色即是空

ブログ移設のお知らせ

全体表示

[ リスト ]

2月9日は日曜日。
祇園弁慶さんに別れを告げ、妙心寺から仁和寺、金閣寺を回り、今宵の目的地にもっとも近いホテルモントレ京都さんに18時に到着した時は、まだ、昼の酔いが残っている状態。
20時30分以降は相当スパが混むと聞いて、そのままドボンとスパへ。
源泉風呂もあって、冷えた身体をホカホカに。
19時には酔いも覚めて、絶好調。
さあ、今宵の目的地、ワインバーワイングロッサリーさんへ、レッツゴー!
 
 
到着すると、今日は伝説のシェフ、福村さんのシフト。
福村さん、はじめまして!
 
田中ソムリエに、先日のお礼を申し述べ、
早速、本日のレコルタンマニュピランのシャンパーニュをグラスでいただき、
 
イメージ 1
 
アミューズブーシェをアテに乾杯。
 
イメージ 2
 
ビネガーがシャンパーニュとマッチして、クイクイすすみますね。
それでは、セット4品の1皿目をシェアしましょう。
ワインバーワイングロッサリーさんに来たら外せない逸品の一皿、
パテを。
繊細な旨みの爆発に、早速シャンパーニュは空に。
せっかくワイングロッサリーさんにお邪魔したのだから、
ブルゴーニュの名手、ルイ・ジャドは外せません。
今宵はボトルで。
 
早速田中ソムリエに相談。
ジュブレ・シャンベルタン、モレサンドニ、
シャンポール・ミュジニー、ニュイ・サン・ジョルジュと地図を見せてもらい
ながら、しばし悩む。
最後はニュイのレ・ブドとジュブシャンの二者択一となり、
めでたくジュブシャンに。
ちなみに田中ソムリエは自転車で村々を失踪、じゃなかった、疾走して
ドメーヌを巡ったそう。(ほぼ、自腹で><)
すばらしい人材が集まりますね。
 
イメージ 3
 
若く優しくまろやかな舌触り。
保管状態が良いですね〜。
それがワイングロッサリーさんの売りですね。
ボトルは真骨頂のメゾン、ルイ・ジャドのレ・カズティエ ジュブレ・シャンベルダン
滑らかなビロードの舌触りとテロワールの旨み、余韻。
 
イメージ 4
 
そして、上品なパテに別れを告げ、
外せない逸品のさらなる一つ、
キッシュへ移ります。
 
イメージ 5
 
う〜、これがまた、ワインとの相乗効果を爆発させ、
キノコとレンコン、ブロッコリーと京都チックなかに、フレンチのテイストがしっかり納められ、
う〜、幸せな逸品。
更にメインの肉皿二皿、
まずは鴨のソテー!
 
イメージ 6
 
次は子羊のソテー。
このソースはバケットで舐め尽し。
話も楽しく、味わいも深く、ワインがエレガントで、申し分ない極上の時間を堪能。
 
イメージ 7
 
ペロっとワインを空けてしまい、
食欲も爆発。
高須賀シェフの4時間擂りのキノコに酔わされたショートパスタを、
今度は福村シェフにお願いし。
出ました!
キノコのショート。
 
イメージ 8
 
参りました!
これはボルドーメドックのポイヤックに登場願わねばなりませぬ。
シャトーグラン・ピュイ・デュカスの2008をグラスで。
 
イメージ 9
この濃厚な相乗効果も絶妙。
ミネラルを感じさせない旨みの閉じ込め方が、たまりません。
参りました。
パスタを食べて、なくなってしまうのがこれほど、惜しいとは!
 
イメージ 10
 
もう一品は、これも狙っていた、フォアグラのロースト。
このソースも然り、フレンチの王道ですね。
さすが、伝説の福村シェフ。やられます。
奥行、深み、旨み、
これ以上のものはありませぬ。
 
イメージ 11
 
仕上げも見越して、即効性のあるストロングな赤を。
田中ソムリエご推奨は、
トスカーナの赤、カンポラ1998 ファルキーニ。
田中ソムリエもテイストして一言、
正に飲み頃!
これをフロマージュまで通しました。
 
イメージ 12
 
いや〜、堪能堪能!
余は満足じゃ!
 
イメージ 13
 
初日に昇天させていただいたツートップのお一人、高須賀シェフ。
そしてこの日の生きる伝説 福村シェフ、二日にわたって我儘な私達に付き合っていただいた田中ソムリエ、
ありがとうございました!
また京都にあがる、楽しみが出来ました。
お勧めいただいた、日本のワインも飲んでみますね。
 
イメージ 14
 
そして、7日に大変お世話になりました、高須賀シェフの逸品、
スカンピエビとホタテのソティは、こちら。
 
イメージ 16
 
ヴァルニエ・ファニエールのノンドサージュ、
イメージ 19
 
そしてメルキュレ、ドメーヌロレンゾンの白ともピッタリの相性。
イメージ 18
 
さらに〆の一品、ビーフシチューはこちら。
数々のワイン達が惜しげもなく注がれた、秘伝のソースによる逸品です。
 
イメージ 17
 
こちらはコヤマさんのルージュとのマリアージュは最高でした。
イメージ 20
 
シャトーキノーランクロはサンテミリオンのグランクリュ1997とのマリアージュも言わずもがな。
イメージ 21
 
ワインバーワイングロッサリーさんは、
新町六角、瓢樹さんの右路地を入って突き当り、
左に入口があります。
(タクシーの場合は、京都逓信病院前)
 
イメージ 15
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事