色即是空

ブログ移設のお知らせ

飲食

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全10ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

[ 次のページ ]

2月9日は日曜日。
祇園弁慶さんに別れを告げ、妙心寺から仁和寺、金閣寺を回り、今宵の目的地にもっとも近いホテルモントレ京都さんに18時に到着した時は、まだ、昼の酔いが残っている状態。
20時30分以降は相当スパが混むと聞いて、そのままドボンとスパへ。
源泉風呂もあって、冷えた身体をホカホカに。
19時には酔いも覚めて、絶好調。
さあ、今宵の目的地、ワインバーワイングロッサリーさんへ、レッツゴー!
 
 
到着すると、今日は伝説のシェフ、福村さんのシフト。
福村さん、はじめまして!
 
田中ソムリエに、先日のお礼を申し述べ、
早速、本日のレコルタンマニュピランのシャンパーニュをグラスでいただき、
 
イメージ 1
 
アミューズブーシェをアテに乾杯。
 
イメージ 2
 
ビネガーがシャンパーニュとマッチして、クイクイすすみますね。
それでは、セット4品の1皿目をシェアしましょう。
ワインバーワイングロッサリーさんに来たら外せない逸品の一皿、
パテを。
繊細な旨みの爆発に、早速シャンパーニュは空に。
せっかくワイングロッサリーさんにお邪魔したのだから、
ブルゴーニュの名手、ルイ・ジャドは外せません。
今宵はボトルで。
 
早速田中ソムリエに相談。
ジュブレ・シャンベルタン、モレサンドニ、
シャンポール・ミュジニー、ニュイ・サン・ジョルジュと地図を見せてもらい
ながら、しばし悩む。
最後はニュイのレ・ブドとジュブシャンの二者択一となり、
めでたくジュブシャンに。
ちなみに田中ソムリエは自転車で村々を失踪、じゃなかった、疾走して
ドメーヌを巡ったそう。(ほぼ、自腹で><)
すばらしい人材が集まりますね。
 
イメージ 3
 
若く優しくまろやかな舌触り。
保管状態が良いですね〜。
それがワイングロッサリーさんの売りですね。
ボトルは真骨頂のメゾン、ルイ・ジャドのレ・カズティエ ジュブレ・シャンベルダン
滑らかなビロードの舌触りとテロワールの旨み、余韻。
 
イメージ 4
 
そして、上品なパテに別れを告げ、
外せない逸品のさらなる一つ、
キッシュへ移ります。
 
イメージ 5
 
う〜、これがまた、ワインとの相乗効果を爆発させ、
キノコとレンコン、ブロッコリーと京都チックなかに、フレンチのテイストがしっかり納められ、
う〜、幸せな逸品。
更にメインの肉皿二皿、
まずは鴨のソテー!
 
イメージ 6
 
次は子羊のソテー。
このソースはバケットで舐め尽し。
話も楽しく、味わいも深く、ワインがエレガントで、申し分ない極上の時間を堪能。
 
イメージ 7
 
ペロっとワインを空けてしまい、
食欲も爆発。
高須賀シェフの4時間擂りのキノコに酔わされたショートパスタを、
今度は福村シェフにお願いし。
出ました!
キノコのショート。
 
イメージ 8
 
参りました!
これはボルドーメドックのポイヤックに登場願わねばなりませぬ。
シャトーグラン・ピュイ・デュカスの2008をグラスで。
 
イメージ 9
この濃厚な相乗効果も絶妙。
ミネラルを感じさせない旨みの閉じ込め方が、たまりません。
参りました。
パスタを食べて、なくなってしまうのがこれほど、惜しいとは!
 
イメージ 10
 
もう一品は、これも狙っていた、フォアグラのロースト。
このソースも然り、フレンチの王道ですね。
さすが、伝説の福村シェフ。やられます。
奥行、深み、旨み、
これ以上のものはありませぬ。
 
イメージ 11
 
仕上げも見越して、即効性のあるストロングな赤を。
田中ソムリエご推奨は、
トスカーナの赤、カンポラ1998 ファルキーニ。
田中ソムリエもテイストして一言、
正に飲み頃!
これをフロマージュまで通しました。
 
イメージ 12
 
いや〜、堪能堪能!
余は満足じゃ!
 
イメージ 13
 
初日に昇天させていただいたツートップのお一人、高須賀シェフ。
そしてこの日の生きる伝説 福村シェフ、二日にわたって我儘な私達に付き合っていただいた田中ソムリエ、
ありがとうございました!
また京都にあがる、楽しみが出来ました。
お勧めいただいた、日本のワインも飲んでみますね。
 
イメージ 14
 
そして、7日に大変お世話になりました、高須賀シェフの逸品、
スカンピエビとホタテのソティは、こちら。
 
イメージ 16
 
ヴァルニエ・ファニエールのノンドサージュ、
イメージ 19
 
そしてメルキュレ、ドメーヌロレンゾンの白ともピッタリの相性。
イメージ 18
 
さらに〆の一品、ビーフシチューはこちら。
数々のワイン達が惜しげもなく注がれた、秘伝のソースによる逸品です。
 
イメージ 17
 
こちらはコヤマさんのルージュとのマリアージュは最高でした。
イメージ 20
 
シャトーキノーランクロはサンテミリオンのグランクリュ1997とのマリアージュも言わずもがな。
イメージ 21
 
ワインバーワイングロッサリーさんは、
新町六角、瓢樹さんの右路地を入って突き当り、
左に入口があります。
(タクシーの場合は、京都逓信病院前)
 
イメージ 15
 

この記事に

開く コメント(0)

名店落日

イメージ 1
 
京王プラザホテルからDMが来ていたので開けてみた。
すると3月11日の震災以降、営業を休止していたアンブローシアの閉店を一足先に顧客に知らせるDMだった。
ホテル開業以来40年間、ヌーベル・キュイジーヌを日本でさきがけ体現した名店。
お世話になった。
どこよりもクリュッグの、ビンテージを美味しく飲ませていただいた。
サンテステーフ一辺倒の私を、ブルゴーニュに開眼させてくれたのは、なんといっても関店長、そして梅川さんのお陰だった。
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
秀逸だったのは、モメサンのモノポール、このクロ・ド・タールとコス・デストゥルネルの1982年。
なにより夜景と、どこのフレンチレストランよりも広い贅沢な間取りが時を忘れさせた。
 
名店の落日は洋を問わず宿命づけられている。
しかし、こちらのお店は1月15日をもって閉店、改修し宴会場として2月7日生まれかわるそうだ。
このどこより落ち着く贅沢な空間が失われるのは余りに惜しい。
長い間ありがとう。
しかし思い出はいつまでも、心の中に。

この記事に

開く コメント(0)

プレゼント

3ヶ月のホテル修行時、
公私共にお世話になった春原さんに相談事を持ちかけたところ、
会合の前に、ホテルのラウンジでお会いすることに。
 
こちらは、ご無沙汰の上に、
突然なげかけた相談事と共に、
激務の中早速のご対応に恐縮しきり。
 
最近の情勢など、
興味深いお話を拝聴、
その上差し出された袋の中にはなんと、
ブルゴーニュの大好きなメゾン
ドミニク・ローランのモレ・サン・ドニ
1991が。
 
しかもメゾンから春原さんに直送された、
6本の内の1本!
 
本当にありがとうございます。
楽しいお話と、
懐かしい研修の日々を思い出し、
いただきますね。
 
イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

京王プラザホテル新宿、
カクテル&ティーラウンジ

イメージ 1


HBAジュニアカクテルコンペティション キリンカップ&カクテルフェスティバル2009
において、
彼の作品
“プレシャススマイル”
で、ロングカクテル部門 第一位。
テクニカル賞をあわせての受賞、
正に堂々の二冠王となった。

イメージ 2

ジュニア、
つまり29才以下のバーテンダーの中で、
栄えある日本一を決定するこのコンペ。

岡村 朗は29歳。
文字通り、ラストチャンスに、
大輪の華を咲かせたこととなる。

イメージ 3

過去において、国分ヤングカクテルコンペティション優勝に続き、
ジュニアでの日本一はこれで2度目。

今回のコンペで彼は、
事実上 29歳以下のバーテンダーの、
頂点を極めた。

実力とキャリアを蓄えた彼は、
来年からは、満を持してシニアのコンペに出場。

もし彼が、
シニアでも日本一を獲得すれば、

それは、
バーテンダーの世界で、
尊敬と畏怖の念を持って、
“虎の穴”
と謳われる京王プラザホテルの、
並み居るバーテンダー達の中においても、
始めての快挙となる。

その日が来ることを信じ、
楽しみに待っています。

この記事に

開く コメント(0)

口に入るもの

口に入るもの

大切ですね。

イメージ 1

おそらく耳に入れるものや、
目に触れるものほどに、
血肉になります。

イメージ 2

今日は久々に、
周りのほとんどがダウンしたので、
渾身かつやわらかな品のある仕事に出会いました。

見習って、
質の良い仕事を、
丁寧にこなしていきたいです。

この記事に

開く コメント(0)

全10ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事