気温が上がらないせいで加湿器フル稼働中です。
湿度は何とか50%を下回らないようにキープしています。

我が家のブリードルームは2畳程の広さで5畳用の加湿器を2台稼働させてますが、それでも毎日のタンクへの水の補充は日課となっています。(換気扇を止めたら安定するんでしょうけど....それはしたくない)

本来ならブリードルームにはなるべく入室する回数を減らしたい所ですが、その為には加湿器のタンクの容量を大きなものに変更する必要がありそうですね。それは来年度ブリードの課題ですかね
ちなみにブリードルーム内は真っ暗ですので、採集用のヘッドライトの赤い光で入室して加湿器のタンクの水を補充してます。
ボトルを置いてるスチールラックの前面はプラダンで扉開閉時の冷気が直接当たらないようにしています。

なんせブリードルーム初年度で手探りなもんで、良いと思ったことはどんどん取り入れてみようと。



さて本題の2017♂種親紹介をさせていただきます。
今年度の♂種親選定のテーマは

1.自己ブリード個体の形状を継承し残しつつ大型を目指す。

2.補強個体は83〜82mm台のサイズで血統のポテンシャルをどれだ  け引き出せるか!?(まあデカい種親を補強出来なかった言い訳ですが(笑)、私が知ってる限り久留米で88〜87mmで羽化してる個体の種親をみると83〜82mm台でも血統&組合せ次第では可能性はあるはずです。)

以上の点で補強した♂は3頭。自己ブリ個体は2頭。





個人的に好みの形状と美肌の自己ブリ15-7。このままの容姿で+2〜3mmを目指したいですね。




バランスのとれた形状と何と言っても表面の艶がある個体です。
♂親はマツノ11-8の血が入ってます。




管理表しわくちゃですみません、サイズも滲んでますが83.9mmです。
masukoさん15年7番87.2mm同腹で♀親のマツノ13-1の♂親はマツノ11-8の86.0mmです。血統は素晴らしく形状的には顎の湾曲が少なく体長に出そうな気がします。





クマモン氏へ里子された虫蔵氏15-16。15年久留米のスーパーライン。同腹88mm、88mmB、87mm×3とこの血統を使わないわけには行きません。クマモン氏のところで材飼育で羽化した個体です。







越冬中に左後ろ脚の符節が取れてしまい、ペアリング時♀をなでなでする時は、どうなのか?
同腹最大は85mmの材飼育個体ながら最終交換時、42gと40gの幼虫が地震の影響か不全で羽化後★になった88mmUP×2頭。と何かやってくれそう!?


追記
コラボライン
画像はダイジーさんブログより
イメージ 1

イメージ 2







以上2017年♂親はこの布陣でのスタートとなります!
久留米バトルに参戦される方々皆さんお手柔らかにお願いします(笑)






この記事に

2017年♂種親紹介

Twitter始めました。ちょっとした事がつぶやけるんで気楽に出来ますし、色んな情報がリアルタイムに入ってくるんで面白いですね。移り変わりの速さに若干ついていけない自分がいますが(笑)


それにしても今年は桜の開花が遅いですね。
ブリードルームの温度設定は3月24日から25℃に設定していますが外気温が上がらないせいで加湿器フル稼働中です。
湿度は何とか50%を下回らないようにキープしています。

我が家のブリードルームは2畳程の広さで5畳用の加湿器を2台稼働させてますが、それでも毎日のタンクへの水の補充は日課となっています。(換気扇を止めたら安定するんでしょうけど....それはしたくない)

本来ならブリードルームにはなるべく入室する回数を減らしたい所ですが、その為には加湿器のタンクの容量を大きなものに変更する必要がありそうですね。それは来年度ブリードの課題ですかね
ちなみにブリードルーム内は真っ暗ですので、採集用のヘッドライトの赤い光で入室して加湿器のタンクの水を補充してます。
ボトルを置いてるスチールラックの前面はプラダンで扉開閉時の冷気が直接当たらないようにしています。

なんせブリードルーム初年度で手探りなもんで、良いと思ったことはどんどん取り入れてみようと。



さて本題の2017♂種親紹介をさせていただきます。
今年度の♂種親選定のテーマは

1.自己ブリード個体の形状を継承し残しつつ大型を目指す。

2.補強個体は83〜82mm台のサイズで血統のポテンシャルをどれだ  け引き出せるか!?(まあデカい種親を補強出来なかった言い訳ですが(笑)、私が知ってる限り久留米で88〜87mmで羽化してる個体の種親をみると83〜82mm台でも血統&組合せ次第では可能性はあるはずです。)

以上の点で補強した♂は3頭。自己ブリ個体は2頭。




イメージ 1
イメージ 2

個人的に好みの形状と美肌の自己ブリ15-7。このままの容姿で+2〜3mmを目指したいですね。



イメージ 3
イメージ 4

バランスのとれた形状と何と言っても表面の艶がある個体です。
♂親はマツノ11-8の血が入ってます。



イメージ 5
イメージ 6

管理表しわくちゃですみません、サイズも滲んでますが83.9mmです。
masukoさん15年7番87.2mm同腹で♀親のマツノ13-1の♂親はマツノ11-8の86.0mmです。血統は素晴らしく形状的には顎の湾曲が少なく体長に出そうな気がします。




イメージ 7
イメージ 8

クマモン氏へ里子された虫蔵氏15-16。15年久留米のスーパーライン。同腹88mm、88mmB、87mm×3とこの血統を使わないわけには行きません。クマモン氏のところで材飼育で羽化した個体です。







イメージ 9
イメージ 10
越冬中に左後ろ脚の符節が取れてしまい、ペアリング時♀をなでなでする時は、どうなのか?
同腹最大は85mmの材飼育個体ながら最終交換時、42gと40gの幼虫が地震の影響か不全で羽化後★になった88mmUP×2頭。と何かやってくれそう!?



以上2017年♂親はこの布陣でのスタートとなります!
久留米バトルに参戦される方々皆さんお手柔らかにお願いします(笑)






この記事に

2017年度始動!


皆さんこんにちは!
3連休はイカがお過ごしでしたでしょうか!?
我が家は3人の子供が休みの日は各自、部活や行事、友達と遊んだり皆が揃う事が少なくなってきてました。
そんな中、3連休の中日は天気も晴れで温かくなると予報だったので、家族でドライブがてら呼子にイカを食べに行って来ました^^

呼子のいか本家。映画「悪人」妻夫木聡と深津絵里が撮影で訪れたらしくロケーションも抜群でした。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
新鮮で透き通ったイカは最高でした!ですが子供達にはサバの方が口に合ったみたいです(笑)






さて前の投稿「2016年Breed data」からPCでの投稿に切り替えました。今回自分専用のPCを購入したのでスマホでできなかったこともしていきたいなーと思います。

2016年ブリードの昇温はサーモの設定を2/26から18.5℃→21.5℃  3/4 23.0℃  3/17 24℃へ上げて今週末には25℃にする予定です。まだボトルの外見上は変化無しですね。暴れボトルが出ても即交換できるようにマットボトルを数本詰めて準備しました。(数本でおさまればいいんですが)
同じブリードルームに入れてる本土ヒラタは23℃で蛹化のスイッチが入ってしまい、本来ならもう少し引っ張りたかったんですけど、オオクワ中心の温度管理なのでしょうがないですね

2017年の準備も着々と進んでまして今月頭から種親を起こしてます。個体差があり餌の喰いが悪いのもいますんで様子を見ながらコンディションの良い虫から今週末のペアリングを予定しています。

種親の紹介は次の機会にしますが、今年の組合せは自己ブリ個体が使える初年度ということで自己ブリ個体♂2頭、♀10頭(早期含む)、補強個体♂3頭、♀5頭の15ライン(内1ラインダイジーさん86.6mmとコラボ)で落ち着きそうです。←まだ決まってないんか!と突っ込まれそうですがギリギリまで迷って決定したいと思ってます(笑)

あ、あと管理番号も今年からSK17-1-01という風にskip kurume頭文字を管理番号に採用したいと考えてます。

久留米バトルもありますから今年のブリードも楽しみになりますね!

それではここらへんで〜^^





この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事